テント

【一人キャンプ用】ワンタッチ・ポップアップテントのおすすめ6選!選び方も解説。

ワンタッチテントやポップアップテントは、ほんの数秒で設営ができてしまう便利なテント。テントの設営に慣れていない初心者の方や、テントを設営するのに時間をかけたくない方におすすめのキャンプ用品です。

今回は数あるワンタッチ・ポップアップテントのなかから、とくにおすすめの製品をご紹介します。それに加えて、ワンタッチ・ポップアップテントとはどのようなものなのか、どのように選べば良いのかも解説しています。

これからキャンプを始める方も、普通のテントに飽きてきたという方も、ぜひ参考にしてください。

アイキャッチ出典:DOD公式

ワンタッチ・ポップアップテントとは

ワンタッチテントとポップアップテントは、設営が非常に簡単なテントであることは同じですが、両者で構造や設営方法が全く違います。

ワンタッチテントの特徴

出典:DOD公式

ワンタッチテントは、テントの頂点についているパーツを傘のように押し上げることにより、全体のフレームが開いた状態で固定されるようになっています。しっかりしたフレームが入っている分、ポップアップテントよりも頑丈で雨や風に強いのが特徴です。

ポップアップテントの特徴

出典:amazon

ポップアップテントは、収納袋から取り出して投げるだけで、ポンッと自動的に開くテントです。ビーチやピクニックで使用するような小さくて簡易的なものから、キャンプでも十分に使用できる本格的なものまで様々なタイプの製品があります。

ワンタッチテントとポップアップテントのどちらにするかは、どのようなシチュエーションで使用したいのかで決めると良いでしょう。

ツーリングキャンプにはワンタッチテントとポップアップテントどっち?

出典:DOD公式

バイクに積んでキャンプに行くのであれば、ポップアップテントではなく、ワンタッチテントを選びましょう。理由はワンタッチテントの方が、バイクに積載するのに向いているからです。

ポップアップテントは、収納している状態では直径60〜80cmほどの円盤のような形をしています。そのためバイクに積載するのに向いていません。

ワンタッチテントのなかには、バイクを入れるためのキャノピーを設けているテントなど、キャンプツーリングに最適化した製品もあります。のちほど詳しくご紹介するので、ぜひそちらをご覧ください。

一人キャンプ用ワンタッチ・ポップアップテントの選び方

出典:DOD公式

ソロキャンプ向きの一人用ワンタッチ・ポップアップテントの選び方を解説します。

極小&コンパクト

出典:DOD公式

ワンタッチ・ポップアップテントは、普通のテントに比べて収納時のサイズが大きいという特徴があります。そのため、できるだけ荷物をコンパクトにまとめたいのであれば、収納時のサイズには特に注目する必要があります。

ワンタッチテントの収納サイズの目安としては、長さ60×幅20cmほどであれば十分コンパクト。ポップアップテントの収納サイズの目安としては、小型のもので直径60cmほど、ちょっと大きめのものになると直径80cmほどになります。

キャンプ場まで車で移動するのであれば大きめのものでも問題ありませんが、電車やバスで移動するのであれば、あまり大きいものは選ばない方が良いでしょう。

防水性能

テントには室内と室外を隔てる生地が1枚だけの「シングルウォール」のタイプと、インナーとフライシートの2重となっている「ダブルウォール」のタイプの2種類があります。

シングルウォールはダブルウォールより軽量である反面、雨漏りや結露が発生しやすいのが特徴です。ダブルウォールはその逆、雨や風に強いのがメリットですが、生地が多い分重量がかさんでしまいます。

雨の日でも問題なく使用できるテントが欲しいのであれば、ダブルウォールのワンタッチ・ポップアップテントがおすすめです。テントを選ぶ際には、対水圧にも注目してください。対水圧○○mmの数値が高いほど、雨に強くなっています。

DODワンタッチテントT2-629
【レビュー】DODのワンタッチテントは評判通り?実際に使ってみて検証!今回は『安い』『簡単』『お洒落』の3拍子揃ったDOD(ディー・オー・ディー)ワンタッチテントのレビューをご紹介したいと思います。ソロキャ...

一人キャンプ用ワンタッチ・ポップアップテントのおすすめ

ここからはおすすめのワンタッチ・ポップアップテントをご紹介します。特徴的かつ機能的な人気商品をピックアップしているので、どうぞ楽しんでご覧ください。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンタッチテント

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦243×横235×高さ133cm
  • 収納時サイズ:62×20×20cm
  • 対水圧:3000mm
  • 重量:4.3kg
  • 素材:ナイロン、ポリエステル、アルミニウム合金

キャンプツーリングで使用するために設計されたワンタッチテント。ダブルウォールなので雨風に強く、機能性・快適性ともにかなりハイレベルです。寝るとき以外はインナーを取り外して、フライシートのみで使用することもできます。

組み立てはテントを地面に広げて、上部についているヒモを引っ張るだけ。力に自信がない女性の方でも、キャンプ場に到着してすぐ、一瞬で設営することができます。

DODらしくハイセンスなデザインもまた魅力的。グレーのシートにレッドのフレームがよく映えています。キャンプツーリング向けのワンタッチテントですが、バイクを持っていない方にもかなりおすすめできる製品です。

クイックキャンプ (QUICK CAMP) ビートルテント

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦230×横90×高さ90cm
  • 収納時サイズ:52×17×17cm
  • 対水圧:3000mm
  • 重量:3kg
  • 素材:ポリエステル、アルミニウム合金

