ウエア・アウター

冬キャンプにおすすめのダウンパンツのおすすめ9選!焚き火に強い難燃素材も紹介!

寒い季節のキャンプでは防寒着が必須アイテムですが、上半身ばかり着込んでいませんか?実は冷え対策で重要なのは下半身を温めることなんです!そこで活躍するのがダウンパンツ。履くだけで寒さが厳しい夜も暖かく過ごすことができますよ。

そこで、今回はおすすめの機能性の高いダウンパンツを紹介します。「ダウンパンツって高いんじゃない?」「ごわつきが気になって動きづらそう…」とこれまで敬遠した方も必見です!

アイキャッチ参照元:楽天

ダウンパンツは冬キャンプにおすすめ

ダウンパンツは冬キャンプにおすすめ

参照元:nanga

ダウンパンツの魅力といえば、コンパクトに収納できて持ち運びに便利なのに保温性もしっかり高いところです。最近は日中は季節外れの温かな気温となる一方、朝晩は想像以上に冷え込み気温の差が大きい日が続いています。「寒すぎて夜はキャンプどころではなかった…」なんて経験された方もいるのでは?そんな時にダウンパンツをバックパックに入れておけば、そんな「もしも」の時にも備えられますよ。軽量なのでバックパックキャンプやツーリングキャンプでも積載の心配がいりません。

ダウンパンツはボリューム感のあるイメージがありますが、最近ではシルエットがぴったりとして動きを邪魔しないダウンパンツもあるので設営や撤収時にもストレスなく履けますし、難燃性の高いものもあるので焚き火の時にも履くことができます。ダウンパンツ1枚履くだけで、動きの多いキャンプでも暖かく快適に過ごすことができますよ。

ダウンパンツの選び方

ダウンパンツ キャンプ

参照元:楽天

ダウンパンツはアウトドアブランド以外でも多く発売されているので、どれを決め手に選んでいいか悩んでしまいます。ダウンを使っているのでお値段もそこそこしますし、しっかり選びたい方も多いはず。購入の際には以下のポイントを参考にしてくださいね。

保温性

ダウンパンツ キャンプ

参照元:amazon

ダウンパンツに一番求めたいのは保温性になりますね。それを見分ける指標となるのが「フィルパワー(FP)」と呼ばれる羽毛1オンス(約30g)あたりのふくらみの度合いを示したもので、一般的には600~700FPあると良質なダウンと言われています。数値が高ければ高い程、羽毛自体が空気を多く含み断熱効果がアップしますよ。

FP以外にも羽毛自体の品質やパンツの縫製の仕方などでダウンパンツ全体が持つ保温性は変わるので、単純に「FPが高い=保温性の高い」とは言えませんが、同じ羽毛量で悩んだ時にはFPの高いものを選ぶというのもおすすめです。

通気性

履いていると暖かいダウンパンツですが、通気性が悪いとパンツ内で汗をかいてしまい蒸れに繋がります。ダウン自体水気に弱く、蒸れるとダウンが水気を含んでしまい本来の保温性を維持できないので、ある程度通気性のあるものを選びましょう。

防水や耐久性

ダウンパンツ キャンプ

参照元:amazon

防水性、耐久性もチェックポイントです。先ほどお伝えした通り、ダウンは水に濡れると重くなり保温性がなくなってしまうというデメリットがあります。生地に防水や撥水加工が施されているものを選ぶとキャンプ中、突然の雨に見舞われても安心して使うことができますよ。

耐久性に関しては、本体に引き裂き強度の高い生地が使われているかや耐久性が高まるような加工が施されているかを確認しましょう。例えば、雪中キャンプで使う予定の方は強い光の照り返しが予想されているので、UV加工が施されたものがおすすめです。

火の粉が気になるなら難燃素材

ダウンパンツ 焚き火

ダウンパンツは表面がナイロン素材が多く熱に弱い特徴があるので、焚き火の時にも履きたいという方は火の粉で穴が開かないよう難燃素材が使われているダウンパンツを選びましょう。生地に加工が施されているものや、表面の素材にコットンが使われているものがおすすめです。

収納袋が付いているかもチェック

ダウンパンツ 軽量

参照元:montbell

「もしも」の備えとして持ち運びたい方は収納袋が付いているかもチェックしましょう。そのままバックパックに収納してもいいですが、他のキャンプギアと干渉して生地が傷んでしまうとそこからダウンが飛び出てしまう可能性があります。収納袋に入れることで、サイズもコンパクトになりますよ。

冬キャンプにおすすめの軽量・コンパクトなダウンパンツ

お待たせしました!ここからは、おすすめのダウンパンツを紹介します。

Naturehike(ネイチャーハイク) ダウンパンツ

サイズ XS、S、M、L、XL、XXL
重量 約250g
素材 <表生地>20Dナイロン <裏生地>400Tナイロン <中綿>ホワイトグースダウン90% 

中綿はホワイトグースダウンと高品質で、FPも750あるので抜群の保温力を発揮します。表面と内側には撥水加工が施されていますが、通気性も高いので長時間ストレスなく履いていられますよ。

GRIP SWANY(グリップスワニー) FIREPROOF DOWN CAMP PANTS 3.0

サイズ XS、S、M、L、XL
素材 <表生地>コットン100% <裏生地>ポリエステル100% <中綿>ダウン80%・フェザー20%

難燃素材「BRAZE SHLELD」を採用したダウンパンツです。従来の難燃素材の5倍の強度があるので、焚き火の近くでも安心して履いていられます。サイドポケットが大きいので小物だけでなくグローブなども収納でき、設営時は特に便利です。

