キャンプ

サマーレストマットのおすすめモデルを徹底比較!正しい使い方も解説!

キャンプや登山などのアウトドアシーンで大活躍するのがサマーレストマットですが、種類が豊富で品数も多いため、どのようなサマーレトスマット選べばいいのかなど、疑問や悩みがある方もいると思います。
ここでは、アウトドアで大活躍のサマーレストマットの選び方やおすすめ商品などを紹介していきます。

サマーレストマットとは?

サマーレストマットとは、登山やキャンプなどで使用するマットレスを専門的に販売しているブランド「サマーレスト」が販売するキャンプ・登山用のマット(キャンプマット)のことを言います。

サマーレストは「アウトドアで最高の眠りを提供する」をコンセプトにしたブランドでもあり、コンセプト通りのキャンプマットの品質や使いやすさから、多くの登山家やキャンパー達に愛用されています。
「マット界のパイオニア」とも言われている有名ブランドです。

サマーレストマットマットの種類は3つ!

サマーレストマットは、主にウレタンマット、エアマット、セルフインフレーティング、これら3つの種類に大きく分類され、種類によってそれぞれ特徴が異なります。

ウレタンマットの特徴

断熱発泡素材をそのままマットにしたタイプで、弾力性があって軽いのが特徴です。

エアータイプではなくウレタンそのものが分厚いマットになっているためパンクする心配もなく、また価格帯も安いことから初心者の方におすすめです。

丸めて持ち運ぶことも可能ですが、その分厚さゆえに持ち運びの際はかさばりやすく、また人によっては寝心地に硬さを感じることもあります。

エアマットの特徴

空気を入れてマットを膨張させて使うタイプで、弾力性が高くコンパクトで持ち運びがしやすいことが特徴です。

クッション性が高いため寝心地はいいのですが、エアー式なので穴が開いてしまうと使えなくなり、またウレタン製に比べ断熱性が低め、空気を入れるのが結構大変なので、使用する際はこれらのことを踏まえておきましょう。

セルフインフレーティングの特徴

こちらも空気を入れて膨張させるタイプのマットですが、エアマットとは異なり、自動で空気が入るため、手間なく簡単に使うことができます。

3種類の中では一番高級なマットですが、エアマットと同様に穴が開いてしまうと一貫の終わりなので、使用する際にはマットの設置場所を選ぶ必要もあります。
また、こちらもエアマットと同様に、ウレタン製に比べ断熱性が低いです。

サマーレストマットの選び方

サマーレストマットを選ぶ際は、上記で紹介したサマーレスマットの種類、断熱機能、収納サイズや重さなどから、使用用途や目的に応じて選ぶことが大事です。

断熱機能は?

サマーレストマットの断熱性は、「R値」と呼ばれる数値がひとつの目安になります。

R値とは熱の伝わりにくさを表す数値のことで、この値が大きいほど熱が伝わりにくく、すなわち断熱性が高いということになります。

ウレタン式のものでR値は2.5前後のものが多いため、こちらの数値を目安にR値のチェックを行いましょう。

収納サイズは?

サマーレストマットの収納サイズは、キャンプや登山を行う上では重要なポイントになります。
マットのサイズが小さくなればなるほど、荷物全体をコンパクトに収めることができるので、ストレスレスでアウトドアを楽します。

マットサイズ小さくなればなるほど持ち運びはしやすくなりますが、その分断熱性や耐久性が落ちることもあるので、用途や使用頻度、アウトドアのスタイルに応じて、それに合ったサイズのマットを選びましょう。

ウレタン式か?エアー式か?