こちらも雨や風に強いダブルウォールタイプのテントです。このワンタッチテントを製造しているクイックキャンプは、誰もが手軽にキャンプを始められるように、お手頃価格のキャンプ用品をラインナップしているメーカーです。

クイックキャンプの製品はどれも機能的かつデザイン性にあふれており、それでいて低価格であるのが魅力。こちらのワンタッチテントも、そんなクイックキャンプらしさが発揮された製品であるといえます。自然の風景に溶け込むような、落ち着いたブラウンのカラーが特徴的です。

「DOD ライダーズワンタッチテント」よりも小型であるため収納時のサイズが小さく、重量も1kg以上軽くできています。より軽量・コンパクトなワンタッチテントを探している方に、とくに強くおすすめしたい逸品です。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦260×横215×高さ140cm
  • 収納時サイズ:61.5×23×23cm
  • 対水圧:3000mm
  • 重量:5.5kg
  • 素材:ナイロン、ポリエステル、アルミニウム合金

寝室のほかに、食事を作ったりできるほどの広い前室、そしてバイクを収納できるキャノピーを備えているワンタッチテントです。ほかのワンタッチテントとはあきあらかに性質が異なる、画期的な構造を採用しています。

食事をする時も、椅子でゆったりくつろぐ時も、そして寝る時もずっとすぐそばにバイクを置いておけます。バイクを愛してやまない方にとっては、まさに夢のようなテントでしょう。バイクを持っていない方であっても、この前室の広さはかなり魅力的です。

そして機能性に関してもかなり考えられています。ダブルウォールなので悪天候に強く、大きな窓を備えているので通気性はバツグン。そのほかにも天井に小物を入れるためのネットが設けられていたりと、細かい気遣いがたくさんなされています。

コールマン(Coleman) クイックアップドーム S+

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦250×横120×高さ100cm
  • 収納時サイズ:60×6cm
  • 対水圧:3000mm
  • 重量:3.5kg
  • 素材:ポリエステル、スチール

一見すると、普通のテントのように見えるポップアップテント。空中に投げると瞬時に展開し、その上にフライシートをかぶせるだけで設営が完了します。ダブルウォールで前室もちゃんと備わっています。

独自の技術、「ダークルームテクノロジー」により日光を90%カットし、室内は昼間でも真っ暗。室内の温度上昇も防いでくれるので、夏の日中でも快適に眠れるテントを求めている方におすすめします。

遮光性が高いので、プライバシーを確保するのにも役立ちます。「夜にテントの中の様子が見えるのが嫌」という方にもピッタリです。天井には窓がついているので、光を取り込んで室内を明るくすることもできます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シャイニーリゾート ポップアップシェルターUV

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦220×横120×高さ100cm
  • 収納時サイズ:直径80x厚さ8cm
  • 対水圧:ー
  • 重量:2.8kg
  • 素材:ポリエステル、バネ鋼

テント生地の内側にシルバーコーティングが施されていることにより、紫外線を大幅にカットしてくれるポップアップテント。テントの両端を大きく開くことができるので、開放感にあふれる使い方ができます。メッシュの窓が設けられているので、出入り口を閉めても通気性は良好です。

サイズはそれほど大きくないものの、シェルター型の形状なので床から天井までかなり広々としています。1人で使用するには十分な広さがあり、小物入れといった最低限の機能性も持っています。

重りに使用するための砂袋も付属しており、ペグが打てない場所でも風に飛ばされる心配は不要です。定価は13200円ですが、アマゾンでかなりお得に購入することができます。

コールマン(Coleman) クイックアップIGシェード

<商品スペック>

  • 使用時サイズ:縦200×横150×高さ125cm
  • 収納時サイズ:直径59×厚さ8cm
  • 対水圧:500mm
  • 重量:2.5kg
  • 素材:ポリエステル、スチール

まるでメンダコのようなシルエットが可愛らしいポップアップテント。防虫成分が含まれている特殊なメッシュ素材、「Olytecメッシュ」を使用しているのが大きな特徴です。テント内に虫が入りにくくなっているので、蚊が飛ぶ音に悩まされることが少なくなります。

室内は広々としているもののそれほど重くなく、さらに防虫性能を持っているという素晴らしいポップアップテントです。

しかしその反面、前室がないことに加えて耐水性も低いので、雨の日の使用には向いていません。天気が良い日限定のポップアップテントと考えると非常に優秀で使いやすい製品と言えます。

一人キャンプ用ワンタッチ・ポップアップテントのまとめ

出典:DOD公式

今回はワンタッチ・ポップアップテントのおすすめをご紹介するとともに、ワンタッチ・ポップアップテントとはなんなのか、そしてどのようにして選べば良いのかをお伝えしました。

テントは数あるキャンプ用品の中でも特に重要なアイテム。設営が簡単なワンタッチ・ポップアップテントを選択することで、テントの設営に不慣れな方でもストレスなく快適なテント泊が可能になります。

ソロでも使えるアメニティドームSをレビュー!の設営方法やサイズ感も。数あるアウトドアギアのメーカーの中でも非常によく聞くメーカーの一つであるスノーピーク。キャンプ場で周りを見渡せば、スノーピークのギアを見...
ABOUT ME
m.saitou
m.saitou
暇を見つけてはソロキャンプに出かけている、キャンプ・バイク・スキューバダイビングが趣味のアウトドアライター。キャンプ用品の紹介などを中心に、記事を読んでくださる方にとって本当に役立つ情報の発信を心がけています。