テント・タープ

コスパ最強のツーリングテント6選!安い価格でも優秀なテントを厳選!

コスパ最強のツーリングテント6選!安い価格でも優秀なテントを厳選!

今回は安くてコスパがいいツーリングテントをご紹介していきます。一昔前までは『安かろう、悪かろう』が当たり前のようになっていましたが、今や安くても機能性が高く十分に満足できるツーリングテントが多く販売されています。

キャンプ道具はお金がかかるものです。少しでも金額を抑えて安いツーリングテントを購入したい!という方は参考にしてみてください。

ツーリングテント選びで安くても押さえておきたいポイント

ツーリングテント選びで安くても押さえておきたいポイント

安いもの=何かを妥協しなければいけない。
というわけではないですが、高価なものよりは機能性や快適性が劣ってしまうのは事実です。

ですが、安くても『機能性』『設営のしやすさ』『コンパクト収納ができるか』この3つのポイントを押さえておけば快適なキャンプツーリングが楽しめます。

機能性

主に耐水性、通気性がいいか。の2点です。
耐水性は1,500〜2,000mm程度あれば問題ありません。また、ベンチレーターがあるものを選べば通気性がよくなります。この2点を抑えておけば、雨が降ってもツーリングでの疲れをより癒せる快適度が上がります。

設営のしやすさ

バイクツーリングで疲れているため、テント設営は簡単で素早くできるに越したことはありません。あまり複雑だと疲れがたまる一方なのでタイプとしてはワンタッチかワンポール、組み立て式でも簡単に設営できるものを選びましょう。

コンパクト収納ができるか

バイクキャンプツーリングにおいてキャンプ道具の積載は快適なツーリングができるかを左右させる大事なものです。バイクのタイプによりますが大体収納幅が60cm以下のものがおすすめになります。

安い・コスパ最強のツーリングテントのおすすめ6選

安い・コスパ最強のツーリングテントのおすすめ6選

ここからは実際値段が7,000円~高くても20,000円以下のコスパの良いツーリングテントを紹介していきます。紹介するツーリングテントは全てベンチレーションが付いているものなので、それ以外の特徴やおすすめポイントなどをお伝えしていきます。

値段は全てAmazon価格(2021.8月現在)を表示しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)トレッカーソロテン

使用サイズ 幅210×奥行140×高さ110cm
収納サイズ 幅39×奥行18×高さ18cm
重量 2.16kg
耐水性 2,000mm
値段 ¥13,860(税込)

組み立て式テントですが、設営しやすいようポールの色が分かれているため比較的設営が簡単な設計になっています。収納サイズがコンパクトで重さも2.16kgと軽いためバイクへの積載も負担がなく行えます。

PYKES PEAK(パイクスピーク) SOLO DOME テント

使用サイズ 幅210x奥行105x高さ110cm
収納サイズ 幅44x奥行14x高さ14cm
耐水性 2,000mm
重量 2.6kg
値段 ¥7,480(税込)

今回紹介するツーリングテントで最安値のテントになります。組み立て式テントですが、簡単設営設計になっているため比較的簡単に設営ができます。また、別売りのポールを使うことで前室が確保でき、ゆっくり疲れを癒すことができます。

TOMOUNT ワンポールテント

使用サイズ 幅270×奥行270×高さ170cm
収納サイズ 幅45×奥行20×高さ20cm
耐水性 3,000mm
重量 2.9kg
値段 ¥9,980(税込)

ワンポールのため設営が簡単にできます。フライシートのみで設営もできるのでインナーテントを使わないでタープ泊のようなキャンプも楽しめます。それによってインナーテント分の収納が抑えられるためバイクへの積載も楽になります。最大の魅力は10,000円を切る価格と、ゆっくりくつろげるテント内の広さ、前室が確保されているところです。

Moon Lense ソロテント

使用サイズ 幅230x奥行145x高さ125cm
収納サイズ 幅46x奥行15x高さ15cm
耐水性 2,000mm
重量 2.35kg
値段 ¥7,999(税込)

こちらも組み立て式テントですが簡単設計になっているため比較的簡単に設営ができます。暑い中のツーリング後でも、すぐ設営ができ、テント内にベンチレーターが両サイド2ヶ所ついているため通気性がよく、夏も涼しく快適にすごせます。

