椅子、テーブル

アイアンメッシュテーブルのおすすめ9選!キャンプで便利な耐熱性テーブル!

折りたたみアイアンテーブルのおすすめ10選!キャンプで便利な耐熱性テーブル!

焚き火キャンプを無骨でワイルドなスタイルに演出するアイアンメッシュテーブル。頑丈で耐熱性が高いのでダッチオーブンやスキレットが似合う焚き火キャンプにおすすめです。

そこで今回はアイアンメッシュテーブルをピックアップ。アイアンメッシュテーブルがおすすめの理由や失敗しない選び方、また厳選したおすすめの折りたたみアイアンメッシュテーブルをご紹介します。焚き火キャンプの快適度をアップさせたい方はぜひ参考にしてみてください。

アイアンメッシュテーブルがおすすめな理由

折りたたみ アイアンテーブル

アイアンテーブルとはスチールなどの鉄素材を使用したテーブルのこと。頑丈で安定感があり耐熱性に優れているので焚き火キャンプでの使用に最適です。まずはアイアンテーブルが焚き火キャンプにおすすめな理由を解説していきます。

熱いものを直接乗せれる

折りたたみ アイアンテーブル

アイアンテーブルは、スチール素材(鉄)を使用しているため耐熱性に優れているのが特徴です。そのため焚き火で加熱されたケトルやスキレットをそのまま天板に置くことができます。

ウッド製の場合、加熱された調理器具をそのまま置くとテーブルを焦がしてしまうため置き場所を探してしまいなにかと不便。アイアンテーブルなら加熱され熱くなったケトルやスキレットをダイレクトに置くことができるのでスムーズな調理が可能です。

直火で使えるキャンプケトルのおすすめ16選!焚き火で湯沸かし
直火で使えるキャンプケトルのおすすめ16選!焚き火で湯沸かしする時の注意点も。キャンプケトルとは簡単に言うとやかんでお湯を沸かして注ぐための道具です。それだけに特化したシンプルな道具なので、キャンプでお湯を沸かす時...

焚き火のサイドテーブルに配置できる

折りたたみ アイアンテーブル

アイアンテーブルは、熱や炎に強いため焚き火周辺に設置することが可能です。焚き火のすぐ側に設置しサイドテーブルとして使用することで調理した鍋やスキレットをすぐテーブルに移動させることができます。焦がしたくない料理や一時的に他の場所に逃したいときなどにも便利で効率よく焚き火調理が楽しめます。

天板がメッシュなので五徳としても使用できる

折りたたみ アイアンテーブル

アイアンテーブルの天板はメッシュ構造なので、焚き火台やバーナーなど直火の上に設置すれば五徳兼テーブルとしても使用できます。テーブルが広いので2つ同時に調理できたり、調理後も炎が当たらない場所に置くことで、直火で熱せられたアイアンテーブルには保温効果もあるので、料理が冷めにくい利点もあります。

大人数で使用する場合は、焚き火台やガスバーナーの五徳では小さく、鍋底サイズが制限されていた鍋やスキレットがアイアンテーブルを五徳にすることで使用可能に。直火でダッチオーブンやスキレットを使用した調理も可能になるので焚き火料理の幅が広がります。

汚れても洗える

アイアンテーブルに使用されているスチールは熱に強く水にも強い素材なので水洗いが可能です。調理で付いた油汚れや焚き火の汚れなど水で丸洗いすることができるので、汚れを気にすることなくガンガン使えます。洗ったあとは錆びないようにしっかり乾かすことが必要ですが、いつでも綺麗な状態が保てるので気持ちよく使用することが可能です。

