椅子、テーブル

ロゴスあぐらチェア5種類を徹底比較レビュー!おすすめのあぐら(焚き火)チェアも紹介!

ロゴスの「あぐらチェア」は、ロースタイルのキャンプにうってつけの椅子。いちど座ったら「立ち上がりたくない」と感じてしまうほどの、快適な座り心地が特徴です。

ロゴスでは数種類のあぐらチェアを取り扱っており、それぞれサイズや素材が異なります。今回はそのなかでもとくに人気のモデル5つを、徹底的に比較。そしてレビューします!

さらにロゴス以外のメーカーの製品からも、おすすめのアイテムをご紹介。キャンプ・フェス・釣りなど、さまざまなシーンで使える優秀なチェアを厳選しました。

ロゴスあぐらチェアとは

ロゴスあぐらチェアとは

ロゴスの人気商品であるあぐらチェアは、その名のとおり、あぐらをかいて座ったり、足を投げ出して座れる椅子。

座面の高さが23cm以下と低く、いずれのモデルもひじ掛けが備わっているのが特徴です。

座面と背もたれが適度に傾いており、少し上を向いた姿勢で座れる点も普通のチェアとちがうところ。重心が低いため安定感があり、安心して背もたれに体をあずけられます。

2021年ロゴスあぐらチェアのラインナップ

2021年ロゴスあぐらチェアのラインナップ

ロゴスのあぐらチェアシリーズは種類が豊富です。そのなかでもとくに注目されている5つのモデルをご紹介します。

あぐらチェアプラス

ロゴスあぐらチェアプラス
使用時サイズ 幅57×奥行65×高さ64.5cm
収納時サイズ 直径19.5×高さ77cm
座高 20cm
重量 3.1kg
耐荷重 120kg
素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)

目を引くストライプ柄のシートと、鮮やかなカラーに塗装された脚の組みあわせが印象的なモデル。座面の高さはわずか20cmで、より座椅子に近い感覚で座れます。

背もたれの高さは64.5cmで、肩までの高さをサポート。背もたれは頭の高さまで無い方が良いという方におすすめです。あぐらチェアシリーズのなかでは手頃な価格設定も魅力。

プラスとサイズは一緒で柄の違うSNOOPYバージョンも人気です。

LOGOS Life ハイバックあぐらチェアプラス(ブラウン)

ロゴスLife ハイバックあぐらチェア プラス
使用時サイズ 幅56×奥行70×高さ76.5cm
収納時サイズ 直径17×高さ89cm
座高 20cm
重量 3.0kg
耐荷重 120kg
素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)

自然の風景と相性が良い、落ち着いたカラーリングが魅力のあぐらチェア。クッション性があるひじ掛けを備えており、腕の疲れを軽減してくれます。背もたれに備わった、大きなポケットも便利です。

そして名前に「ハイバック」とあるとおり、背もたれが高いのがこのモデルの特徴。頭までしっかりサポートし、座ったまま眠りたくなるほどの素晴らしい快適性をもたらします。

Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア

ロゴスTradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア
使用時サイズ 幅60×奥行74×高さ80cm
収納時サイズ 直径19×高さ94cm
座高 22cm
重量 3.5kg
耐荷重 120kg
素材 フレーム:スチール
生地:900D ポリエステル

900デニールの極厚難燃性生地「難燃BRICK」を採用したあぐらチェア。火の粉がついても燃え広がらない仕様のため、焚き火をより近くで楽しみたい方におすすめ。耐久性もかなりのものです。

火の粉による焦げがむしろ味として感じられるように、赤茶色のカラーリングを用いているのも大きな特徴。シートのサイズが大きいため、体が大きめの方でもどっしりと快適に座れます。

キングあぐらチェア(LOGOS LAND)

ロゴスキングあぐらチェア
使用時サイズ 幅60×奥行74×高さ80cm
収納時サイズ 直径19×高さ94cm
座高 22cm
重量 3.5kg
耐荷重 120kg
素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)

ロゴスのあぐらチェアシリーズのなかでも、よりワイドな座面を持つモデル。「Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア」と同じサイズです。背もたれの高さが80cmもあり、高身長の方でも問題なし。