上記で紹介した、ウレタンマット、エアマット、セルフインフレーティング、これら3つの種類のサマーレストマットから、用途や目的に応じて選ぶことが大事です。

さらに大きく分けると「ウレタンマット=ウレタン式」「エアマット・セルフインフレーティング=エアー式」と2種類に分類できるので、種類で選ぶ場合は、まずはウレタン式とエアー式で分けるとわかりやすいです。

比較表

ウレタン式 エアー式
サイズ感 かさばる コンパクト
重量 軽い 軽い
断熱性 高い 低い
耐久性 高い ものよっては高い
価格帯 安い 幅が広い

簡単にまとめてみるとこのようになります。

ウレタン式の場合、断熱性と耐久性が高くどのような地面でもある程度は対応でき、それでいて価格帯も安いためお手頃お手軽で使えるイメージです。

ですが、コンパクトに折りたたむことができないため持ち運びに苦労しそうなので、車中泊や荷物の少ないアウトドアなどに最適と言えます。

一方のエアー式は、コンパクトで持ち運びがしやすくまた使いやすいため、荷物が多くなる本格的なキャンプや登山などにおすすめですが、耐久性が低いため設置場所に注意が必要です。

ですがものによって耐久性が高いものや、価格帯が安いものもあるので、自分のアウトドアスタイルなどに応じて幅広いラインナップから選ぶことができます。

サマーレストマットのおすすめ品4選!

ここからは、キャンプや登山におすすめのサマーレストマットをいくつか紹介してくので、キャンプマットをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

サーマレスト Zライト ソル

軽量EVAフォーム素材を使ったサマーレストマットで、収納サイズは51×13×14cmとコンパクトに収まり、折りたたみ方法もアコーディオン式なので簡単です。

Zライトは、サーマレストの中で最も軽量でコンパクトなクローズドセルマットとしても知られている人気モデルで、エアー式に比べるとさすがに多少はかさばりますが、パンクの心配もなく持ち運びもしやすいので初心者の方にもおすすめです。

サーマレストのZライトソルのレビュー!リッジレストと比較してご紹介!初めてテントマットを買う方には、サーマレストのzライトソルが断然おすすめなんです! 満点の星空や風を感じながら食事をしたり、お酒を...

サーマレスト リッジレスト ソーライト

こちらもZライトと同じく軽量EVAフォーム素材を使ったクローズドセルマットレスで、こちらはアコーディオン式ではなく、クルクルと丸めて収納するタイプです。

ZライトよりもR値が少々高く、表面にアルミ蒸着加工を施すことで、重要感を増すことなく暖かさを向上させています。

厳冬期をのぞく初春から初冬までに対応できるなど、幅広いシーズンにも対応でき、キャンプや登山など幅広い用途での使用が可能です。
フォームは耐久性があり、表面は柔らかいので寝心地も最適です。

サーマレスト ファスト&ライト ネオエアー Xライト

3シーズンに対応した超軽量タイプのエアー式マットレスです。
エアー式のサマーレストマットですが、R値は3.2と断熱性が高く、熱反射板が体温を逃さないサーマキャプチャーテクノロジーを採用しているので、あたたかくて快適な睡眠を手助けします。

エアマットの柔らかい生地は、クローズドセルより快適で寝心地も良く、軽量でかさばらずコンパクトなので、こちらも初心者の方にもおすすめです。

サーマレスト トレック&トラベル ネオエアー オールシーズンSV

通常のバルブの3倍の速さで空気の出し入れができるスピードバルブを採用した、オールシーズン対応のキャンプマットです。
3枚の熱反射板で保温効果を高めるサーマキャプチャーで体の保温を快適に行ってくれます。

通常の3倍のスピードで空気の出し入れができることに加え、大型サイズでありながらも収納サイズはコンパクトなので使い勝手も非常に優れています。

サーマレストマットで登山やキャンプがもっと快適に!

サマーレストマットを選ぶ際は、ウレタン式やエアー式などのマットの種類、体の保温を手助けしてくれる断熱機能、持ち運びがしやすい収納サイズ、これらのポイントを踏まえて、用途や目的、使用頻度など、アウトドアのスタイルに応じてバランスの良いマットを選ぶことが大事です。

快適で使いやすいサマーレストマットを選んで、キャンプや登山など幅広いアウトドアシーンを楽しく快適に過ごしましょう。

こんな記事もおすすめ