ペグ・ペグハンマー

安い・コスパ最強!鋳造ペグのおすすめ8選!

安いペグ

ペグにはさまざまなタイプのものがありますが、できるだけ低価格で、かつ頑丈なペグが欲しいのであれば「鋳造(ちゅうぞう)ペグ」がおすすめです。

スノーピークの人気商品「ソリッドステーク」などに代表される「鍛造(たんぞう)ペグ」は、すぐれた耐久性を持っている反面、価格が高いのがネック。いっぽうで鋳造ペグは価格が安く、鍛造ペグほどではないにしろ十分な強さを持っています。

とはいっても、「本当に鋳造ペグで大丈夫なの?」と不安を感じている方もいることでしょう。

そこでこの記事では、実際に鋳造ペグを使用している方のリアルな評価を取り上げるとともに、鋳造ペグと鍛造ペグのちがいを解説。そして記事後半では、おすすめの鋳造ペグを7個ご紹介します。ペグの買い替えを検討している方はぜひご覧ください。

鋳造ペグは安くても大丈夫?みんなの評価

「鋳造ペグはまともに使えるものなの?」
「中国製のものが多いみたいだけど大丈夫?」

鋳造ペグの購入を検討している方のなかには、こういった不安を抱いている方も少なからずいるはずです。そこで、実際にAmazonで鋳造ペグを購入した方の評価をチェックしてみました。

するとやはり良い評価もあれば、悪い評価もあります。しかし全体的に良い評価が優勢で、おおむね満足している方のほうが多いようです。鋳造ペグ購入者の、良い評価と悪い評価の両方をご覧ください。

良い評価

・商品は重量があり、また耐久性もあるのでガンガン打つことができ、安心して使えるものだと思います。

・普段は山岳テントで軽量ペグを使用しているが、ファミリーテントにうってつけ。年間30回以上テントを張るので、こういうのは経済的に助かります。

・固い地面にもドンドン入っていきます。塗装は剥げますが曲がることはまったくなし。いい買い物ができました。

良い評価をつけている方は、価格が安くてもちゃんと使えると満足しているようです。また、「ペグは使い捨てだからこれで十分」といったコメントをしている方も多く見受けられます。

良い評価をつけている方のコメントを見るかぎり、そもそも国産メーカーの製品と同じレベルの品質を求めておらず、ある程度割り切って使っている方が多いことがわかります。

悪い評価

・他社の鍛造ペグに比べると石に負けたりすることもあり、値段なりな感じです。

・普通に使っていれば問題ないけど、固い石にぶつかったとき無理にハンマーで叩き込むと、簡単に曲がります。

・値段なりの品物です。とは言え、アルミよりは強いのでコスパは良いと思います。

悪い評価をつけている方は、耐久性について不満を感じていることが多いようです。なかには梱包が少し雑であるというコメントもいくつか見受けられました。

鍛造ペグよりもはるかに低いコストで作られているぶん、品質のムラはどうしても発生してしまうのでしょう。

やはり低価格な鋳造ペグを使用するのであれば、ある程度の割り切りと、「曲がったら叩いて直せばいい」くらいの気持ちを持つこと、そして無理のある使い方をできるだけ避けることが求められます。

鋳造ペグは実際に使える?

鋳造ペグ おすすめ
鋳造ペグは実際に使えるのか?Soomloom・ユージャック・エリステを打ち比べてみました。

エリステ

ペグ打ち比べ
やはり、硬い地面でもグイグイと入っていくのは鍛造ペグのエリステです。
強度面の安心感もあります。

ユージャック鋳造ペグ

ユージャック 鋳造ペグ
ユージャックの鋳造ペグは細身で支柱面が三角になっているのが特徴です。
こちらも地面への入り方はエリステと同じくらいの力で入っていくのがわかります。

Soomloomペグ

激安のペグのSoomloomはペグ打ちの際に地面への食い込んでいく感覚がエリステよりも劣ります。
若干、食い込みの悪さを感じますが地面に入れば問題なく使えます。
口コミにあるように硬い石があったときはペグ打ちする場所を少しズラすなどして対応する必要があります。