耐荷重120kgと十分な耐久性を持ち、ほとんどの方が安心して全体重をまかせられます。このモデルも背もたれの後ろに大きなポケットを備えており、雑誌などを入れておくのに便利です。

Tradcanvas ポータブルあぐらチェア

ロゴスTradcanvas ポータブルあぐらチェア
使用時サイズ 幅60×奥行74×高さ91cm
収納時サイズ 幅76×奥行20×高さ14cm
座高 20cm
重量 3.4kg
耐荷重 120kg
素材 フレーム:スチール
生地:ポリエステル(PVCコーティング)

ロゴスのあぐらチェアシリーズのなかでも、比較的新しいモデル。座面の広さは「キングあぐらチェア」と同等ですが、背もたれの高さは10cm以上も高く設計されています。

それでいて背もたれのフレームを分割できるため、コンパクトに収納可能。座面の横にドリンクホルダーを備え、テーブルがなくても飲み物の置き場に困らないのも、おすすめのポイントです。

ロゴスあぐらチェアのメリット・デメリット

ロゴスあぐらチェアのメリット・デメリット

ロゴスのあぐらチェアは、以下のようなメリット・デメリットを持っています。

メリット ・座っているときの姿勢が楽
・脚を広げるだけで使用可能
・安心の耐荷重(約120kg)
・肩がけできる収納袋つき
・テント内でも使いやすい
・脚が大きく開くから安定感◎
・焚き火の煙が顔に当たりにくい
デメリット ・テーブルや焚き火台から上半身が遠くなる
・立ち上がりにくい

ロゴスのあぐらチェアが持つ最大のメリットは、楽な姿勢で座れること。キャンプにおいても、自宅でくつろいでいるときのようにリラックスできます。

設置と撤収に時間がかからないことも、重要なポイントです。収納袋から取り出して、脚を広げるだけで座れます。スチール製のフレームは耐久性バッチリで、耐荷重に余裕があるのも特徴。

また普通のチェアとくらべて全高が低いため、テント内やキャノピーの下などで使いやすいことも大きなメリットです。

いっぽうで、頻繁に立ったり座ったりするような使い方には不向きといえます。その理由は、腰が深く落ち込むから。立つときには「よっこいしょ」と、足に力を込めなくてはなりません。

逆に長時間座った状態で過ごす場合は、これ以上ないほど快適です。

ロゴスあぐらチェアは室内・リビングでも使える?

あぐらチェアは室内でも使いやすいアイテムです。自室用やリビング用としてはもちろん、ベランピング用としてもおすすめ。快適なだけでなく、背が高いチェアより部屋が広く感じられるメリットもあります。

ロゴスあぐらチェアは室内・リビングでも使える?

脚先には大きいサイズのキャップが装着されてるので、フローリングも傷つけにくいのもうれしいポイントです。

必要なときだけ出して使用できるのも、あぐらチェアの良いところです。普段は折りたたんで、クローゼットなどに収納しておけます。室内にいながら、ちょっとだけアウトドア気分を味わえるのも魅力です。

ロゴスあぐらチェアにあうテーブルのサイズは?

ロゴスあぐらチェアにあうテーブルのサイズは?

あぐらチェアは座面が低いので、テーブルもそれにあわせて低い製品を選ぶ必要があります。おすすめは、高さ30cm以下のテーブルです。天板の幅は、使用する人数をもとに決めましょう。

ソロキャンプの場合、コンパクトに収めたいのであれば幅30cm程度のテーブルがちょうど良く、広々と使いたいのであれば幅60cmまでのテーブルがおすすめです。

2人以上で使用する場合は、幅60cm以上のテーブルを選びましょう。あるいは複数の人が向かいあって使用できる「囲炉裏型」のテーブルという選択肢もあります。

囲炉裏型のテーブルは4つ以上に分割し、それぞれ独立した状態で使用できる製品もあります。1人に1台ずつテーブルを配分できるので、ソロキャンプよりグループキャンプが多い方には、とくにおすすめのタイプです。

おすすめの焚火テーブル
焚き火テーブルのおすすめ18選!焚火台のサイドテーブルにも最適!焚き火のサイドテーブルとしも使えて調理や補助テーブルとしても使える焚き火テーブル!定番の人気商品から安価だけどあると便利な焚火テーブルまでおすすめ18選をご紹介!...