アイアンメッシュテーブルの選び方

折りたたみ アイアンテーブル

それでは折りたたみアイアンメッシュテーブルを選ぶときのチェックポイントを紹介します。購入をご検討の方はアイアンテーブル選びの参考にしてみてください。

天板のサイズや高さ

折りたたみ アイアンテーブル

55×30cmのアイアンメッシュテーブルのサイズ感です。ソロキャンプのメインテーブルとして十分なサイズがあります。

アイアンメッシュテーブルのサイズ目安として

ソロキャンプのメインテーブル 幅50cm前後を目安に
グループキャンプのサイドテーブル 幅60cm以上を目安に

上記のサイズを目安にすると、使用用途に応じた最適なスペースを確保できます。

折りたたみ アイアンテーブル 高さ

18cmの高さのアイアンメッシュテーブルをローチェアに座って使用した時のサイズ感です。

折りたたみ アイアンテーブル 高さ

18cmの高さでは地べたスタイルやサイドテーブルとしての使用がおすすめです。

ローチェアスタイル 高さ260〜300mm前後
地べたスタイル 高さ200mm前後

テーブルの高さは上記を目安にすると快適に使用できます。

五徳で使用するならバーナーの高さや耐熱性もチェック

折りたたみ アイアンテーブル

アイアンメッシュテーブルを五徳として使用する場合は、高さが低いシングルバーナーでは、距離があるので石やレンガなどで高さ調節する必要があります。

折りたたみ アイアンテーブル

五徳として使用すると、モノによっては表面の加工が焼けてしまい錆びやすくなったり、変形してしまう恐れがあるので、耐熱性にも注意が必要です。

耐荷重もチェック

折りたたみ アイアンテーブル 耐荷重

どれだけの重量に耐えられるかもアイアンメッシュテーブル選びの重要なチェックポイントです。クッカーや小さな鍋などを置く程度ならまだしも、重いダッチオーブンやスキレットを調理で使用する予定があるなら必ず耐荷重をチェックするようにしましょう。

例えばダッチオーブンの平均重量の目安が以下のとおり。

8インチ(1〜2人用) 約3〜4kg前後
10インチ(標準サイズ) 約5〜6kg前後
12インチ(鳥やカニまるごとサイズ) 約8〜10kg前後

上記を参考にダッチオーブンを使った調理を予定なら、最低でも耐荷重20kg以上を目安にするとよいでしょう。耐荷重20〜30kgあれば、大型のダッチオーブン料理やその他の調理器具を複数テーブルに置いても安心して使用できます。

折りたたみ アイアンテーブル

大型のクーラーボックスでアイアンメッシュテーブルに荷重をかけたりすると

折りたたみ アイアンテーブル

脚が変形してしまう恐れもあるので、耐荷重もしっかりとチェックしましょう。

ハンドル(取っ手)があると持ち運びしやすい

テーブル本体にハンドルが付いていると、コンパクトに折りたたんだ状態で持ち運ぶときに便利です。取っ手があることで重い鉄素材のテーブルでも片手で持ち運びしやすくなり、女性にも優しく手軽に持つことができます。またテーブル設営時にシェラカップを吊り下げるハンガーとして利用でき一石二鳥です。

収納袋があると便利

折りたたみ アイアンテーブル 収納袋

アイアンメッシュテーブルに収納袋が付属しているかどうかもチェックしたいポイントのひとつ。鉄素材なので重く、折りたたみとはいえ収納サイズはそれなりに大きいため収納袋があると持ち運びする際に便利です。また汚れた状態で持ち帰っても、収納袋に入っていれば周囲を汚す心配がありません。

キャンプにおすすめのアイアンメッシュテーブル

それでは焚き火キャンプにおすすめのアイアンメッシュテーブルを厳選してご紹介します。アイアンテーブルに興味をお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

ONOE×QUICKCAMPアイアンメッシュテーブル

サイズ (約)幅50×奥行43×高さ27cm
収納サイズ (約)幅50×奥行43×厚み5cm
重量 約3.5kg
耐荷重 20kg
ハンドル あり
収納袋 なし

低価格な無骨アイアンギアで人気の尾上製作所(ONOE)とQUIKCAMPのコラボアイテム。尾上製作所の人気モデル「マルチスタンド」をQUICKCAMPが別注生産したモデルです。メッシュ天板が補強され耐久性がアップ。またワンドになった天板サイズに使い勝手のよいマルチハンガーが追加された限定モデルです。