どれも値段相応

鋳造ペグと鍛造ペグを打ち込んでみたところやはり値段相応の結果となり安さを求めるのであれば鋳造ペグ・強固さを求めるのであれば鍛造ペグを選ぶポイントとなりました。

UJack(ユージャック) 鋳造ペグ TRISTAKE (トライステーク)

ユージャックの鋳造ペグは鋳造ペグでも強固さがありペグ打ち時の食い込みは鍛造に近いものがあります。
長期的な強度はエリステなどと比べると細いので少し不安な点がありますが軽さの面では150g(エリステ約192g・ソリステ180g)とメリットとなります。
鋳造ペグ
ヘッド部分は広く打ちやすさはgoodポイントです!

購入を検討する際はアマゾンでは一本当たりの値段が高いので公式もチェックしておきたいところです。

  • 公式 6本セット 1980円
  • アマゾン 6本セット 2380円

※公式は3000円以上で送料無料

UJack公式オンラインストア

長さや種類が違うペグ
ペグの長さの使い分け方とおすすめの長さの選び方【タープ・テント用】ペグの長さの使い分けは、キャンプの目的に応じて必要となります。テント購入時に付属されるペグは曲がりやすいため、最も自分に適した物を早い段...

安い・コスパ抜群の鋳造ペグ

できるだけ安く購入したい方にうってつけの鋳造ペグですが、じつは日本の有名なアウトドアメーカーでの取り扱いはあまりありません。
海外メーカーの製品がメインです。となると、やはり品質面が心配です。

そこで、Amazonで販売されている鋳造ペグのなかから、星4つ以上の評価がつけられている人気商品のみをピックアップしました。
安くて評判のいい鋳造ペグを購入したい方は、これからご紹介する製品のなかから選ぶことをおすすめします。

CAMPING MOON ペグ T-20 20cm 8本セット

サイズ 全長20×直径1cm
重量 125g
素材 スチール

「機械構造用炭素鋼 S45C」という素材で作られている鋳造ペグ。
S45Cは炭素を多く含み、高い強度を持っているのが特徴です。
さらにペグの表面にはカチオン電着塗装という塗装がほどこされているため、サビに強いという特性も持っています。

フックが長めに作られているのも、キャンピングムーン製の鋳造ペグの特徴です。
フックを地面にしっかり刺せばペグの回転を防止できるほか、ロープが勝手に抜けるのも防げます。

YOGOTO ペグ 20cm 10本セット

サイズ 全長20×直径1cm
重量 125g
素材 スチール

鋳造ペグ本体のほか、反射材入りの夜行ロープ、テントの張り綱用の自在金具、収納ケースが付属するお得なセット商品。
収納ケースは20cmのペグ専用の設計で、印象的なカラーリングによりオシャレに仕上げられています。

少々重い鋳造ペグですが、全長20cmと短めなうえ、上部のフックも小さめに作られているので持ち運びに有利。
ペグ1本あたりの価格がとても安いうえに付属品が充実しているので、コストパフォーマンスにおいてとても優秀な商品です。

安い・コスパ最強のyogotoペグハンマーのレビュー!スノーピークのペグハンマーと比較!
安い・コスパ最強のyogotoペグハンマーのレビュー!スノーピークのペグハンマーと比較!今回はコスパに優れたyogotoのペグハンマーについて、実際に使えるのか、使い心地はどうなのかを検証してみました!yogotoのペグハン...

共和鋳造所 アルペグ

サイズ 全長25×厚さ1.5cm
重量 82g
素材 アルミニウム

日本のアルミ鋳造メーカーが作った、新しいかたちのアルミ鋳造ペグ。
高い鋳造技術を活かして複雑な形に成形されており、軽さと強度を両立しています。
1本あたりの重量は、わずか82g。V字形状やY字形状のアルミペグよりは重いものの、強度の高さは圧倒的です。

またこの製品は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、目標金額の6倍を超える購入があった大注目の商品。
販売が開始されて間もないため、使用している人もまだ少ない状態です。周りの人に先駆けて、新しいアイテムを手にしたい方にもおすすめします。