GRIP SWANY(グリップスワニー) QUILT GEAR PANTS 2.0

サイズ XS、S、M、L、XL
素材 <表生地>コットン 100% <裏生地>コットン 100% <中綿>ポリエステル 100%

こちらはダウンパンツではないのですが、ダイヤモンドキルトを施した柔らかくソフトな履き心地が魅力のパンツです。中綿入りなので保温性もあり、裾にかけて綺麗なテーパードシルエットになっているので動きやすいですよ。

NANGA(ナンガ) オリジナルダウンパンツ

サイズ XS、S、M、L、XL
素材 <表生地>ポリエステル100% <裏生地>ポリエステル 100% <中綿>ダウン70%・フェザー30%

保温性の高いシュラフやダウンジャケットを多く取り扱っていることもあり、ダウンパンツの保温性も非常に高く温かいです。光沢を抑えたマットな素材はデザイン性も高く、細身のシルエットになっているので街着としても履けますよ。

NANGA(ナンガ) TAKIBI DOWN PANTS

サイズ S、M、L、XL
重量 約568g
素材 <表生地>ポリエステル、アラミド混紡 <裏生地>40dnナイロンタフタ<中綿>DXUDD(スパニッシュダックダウン 90-10% 770FP)超撥水加工

カーゴパンツのように動きやすく履き心地を良くするため羽毛量を抑えていますが、膝は丈夫な二重生地にして耐久性を高めていたりと細かい工夫が施されています。表生地に特殊な難燃素材を使用しているので焚き火のお供にもぴったりなダウンパンツです。

Canadian East(カナディアンイースト) ダウンパンツ

サイズ XS、S、M、L、XL、XXL
素材 <表生地>ナイロン100% <裏生地>ナイロン100% <中綿>ダウン90%・フェザー10%

ダウンの品質にとにかくこだわり、多数の空気の保温層が作られるよう成熟度の高いダウンを厳選することで高い保温性を実現しています。FPも700FPとなっているので収納時はコンパクトですが、広げるとふっくらしますよ。

THE NORTH FACE(ザノースフェイス) アコンカグアパンツ

サイズ S、M、L、XL
素材 <表生地>ナイロン100% <裏生地>ナイロン100% <中綿>ダウン72%・レーヨン20%・フェザー8%

引き裂き強度が高く撥水性にも優れたリップストップナイロンを使用しているので、突然の雨や雪も多少は弾いてくれますよ。ストレスなく着用できるように設計されていて、シルエットもシャープで動きやすいです。

EVEN RIVER(イーブンリバー) ライトファイバーダウンパンツ

サイズ M、L、LL、3L、4L
素材 <表生地>ナイロン100% <裏生地>ナイロン100% <中綿>ポリエステル100%(ファイバーダウン)

総キルティングなので動きの多きキャンプで履いていても中綿のヨレが少なく、長く愛用できますよ。3,500円以下とダウンパンツとしては非常にお安いので、本格的なダウンパンツを購入する前のお試しの1本として、使ってみるのもおすすめです。

Marmot(マーモット) デュースダウンパンツ

サイズ S、M、L、XL
重量 約276g
素材 <表生地>ナイロン100% <裏生地>ナイロン100% <中綿>ダウン90%・レーヨン10%

実はマーモットはダウンウェアの開発からスタートしたアウトドアブランドなのでダウンパンツの機能性もとても高いです。中綿に使われているダウンは750FPととても品質が高く、撥水加工も施されているので、キャンプの防寒着として活躍してくれますよ。

冬キャンプにおすすめの安いテントシューズ14選!必要?コスパも比較して紹介!冬キャンプで洋服ばかり着込んでいてもなかなか温まらないのが足元。テントシューズがあると足元の温かさをキープしてくれますし、頑丈なアウトド...
冬キャンプにおすすめの焚き火に強い難燃素材の服装!【ダウン・ジャケット・パンツ】
冬キャンプにおすすめの焚き火に強い難燃素材の服装!【ダウン・ジャケット・パンツ】冬キャンプの醍醐味が焚き火。パチパチと薪が弾ける音に癒やされながら気が付いたら衣服が火の粉で穴だらけ・・・そんな経験ございませんか?せっ...

まとめ

寒さが厳しくなるこれからの季節のキャンプに、ダウンパンツは1本は持っておきたい防寒着です。種類が豊富なのでどれが良いのか悩んでしまいますが、保温性をはじめ、撥水性や耐久性、難燃性など自分のキャンプスタイルと照らし合わせながらどのようなポイントを重視するかで自然と自分に合うダウンパンツが選べますよ。
今年の冬は防寒着をグレードアップして、冬のキャンプ場に積極的に出かけてみてはいかがですか?

SUBU(スブ)冬用サンダルのサイズ感比較レビュー!ナンガコラボの定価や使用感も紹介!SUBU(スブ)は「冬サンダル」という今までにないようなジャンルを確立させ、年々人気が高まっている注目ブランドです。”サンダル=夏の履物...
おすすめのネックウォーマー12選!人気のアウトドアブランドで厳選して紹介!冬の防寒といえばつい衣類ばかり揃えてしまいがちですが、冬キャンプで意外と気になるのが首元の冷え。ネックウォーマーは簡単に着脱出来てキャン...
ABOUT ME
kyon-si
ひきこもりから、キャンプ歴8年。 キャンプ道具が自宅に入りきらなくなってきたので、都内から引っ越し。長期休暇があれば夫婦2人で長期キャンプ旅へ出かけています。 愛車はジムニーとランクル80ですが、ペーパーゴールド免許。田舎道で練習中。