GEERTOP ツーリングテント

使用サイズ 幅210x奥行260x高さ115cm
収納サイズ 幅46x奥行16x高さ16cm
耐水性 5,000mm
重量 2.9kg
値段 ¥12,288(税込)

組み立て式テントですが、ポールを2本使って設営するだけなので比較的簡単に設営ができます。収納がコンパクトでバイクの積載が楽にできるにも関わらず、テント裾にスカートが付いた設計になっているため、防雪・防風機能が高く4シーズン使用することができます。

DOD(ディーオーディー) ワンポールテントS

使用サイズ 幅320×奥行270×高さ170cm
収納サイズ 幅52×奥行14×高さ14cm
耐水性 5,000mm
重量 3.1kg
値段 ¥18,700(税込)

ワンポールタイプなので設営が簡単にできます。3人用ですが、ソロキャンプツーリングでも十分持ち運べる収納サイズで、室内が広々した設計のためソロではゆっくりと過ごすことができるためおすすめです。

【2021】ツーリングテントのおすすめ13選!キャンツー歴10年の失敗しない一人用テントの選び方。
【2021】ツーリングテントのおすすめ13選!キャンツー歴10年の失敗しない一人用テントの選び方も解説!今回はバイクキャンプにおすすめのツーリングテントをご紹介します。 キャンプをするにあたって欠かせないテント。バイクキャンプでは積載...

まとめ

コスパ最強のツーリングテント6選!安い価格でも優秀なテントを厳選!

安くてコスパのいいツーリングテントを6つ紹介してきました。
安くても機能性・設営のしやすさ・コンパクト収納ができるかどうか、の3つのポイントを抑えて選ぶことで快適なバイクでのキャンプツーリングが可能となります。

ツーリングテントの予算を少しでも抑えたい!けど快適にキャンプツーリングをしたい!という方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

バイクキャンプにおすすめのツーリング用タープ7選【2021】キャンツー歴10年が選び方を解説!
バイクキャンプにおすすめのツーリング用タープ7選【2021】キャンツー歴10年が選び方を解説!今回はバイクキャンプにおすすめのタープをご紹介します。 タープは日除けとして特に夏場に活躍するイメージを持つことが多いので、オールシー...
ソロ向け!安い・軽量ワンポールテントのおすすめ6選!バイクやバックパックキャンプに最適!
ソロ向け!安い・軽量ワンポールテントのおすすめ6選!バイクやバックパックキャンプに最適!ワンポールテントとは、一本のポールを中央にたてかけ周囲をペグで固定することにより設計するテントの総称です。一本のポールで設計することから...
【安い・コスパ最強】キャンプツーにおすすめのバック8選!積載方法も解説!
【安い・コスパ最強】キャンプツーにおすすめのバック8選!積載方法も解説!今回はキャンプツーリングにおすすめの安くてコスパが良いツーリングバッグをご紹介します。 シートバッグや、バックパックと色々な種類があり...
ツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックス(バッグ)9選!バイクへの固定方法も解説!
ツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックス(バッグ)9選!バイクへの固定方法も解説!今回はツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックスをご紹介します。なにかと積載方法や、積載量に左右されがちなバイクでのツーリングキャン...
パチノックスのおすすめ15選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?
パチノックスのおすすめ18選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?今回は、パチノックスのおすすめ商品を紹介していきます。 『amazonで激安だけどパチノックスって実際使えるの?』 と思って...
Moon Lenceアルミローテーブルのレビュー!キャンツーにおすすめテーブルを比較!
Moon Lenceアルミローテーブルのレビュー!キャンツーにおすすめローテーブル3種を徹底比較!Moon Lence(ムーン・レンス)は海外ブランドで折り畳みチェアや、ローテーブル、焚き火台などコスパが高いキャンプ商品を多く販売して...
ABOUT ME
wakao
バイク歴総数17年 現在はKawasakiのestrella SEに乗って デイキャンプ・キャンプ・ツーリングを のんびりするのが好き。 キャンプ沼にはまって抜け出せないまま数年経過。そして記録更新中。
こんな記事もおすすめ