Soomloom 夜行ゴムロープ付きペグ 25cm 16本セット

サイズ 全長25×直径0.98cm
重量 150g
素材 スチール

社がこれまでに販売していた製品に改良をほどこした、バージョンアップモデル。
フックに突起を設けることで、ロープが勝手に抜けないように設計されています。
さらにヘッド部分が直径16mmと大きめで、ハンマーでしっかり打ちつけることが可能です。

この製品にも反射材入りのロープと収納ケースが付属し、さらに本数が16本と多いため、かなりお買い得感が強い内容となっています。
これならたとえ1本や2本曲がってしまったとしても、足りなくて困ることもないでしょう。

FLYFLYGO ペグ 30cm 8本セット

サイズ 全長30×直径0.98cm
重量 180g
素材 スチール

蛍光色のロープにくわえ、蓄光素材で作られたリングを装備している鋳造ペグ。
夜間の視認性が向上しており、足を引っかけて転倒するリスクを低減してくれます。
Amazonのレビューにおいても、この点に満足している方が多いようです。

重量はスノーピークの人気商品「ソリッドステーク30」と同じく、180gと少々重め。特別ヘビーな製品というわけではありませんが、キャンプツーリングなどで使用するのであれば、もう少し軽い製品を選んだ方がいいでしょう。

Sutekus テント&タープ用ペグ 30cm

サイズ 全長30×直径0.98cm
重量 180g
素材 スチール

フックの先端がカギ状になっている、見た目が特徴的な鋳造ペグ。この形状により、テントのロープが抜けにくくなっています。鋳造ペグは見た目が似ている製品も多いので、ほかのものにはない独創的なデザインを求める方にピッタリのアイテムです。

1本あたりの価格が非常に安いうえに、ブランドロゴがプリントされた収納ケースも付属しているのでお得感も十分。さらに1年保証が付与されるため、製品に不具合があった場合でも安心です。

CAMPING MOON ペグ T-40 40cm 6本セット

サイズ 全長30×直径1cm
重量 165g
素材 スチール

すでにご紹介した「CAMPING MOON ペグ T-20 20cm 8本セット」のサイズ違いの製品。
全長40cmというサイズは、鋳造ペグのなかでもかなり大型の部類です。
柔らかい地面にテントを張るときや、風の影響を受けやすいタープを設営するときに重宝します。

重量に関しては、6本セットで合計約1.7kgとかなり重め。
そのぶんしっかりと力強く、テントやタープを支えてくれます。
長さのわりには1本あたりの価格がとても安く、同じ長さのソリッドステークの3分の1ほどの予算でそろえることができます。

チタンペグのおすすめ6選!デメリットは?安い中華ペグは曲がる?スームルームを実際に使ってみた。ペグには様々な素材のものがありますが、皆さんはどんなペグを使っていますか?メジャーな素材と言えばアルミや鉄ですが、最近はより高機能な素材...

まとめ

Amazonなどで販売されている鋳造ペグは、有名メーカーの鍛造ペグと同じ性能を求めなければ、十分満足できる代物です。
「少々作りが荒くても、実際の使用において問題なければOK!」という方に向いているアイテムといえます。

そして、今現在キャンプ用品を買いそろえていこうとしている、初心者の方にもおすすめです。
できるだけ予算を抑えながら、スチール製のペグの使用感を知ることができます。

高品質・高性能な鍛造ペグもいいですが、まずは低コストな鋳造ペグから始めてみてはいかがでしょうか。

最強ペグはソリステとエリステ!比較して長さの選び方も解説!キャンプなどアウトドアでテントやタープを設営する時に必要となるペグは、ハンマーで叩くなどハードに使うことが多いため、丈夫な鍛造ペグが良い...
ペグ&ハンマー収納ケースのおすすめ10選!【帆布・ロール・ハード】
ペグ&ハンマー収納ケースのおすすめ10選!【帆布・ロール・ハード】のメリット・デメリット!ペグケースはタープやテント設営時に欠かせないペグを収納するものです。最近はハンマーも一緒に収納できる便利なものもあります。 ペグや...
ABOUT ME
yamaico編集部
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