キャンプ

火ばさみはテオゴニアがおしゃれでソロキャンプにおすすめ!

当記事では、おしゃれでソロキャンプにもおすすめな火ばさみ、テオゴニアのファイアープレーストングについて紹介。5分程度で読めるので購入で迷っている方は、是非参考にしてみてください。

焚火を行うには細かい火の調整など、必須アイテムとなる「火ばさみ」。ですが普通のトングのような火ばさみは、デザインも露骨で何処か味気ないもの。

そんな問題を解決してくれるのが、おしゃれなデザインから人気を誇るテオゴニアの火ばさみ「ファイアープレーストング」。折角キャンプの度に使うアイテムであれば、拘りの火ばさみを持参する事によりキャンパー上級者を簡単に演出できます。

テオゴニアの火ばさみとは?

全長は42cm、総重量は390gと、通常の火バサミの倍の重さを誇るテオゴニアのファイアープレーストング。火傷の危険を事前に回避できるリーチと、高級感を感じる重みの絶妙なバランスが全長と重量の秘密です。

火ばさみの先端にもこだわり!

金属部分はスチール製。乱暴な扱いになりやすいキャンプ用品でも、変形し辛く高い耐久度が自慢の素材です。更に先端は薪を扱うのに掴みやすくする為、一定の面積を確保しています。

テオゴニアはハンドルもおしゃれ!

ハンドル部分にはヤニを多く含む性質の木材で、腐食し辛い耐久性が特徴である最高級の木材「ローズウッド」を使用。日本の職人さんの手作りで作成している国産のハンドメイド商品でもあり、インテリアとして置いておきたくなるようなルックスが魅力です。

入り組んだ部分が多く汚れがたまりやすいトングと違い、洗いやすい形状なので衛生的にもGOOD。落とし辛い炭火の汚れや食材による油汚れを綺麗に落とし、次回のキャンプでも気持ちよく利用する事ができます。

芸人ヒロシさんも愛用の火ばさみテオゴニア

実はテオゴニアのファイアープレーストングは芸人やキャンプyoutuberとしても活躍する、ヒロシさんの愛用するキャンプギア。更にヒロシさんだけではなく、身内のキャンプ仲間も全員で同じものを同じタイミングで偶然購入し初卸するほどの使用する人気っぷり。紹介されてからは、売り切れが続出する程の人気商品となっております。

木製ハンドルを採用した、特殊な形状の火ばさみが販売されているのは「ロゴス」と「テオゴニア」のみ(2020年1月現在)。慣れる程お洒落を楽しむ余裕が出てくる、上級キャンパーに広く支持されているキャンプギアです。

テオゴニア火ばさみの使い方!

テオゴニアの火ばさみ「ファイアープレーストング」は感覚的に使用できる通常のトング系の火ばさみと違い、若干操作に慣れが必要となるアイテムです。

使い込んだ人だけ巧みに扱う事ができる為、行くたびに技術が向上する楽しみもテオゴニアの火ばさみならではの魅力。

扱いの難易度が若干上がるのは、モノを掴む時に開く時。輪状になったスチールのハンドル部分を、人差し指などで押し出すように開きます。

その反面閉めるときには、しっかり握ってしまえば良いだけとなります。そのため危険を伴う落下のリスクは、軽減する構造となっております。

テオゴニアの火ばさみの口コミやレビューは?

おしゃれな火ばさみテオゴニアファイヤープレーストングの口コミやレビューをまとめてみました。

一般的なお安い火バサミからの買い替えです。
最初、どう持つのか戸惑いましたが、ちゃんと持つととても使いやすい。
もう、反力が常時かかるタイプには戻れません。

焚き火は眺めてるだけでも幸せですが、意味もなくいじるのも幸せです。結構太い広葉樹の薪も、がっちり掴んで思い通りに動かせます。

まぁ正直な所、ホームセンターの長めのトングで良いと思う人は、買わなくていいです。
見た瞬間に惚れた人は絶対に買いです。

テオゴニア火ばさみのカスタム術!