YOLER(ヨーラー)焚き火テーブル

サイズ (約)幅55×奥行30×高さ18cm
収納サイズ (約)幅55×奥行30cm
重量 (約)1.5kg
耐荷重 15kg
ハンドル なし
収納袋 あり

コスパが高く通販サイトで人気のYOLER(ヨーラー)製アイアンメッシュテーブル。サイドテーブルとして程よい幅55×奥行30×高さ18cmのサイズ感です。耐荷重が15kgあるので重い鍋やスキレットを置くことが可能。

重量わずか1.5kg、折りたたむことで幅55×奥行30×高さ3cmまでコンパクトに収納でき、持ち運びに便利な専用ケースが付属しています。

YOLER(ヨーラー)メッシュテーブル

サイズ (約)幅43×奥行32×高さ26cm
収納サイズ (約)幅43cm×奥行32cm×厚み6cm
重量 (約)2.2kg
耐荷重 (約)25kg
ハンドル あり
収納袋 あり

同じくYOLER(ヨーラー)から最大静止耐荷重約25kgに対応したタフ仕様モデル。ソロキャンプに丁度よいサイズ感が特徴です。本体重量が約2.2kg、スライド式の持ち手が付いていて、さらに専用キャリーバッグも付属しているので持ち運びに便利です。

焚き火台の五徳や調理台として、またサブテーブルやクーラーボックス置き場としても使えます。

YOLERアイアンメッシュテーブル
【レビュー】YOLERのアイアンメッシュテーブルをキャンプで使ってみて。私が今回紹介するのはYOLERのアイアンメッシュテーブルになります。 私が初めてこのテーブルを見たときには、大きいし、鉄でできて...

LOGOS(ロゴス)アイアンたき火テーブル

サイズ (約)幅60.8×奥行29.5×高さ28.5cm
収納サイズ (約)幅60.8×奥行29.5×高さ5cm
重量 (約)2.2kg
耐荷重
ハンドル なし
収納袋 なし

ユニークなキャンプギアが人気のアウトドアメーカー「LOGOS(ロゴス)」製アイアン焚き火テーブル。無数のパンチング穴が空いたスチール製天板を採用しているので強度を確保しながら軽量化も実現した焚き火テーブルです。

横幅のあるサイズ感なのでサイドテーブルとして使いやすく、開閉するだけで設置でき安定感のある脚フレームが特徴です。

キャンプにおすすめのアイアンウッドテーブル

さらにここからはキャンプ上級者を演出できる、ウッドデザインを取り入れたおしゃれなアイアンテーブルをご紹介します。

BUNDOK(バンドック)折りたたみアイアンテーブル

サイズ (約)幅52x奥行30x高さ29cm
収納サイズ (約)幅44x奥行30x高さ25cm
重量 (約)1.9kg
耐荷重 (約)25kg
ハンドル なし
収納袋 なし

ミリタリースタイルのキャンプギアで人気の「BUNDOK(バンドック)」が展開する”無骨なソロキャンプスタイル”に似合うアイアンテーブル。自然とマッチした両サイドのウッドデザインが特徴的です。

ローチェアと絶妙な相性の高さを誇り、ロースタイルのソロキャンプに最適。手頃なお値段にも評価が高くコスパ最強と口コミが多いおすすめアイアンテーブルです。

YOLER(ヨーラー)メッシュテーブル

サイズ (約)幅53×奥行32×高さ26cm
収納サイズ (約)幅53×奥行32×高さ4cm
重量 (約)2.7kg
耐荷重 (約)25kg
ハンドル あり
収納袋 あり

直火利用可能なYOLER(ヨーラー)製折りたたみアイアンテーブル。粉体耐火塗装を施した高品質スチールを採用しているので焚き火テーブルとして使用可能です。ロゴデザインが施されたおしゃれな木製エッジが火傷から防いでくれます。

