今回は近年、登山でも使用されることが増えているアプローチシューズの中から、私が愛用するモンベルのクラッグステッパーをご紹介します。

登山靴は年々進化を続けています。

オールラウンドなものから軽量性に突出したもの、特殊なシューレースを使用したものなど、性能向上、新機能の付与によって、登山道具の中でも多様化が進んだジャンルとも言えます。

アプローチシューズとは

アプローチシューズとは、岩場を専門に登攀するクライミングにおいて、登攀口までのルートを歩くために作られたシューズです。

アッパーはローカット、ソールは固めのものが基本のものが多く、爪先にはクライミングゾーンを備え、簡単なクライミングに対応したもの、防水性能が高いものなど、幾つかのバリエーションが存在します。

登山靴として使用される背景

アプローチシューズはこれまでクライミングのアイテムという印象がありましたが、岩場に対応できる固めのソールと機動力の高いローカットシューズが登山でも活用できるとして、近年一般登山で使用されることが増えました。

ローカットのハイキングシューズでは靴の形状、ソールの硬度等から、低山の岩場では心許ない場合、沢登り終了後に沢靴からの履き替え用など、想定されるルートによっては非常に頼りになる一足となります。

一般登山で使用する場合の注意点

ハイキング、登山でも十分な性能を発揮してくれるアプローチシューズですが、縦走登山、雪山には対応が難しく、中でも重量のあるものを背負う際には、ハイカットの登山靴と比較して十分な保護はされていないので避けた方が良いでしょう。

またソールの消耗が登山靴に比べ減りやすいものが多いので、コンスタントに使用していく場合は細めに消耗度合いを確認しておくことをおススメします。

スポンサーリンク

万能的な性能のモンベルクラッグステッパー

モンベルのクラッグステッパーは、アプローチシューズとしての基本性能をしっかり確保しながら様々なシーンに対応できる汎用的なモデルとなっています。

アッパーにはゴアテックスを採用していることで防水性が高く急な雨に対応でき、アッパーは厚めで多少手荒な使用やハードなシーンでも、先の防水性も相まって安心して履き続けることができます。

クラッグステッパー モンベル公式HP

ゴアテックスの性能

登山をコンスタントにする方であれば一度は聞いたことのあるゴア社のゴアテックス。

世界最高峰の防水素材で、私見では他ブランドが展開する防水素材も同社に迫る防水性を獲得していますが、耐久性に関しては群を抜き、さらに透湿性は右に出るブランドは無いでしょう。

透湿性とは、外部からの水分を弾く防水性とは逆に、内部での蒸れを外部に排出する性能で、防水性があっても行動している内に蒸れで内部が濡れてしまうことがあります。

長時間行動する登山では透湿性は必須の機能と言え、レインウェアを始めとした内部の蒸れが懸念されるアイテムでは高い透湿性が求められます。

ゴアテックスは防水透湿性が世界最高峰のレベルで達成されています。シューズにおいても内部の蒸れによる不快感を大きく軽減してくれます。

ゴア社公式HP

モンベルクラッグステッパーのメリット

高い防水性能、ハードシーンの対応だけでなく、モンベルが独自開発したソール、トレールグリッパーのグリップ力も注目点です。

独自開発前のソールと比較しても滑りにくく、岩場から樹林帯での登下降、簡易なクライミングでも不安をあまり感じず登攀できます。

行動中に感じる不安の一つとして、転倒、滑落などの足元のトラブルですが、クラッグステッパーに使用されているソールであれば、その不安も軽減でき、非常に頼りになる一足となってくれることでしょう。

また足入れもスムーズで、先端が細いアプローチシューズでは窮屈な感じもありますが、つま先までしっかり収まる感覚とフィット感もおススメです。

KEEN(キーン)のニューポート特集!サイズ感やその魅力もご紹介!

スポンサーリンク

モンベルクラッグステッパーのデメリット

さしあたって大きな課題点も見えず、個人的には2足目を使用しているほどですが、他モデルと比較し重量がある事が挙げられます。

防水性能、耐久性が高くなれば必然的に重量も増し、片足の重量は25.5cmモデルで472gです。

この重量をどう判断するかは個々で異なりますが、好天が約束され、藪や泥などハードなシーンが想定されていれば、別モデルを選んでも良いでしょう。

300g台で防水機能を排したモデルもモンベルで販売されているので、山行に応じて使い分けても良いでしょう。

メレルの定番ジャングルモックを大解剖!選び方や手入れ方法も解説!

靴のフィッティングについて

歩き続けていると、フィッティングが合わず、靴擦れを始めとした不具合で行動が困難になることがあります。

購入前にサイズ、試着をしても合わない事は珍しくありません。

ブランドの傾向によってはどうしても合わないものもあり、その場合は無理をせず同性能の別モデルを選ぶと良いでしょう。

私個人の足型はスカルパとモンベルの愛称が良いようです。

過去にアウトレットで価格の安さで試着もせず衝動的に買ってしまったローカットシューズは不快感が拭えず、タウンユースで履き倒した経験があり、以降値段では判断しない覚悟を持って靴選びをしています。

いかがでしたか。オールラウンドで履きやすいモンベルクラッグステッパー。足型が合いましたら是非使ってみてください。

スポンサーリンク