出典:teogonia

そのまま使用しても、スタイリッシュで機能的なテオゴニアの火ばさみ「ファイアープレーストング」。ですが更に一手間を加えることにより利便性が向上したり、オリジナリティを追求したりする事が可能です。

キャンプへ行く度に使用するアイテムなので、少し手を加えたアイテムを使用するだけでも側から見ればキャンプ慣れした上級者に。そんなテオゴニアの火バサミのカスタム術で一例を紹介してきますので、是非参考にしてみてください。

開閉の硬さ調整

テオゴニアの火ばさみは、ネジ緩みでクロスし使い物にならなくなる現象を防ぐ構造を採用。そのため開閉を複数行う度に、徐々にネジ部分が締まり込んでいき開閉が非常に硬くなる現象が起こることがあります。

若干開閉に引っ掛かりを感じるようになった場合、ネジの部分をハンマーで叩いて調整を行います。特に叩けば叩くほど柔らかくなり、潤滑油であるCRE5-56等を使用しながらの微調整で最も自分の開閉しやすい程よい硬さへ調整を行いましょう。

グリップ交換

出典:instagram

天然素材であるローズウッドは、天然素材であり個体差があるようで時々取れてしまう現象が報告されています。そんな時はオリジナルハンドルを作成して、世界に一つだけのテオゴニア火ばさみを作成してみましょう。

ボルト系は8Mのものであれば使用可能。サイズさえ間違えなければ、ドリルで穴を開けることにより好みの木材やゴム素材、鹿の角といったマテリアルに変更する事ができます。

他人と被る事のないオリジナルハンドルと、思い出と共に刻み付けられた無数の傷は味わい深いロマン溢れるアイテムになること間違えなしでしょう。

テオゴニア専用レザーケースと併用で更におしゃれ度アップ

出典:teogonia

テオゴニアの火ばさみは、お洒落な専用のレザーケースが販売されています。装備時の西部劇のようなシルエットも、アメリカンで焚火との相性抜群。頑丈なカウハイド素材が使用され、使い込むほど味わい深くなるエイジング(経年劣化)で魅力が増していく一品です。

ベルトに固定できるので、使用しない時は手ぶらで作業可能。夜の暗いキャンプ場でも、何処に行ったか分からなくなるストレスからも開放される利便性の高いアイテムです。

また革製品は放置すると、直ぐにカビやひび割れのトラブルが発生するので風通しの良い環境でお手入れが必須です。定番は皮を柔らかくし光沢を形成する「ミンクオイル」+革製品が苦手な水滴に薄いバリアを張る「防水スプレー」を使用したメンテナンス。

専用レザーケースだけではなく、財布や靴、ベルトといった幅広い革製品に利用出来るので1セットは揃えておきたいメンテナンスアイテムです。

おしゃれな火ばさみテオゴニアとロゴスの違いは?

似たような商品でアウトドアブランド「ロゴス」からも、薪バサミというアイテムが出ております。

テオゴニアの火バサミとの大きな違いは、ハンドルのスチール部分。ロゴスの薪バサミはハンドル部分が棒状なので、開ける時に非常に苦労するのが難点。

その反面テオゴニアは開閉しやすく改良されており、閉じた時にもしっかり収まるので掴んだ物を落とし難いよう改良されています。

またロゴスの火ばさみは気軽に突起物へ掛ける事ができるストラップが付属されていますが、開閉する度にハンドルの間で邪魔をするのが難点。更にリペッドの耐久性に難ありで、ガタ付きや先端がクロスし使い物にならない問題が指摘されているようです。

長い目で見ると、テオゴニアの火バサミを使用する方が長期間利用できるので経済面を考えてもおトクでしょう。

ソロキャンプだからおしゃれな火ばさみテオゴニアを!

末長く使用し、愛着の湧くようなアイテムを揃えたい方にうってつけのテオゴニアの火ばさみ「ファイアープレーストング」。拘りのアイテムとして相応しいデザイン製と、耐久を兼ね備えた機能性が合わさった傑作です。

また高級感を感じる重みから、火加減の調整だけでもワクワクさせてくれる不思議な魅力を持つ一面も。お洒落な見た目でソロキャンプでもアウトドア上級者感を演出できるので、周囲のベテランキャンパーに囲まれる環境でも堂々と焚火を楽しむ事ができます。

そんなスタイリッシュな大人なルックスと、何処か少年時代に戻るような好奇心を擽るテオゴニアの火ばさみ。購入を検討している方々の参考として、当記事がお役に立てれば幸いです。