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較

ロゴスのあぐらチェアを4種を徹底比較します。

  • あぐらチェアプラス
  • LOGOS Lifeハイバックあぐらチェアプラス(ブラウン)
  • キングあぐらチェア(LOGOS LAND)
  • Tradcanvas ポータブルあぐらチェア

※Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェアとキングあぐらチェア(LOGOS LAND)の違いは生地のみなので、キングあぐらチェア(LOGOS LAND)のみ比較対象です。

比較するポイントは

  1. 脚を伸ばした状態の座り心地
  2. あぐらをかいた状態の座り心地
  3. 背もたれのリラックス度
  4. 立ち上がりのしやすさ
  5. コンパクトさ
  6. デザイン

以上6点が比較項目です。

Yamaicoスタッフ165cm・174cmの男性2人の検証で、個人差がある結果なのでご了承ください。ロゴスあぐらチェアに絞った比較結果なので、購入の参考になれば幸いです。

脚を伸ばした状態の座り心地

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

あぐらをかいた状態の座り心地

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

背もたれのリラックス度

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

立ち上がりのしやすさ

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

コンパクトさ

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

デザイン

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較
あぐらチェアプラス
LOGOS Lifeあぐらチェア
キングあぐらチェア
ポータブルあぐらチェア

比較のまとめ

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較

コンパクトで持ち運びがしやすく手頃な価格なので、数脚揃えたいファミリーキャンパーにおすすめのあぐらチェア。背もたれの角度もあるので、リラックス度は少し低めですが、アウトドアでも座椅子感覚で使用できます。座る場所によっては座面下のパイプが当たってしまうのが、マイナスポイント。

LOGOS Lifeあぐらチェア

帆布のような無骨感もある色合いで、ソロキャンプにピッタリなあぐらチェア。しっかりと頭を預けられるハイバックで星空を眺めながら、まったりと焚き火いじりを楽しむことができます。座面奥が手前より低いので、少し立ち上がりにくいのがマイナスポイント。

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較

とにかく座り心地を重視したい方は、キングあぐらチェアがおすすめです。幅60cmのワイドタイプなので、窮屈な感じも一切なく、適度な傾斜により深い座り心地で、キャンプを楽しむことができます。焚き火の火の粉が気になる方は難燃性のキングあぐらチェアがおすすめ。

ロゴスのあぐらチェアを徹底比較

ご自宅でもキャンプでも使う方には、コンパクトに収納できるポータブルあぐらチェアがおすすめ。幅や奥行はキングあぐらチェアと同サイズなので、ゆったりとくつろげます。大きいサイズなのにコンパクトに収納できるため、パイプ形状が他のタイプで違い、座り方によっては背もたれのパイプが、背中に当たってしまうのがマイナスポイントです。

ロゴス以外のおすすめのあぐら(焚き火)椅子

ここまでロゴスが販売するあぐらチェアについての解説をしてきましたが、ロゴス以外のメーカーからも、あぐらスタイルで座れるチェアがいくつも販売されています。

そのなかから、信頼できるメーカーの商品を5つご紹介。いずれも独自の特徴を持った、ロースタイルのキャンプにおすすめのチェアです。

ディーオーディー(DOD) タキビチェア

使用時サイズ 幅60×奥行き50×高さ56cm
収納時サイズ 幅60×奥行き8×高さ80cm
座高 23.5cm
重量 3.3kg
耐荷重 100kg
素材 スチール、帆布

シートの素材に、火の粉に強い帆布生地を採用。「タキビチェア」の名のとおり、焚き火の近くで使用できるチェアです。帆布生地は2重になっており、耐久性もバッチリ!