耐荷重25kgまで対応するのでダッチオーブンやスキレットをテーブル上に置くことが可能。脚を折りたたむと厚みわずか2cmと非常にコンパクトになり、丈夫なキャンバス生地の専用キャリーバッグが付属しているので持ち運びに便利です。

ChillCamping(チルキャンピング)折りたたみアイアンテーブル

サイズ 幅65×奥行30×高さ18cm
収納サイズ 幅65×奥行30×高さ2.5cm
重量
耐荷重 30kg
ハンドル なし
収納袋 なし

「Chill(まったり)」な時間を彩るキャンプギアを提供する「Chill Camping(チルキャンピング)」製の1台6役を熟すアイアンテーブル。無骨なアイアンカラーに焼印されたウッドが印象的です。

LOW(高さ180mm)とTALL(高さ250mm)の2タイプが展開しており、ロースタイルからベーシックなキャンプスタイルまで幅広く対応します。

SENQIメッシュテーブル

サイズ (約)幅65.5×奥行30×高さ20.5cm
収納サイズ (約)幅65.5×奥行30×高さ2.5cm
重量 (約)1.91kg
耐荷重 (約)30kg
ハンドル あり
収納袋 あり

黒メッキ加工が施されたスチール製メッシュテーブルにブナの木を装飾したアイアンテーブル。両サイドのウッドが熱を感じにくく、ちょっと移動させたいときに便利です。直火五徳として使える耐熱性と、メッキ加工されているので水にも強くガシガシ洗えるのが特徴です。

今回ご紹介した中で最大耐荷重が30kgと最も強度があり、折り畳んだ厚さが2.5cmと置く場所を選ばないコンパクト性がおすすめポイント。地べたに座るロースタイルのキャンプに最適です。

CARBABYメッシュテーブル

サイズ 59×30×18cm
収納サイズ 59×30×2.5cm
重量 1.6kg
耐荷重 25kg
ハンドル なし
収納袋 なし

お座敷スタイルやあぐら椅子の高さに丁度よいCARBABY(カーベイビー)製メッシュテーブル。天然原木を使ったウッドハンドルがアクセントであり熱くなっても素手で持ち運びできるアイアンテーブルです。

耐熱温度が200℃に対応しているので焚き火の側に置いて焚き火テーブルとして使用可能。最大耐荷重が25kgと強度が高く重量約1.6kgと軽いのが特徴です。

おすすめの焚火テーブル
焚き火テーブルのおすすめ18選!焚火台のサイドテーブルにも最適!焚き火のサイドテーブルとしも使えて調理や補助テーブルとしても使える焚き火テーブル!定番の人気商品から安価だけどあると便利な焚火テーブルまでおすすめ18選をご紹介!...

まとめ

今回はアイアンテーブルについてご紹介してみました。アイアンテーブルは頑丈で耐熱性に優れているので焚き火キャンプのテーブルにおすすめです。

焚き火のすぐ側に設置できるので焚き火調理の快適度が格段にアップ。熱いダッチオーブンやスキレットを天板に置くことができるのでストレスなく焚き火調理ができます。またサイドテーブルや直火の大型五徳、クーラーボックスを置いてみたりとひとつで何役も熟せるのが魅力です。

ぜひ今回ご紹介したアイアンテーブルをお供に、快適な焚き火キャンプを楽しんでみてくださいね。

焚火で武骨に使える水筒!ステンレスボトルを直火で使う方法
焚火で武骨に使える水筒!ステンレスボトルを直火で使う方法自然の中でリラックスできるのもキャンプの魅力ですが、バックパックでのソロキャンプやブッシュクラフトのように不便さや試行錯誤を楽しむのも醍...
焚き火ハンガー
焚き火ハンガー&スタンドのおすすめ8選!焚き火まわりの収納や調理で大活躍!焚き火をするなら必ず用意したいキャンプギアの一つになりつつある焚き火ハンガーや焚き火スタンド! 焚き火道具の収納や焚き火での調理に活躍...
ABOUT ME
ZEEN
元アウトドアショップスタッフのWEBライター
こんな記事もおすすめ