背もたれにポケットを備えており、焚き火用の道具を収納しておくのに便利。DODの可愛らしいロゴが刺繍されている点も魅力です。設計がシンプルで、設置と撤収はロゴスのあぐらチェア以上に簡単。

バンドック(BUNDOK) 焚き火チェア

使用時サイズ 幅57×奥行き59×高さ56cm
収納時サイズ 幅67×奥行き24×高さ12cm
座高 11cm
重量 3.45Kg
耐荷重 80kg
素材 スチール、綿、竹集成材

ひじ掛けに竹の集成材を用いており、ナチュラルな風合いを持つチェア。自然の風景と相性が良い、落ち着いたカラーリングも特徴です。シートは火の粉に強いコットン製で、焚き火の近くでも安心。

十分な耐久性を備えているものの、耐荷重は80kgと、他社のチェアより低めに設定されている点に注意。体が大きめの方は、ドスンと勢いをつけて座らないように気をつけましょう。

フィールドア(FIELDOOR) フィールドチェア ハイバック

使用時サイズ 幅58.5×奥行き68×高さ78.5cm
収納時サイズ 幅92×奥行き24×高さ17cm
座高 16.5cm
重量 3.5kg
耐荷重 120kg
素材 スチール、ポリエステル

こちらのチェアも、ひじ掛けに天然素材を使用しています。天然の木ならではの、ぬくもりある質感が魅力的な製品です。フレームはマットブラックに塗装されており、シックな印象があります。

高さ78.5cmの背もたれが頭までしっかりサポートし、頭と背中にかかる体重を適度に分散。長時間座りっぱなしでも、疲れを感じさせません。フィールドア製品らしい、リーズナブルな価格設定もおすすめポイント。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ジュール ロースタイル イージーチェア

使用時サイズ 幅57×奥行72×高さ61cm
収納時サイズ 幅78×奥行き15×高さ14cm
座高 15cm
重量 2.3kg
耐荷重 80kg
素材 スチール、ポリエステル、ウレタンフォーム

できるだけ出費を抑えつつ、ロースタイルのキャンプを始めたいという方におすすめのチェア。メーカー希望小売価格は4950円(税込)ですが、Amazonでの価格は2000円台と、かなりお買い得です。

フレームはエポキシ樹脂塗装がほどこされたスチール製。重量2.3kgと、スチール製のチェアとしては軽量です。耐荷重は80kgに設定されているため、標準的な体型の方に向いています。

ヘリノックス(Helinox) グラウンドチェア

使用時サイズ 幅52×奥行き50×高さ50cm
収納時サイズ 幅11×奥行き11×高さ30cm
座高 22cm
重量 615g
耐荷重 120kg
素材 アルミ合金、ポリエステル

ヘリノックスが販売するチェアのなかで、もっとも座面が低いモデル。フレームには高強度かつ、超軽量なアルミ合金を採用。耐荷重120kgと頑丈でありながら、重量は驚異の640g(収納バッグ含む)!

収納時のコンパクトさも特筆もの。リュックに入るほど小さくなります。ハイスペックなチェアなだけに価格は高めですが、それに見合う高次元の快適性と圧倒的な携帯性、そして所有欲を満たすブランド力があります。

まとめ

ロゴスあぐらチェア5種類を徹底比較レビュー!おすすめのあぐら(焚き火)チェアも紹介!

ロースタイルのキャンプ、堤防での釣り、自宅のリビングでのくつろぎの時間、そしてフェス、花火大会などなど……

あぐらチェアは本当に数多くのシーンで使える、素晴らしい椅子です。あぐらをかけるチェアはいろんなメーカーから販売されていますが、まず注目すべきはロゴスの製品。

ロゴスは多様なスタイルのあぐらチェアを取りそろえており、価格も良心的。コストパフォーマンスにすぐれるアイテムがそろっています。

今回ご紹介したあぐらチェアのなかで気になる製品があったら、ぜひAmazonや楽天市場でチェックしてみてください。いろんな場所で使いたくなる、お気に入りのあぐらチェアがきっと見つかります。

パチノックスのおすすめ15選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?
パチノックスのおすすめ18選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?今回は、パチノックスのおすすめ商品を紹介していきます。 『amazonで激安だけどパチノックスって実際使えるの?』 と思って...
アウトドアベンチのおすすめ14選!背もたれあり・なしに分けて紹介!
アウトドアベンチのおすすめ14選!背もたれあり・なしに分けて紹介!お子様連れのファミリーでのキャンプが多くなり、導入を検討したくなるのが複数人座れるアウトドアベンチ。ですが購入を検討するにあたり、以下の...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