ストーブ/暖房器具

イワタニのカセットガスストーブ「マイ暖」「デカ暖」を比較レビュー!

イワタニのカセットガスストーブ「マイ暖」「デカ暖」を比較レビュー!

軽く持ち運びに優れたイワタニのカセットガスストーブがキャンプの暖房アイテムとして人気です。CB缶と言われるカセットガスボンベを燃料とし電源を必要としないため、いつでもどこでもキャンプで冷えたカラダをポカポカ温めてくれます。

そこで今回は、キャンプにおすすめのイワタニカセットガスストーブをご紹介します。

イワタニの人気機種「マイ暖」「デカ暖」の特徴や使い勝手を実際キャンプで徹底比較してきましたので、マイ暖orデカ暖で検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

※カセットガスストーブをテント内や車内で使用することは禁止されています。キャンプで使用する際は十分換気に注意して自己責任のもと使用しましょう。

イワタニのカセットガスストーブの特徴

マイ暖 デカ暖

石油や灯油・電気式とさまざまな種類のストーブがある中で、カセットガスストーブは初心者でも手軽に扱え使い勝手に優れているのが特徴です。

まずはイワタニのカセットガスストーブの特徴についてご紹介していきます。

燃料はCB缶なので入手しやすい

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖

イワタニのカセットガスストーブはその名のとおりCB缶と言われるカセットガスボンベを燃料とします。一般家庭で使うカセットコンロでお馴染みのCB缶が燃料なので入手しやすいのが特徴です。

アウトドアショップや専門店に行かなくてもスーパーやホームセンターで容易に入手することができるので、まさかの燃料切れにも安心です。

※カセットガスはイワタニの純正品を使用しましょう。

燃料の交換が簡単

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖

CB缶が燃料のイワタニのカセットガスストーブは燃料の交換が簡単です。本体の容器(ボトル)カバーを開き、容器受けガイドに位置と向きを合わせそのままカチャッと差し込むだけ。燃料を注ぎ込んだりコードを接続するなどの手間がなく、ワンタッチで燃料の交換が完了します。

またホワイトガソリンや灯油のように手を汚す心配がないため、寒い炊事場やおトイレまで手を洗うためにダッシュする必要がありません。

軽量なので持ち運びもラクチン

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖

イワタニのカセットガスストーブは軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。

家庭用小型ストーブがおおよそ7〜8kg、重いものは10kgを超えるのに対してイワタニのカセットガスストーブは5kgを切る軽さが特徴。女性でも手軽に持ち運びできます。

アウトドアに持ち出して使用する際も簡単に設置や移動ができるので、キャンプや釣りなどの防寒対策用におすすめです。

サイトを選ばない

イワタニ カセットガスストーブ デカ暖

イワタニのカセットガスストーブは電源を必要としないためサイトを選ばず使用できます。いつでもどこでも持ち運んで使用できるので、お気に入りの場所でポカポカ温まることが可能。

これが電気ストーブになると、せっかく景色が綺麗で静かなキャンプサイトを見つけても、ポータブル電源を持っていない限りACサイトに限定されてしまいます。そうなると延長コードの準備やら事前予約やら何かと面倒。

イワタニのカセットガスストーブならそんな心配もなく好きな場所でポカポカ暖房が使えます。

イワタニのカセットガスストーブはキャンプでも安心の4つの安全装置

イワタニ カセットガスストーブ デカ暖

イワタニのカセットガスストーブは、キャンプやアウトドアでも安心して使える4つの安全装置を搭載しています。強い風や不整地での環境下でも安全装置を搭載しているので安心してキャンプが楽しめます。

不完全燃焼防止装置

ガスストーブを使用する際に特に注意しなければならない点が一酸化炭素中毒。イワタニのカセットガスストーブは、不完全燃焼を防止する安全装置が備わっています。

一酸化炭素中毒とは一酸化炭素を吸入することで血液の運搬能力が低下する症状であり、頭痛や吐き気などの症状から最悪致命傷に至ります。

その要因となる不完全燃焼や室内の酸素濃度が低下すると自動的にガスの供給を停止し、一酸化炭素中毒を未然に防ぎます。

立消え安全装置

ガスバーナーで調理しているときや焚き火で暖を取っているときに風で火が消えてしまったという経験ございませんか?焚き火ならまだしも、ガス燃料だと火が消えることでガス漏れを起こすなど非常に危険です。

イワタニのカセットガスストーブは、風で火が消えても自動でガスを遮断する「立消え安全装置」を搭載。ガス漏れに気付かず再点火して大惨事になるという事故を防止します。

転倒時消火装置

万が一カセットガスストーブに強い衝撃が加わったり転倒したりした際でも、本体が感知してガスの供給を遮断し消化する「転倒時消化装置」が備わっています。

足元が暗闇の中、うっかりつまずいて強い衝撃や転倒させてしまっても、機械が自動で消化してくれるのでもしものときに安心です。

とくに持ち運ぶ機会が多く不安定な場所で使用しがちなキャンプでは非常に心強い防止装置となります。

圧力感知安全装置

万が一カセットガス自体が加熱されCB缶内部の圧力が異常を示した時には、安全装置が作動し自動的にカセットガスを切り離します。これにより過度に熱せられたカセットガスボンベが爆発するという事故を未然に防ぐことが可能です。

本来イワタニのカセットガスストーブには、ガスが気化しやすいようにヒートパネル方式を採用しています。そのためCB缶上面が熱くなりますが、内部圧が高まるのはバーナーの熱や輻射熱など過度な温度が加わることが原因です。安全にカセットガスストーブを使うためにもCB缶に過度な熱が加わらないよう注意しましょう。

イワタニのカセットガスストーブ「マイ暖」と「デカ暖」をキャンプで徹底比較

マイ暖 デカ暖 比較

イワタニのカセットガスストーブには、キャンプで人気のポータブルタイプ「マイ暖」とハイパワーモデルの「デカ暖」がラインナップしています。ここではマイ暖とデカ暖についてキャンプでの使用感を徹底比較します。

温度の検証は安全面に十分な配慮の上行っております。テント内での火気の使用については、メーカー推奨の使用法にならい正しくお使いください。また、テント内で火器を使用する際は換気を十分に行い、一酸化炭素報知器を必ず使用しましょう。

サイズや重量

商品名 マイ暖 デカ暖
商品
本体サイズ 312×222×290mm 349×280×408mm
本体重量 約2.6kg 約4.1kg
最大発熱量 1.0kW(900kcal/h) 1.35kW(1,150kcal/h)
燃焼時間※1 約3時間20分 約2時間30分
商品リンク amazon amazon

※1気温20〜25℃のとき、連続燃焼にてカセットガス1本を使い切るまでの実測値

イワタニ カセットガスストーブ マイ暖

マイ暖は2Lのペットボトルと同じぐらいの高さなので、車にも手軽に積むことができるコンパクトなサイズ感です。

マイ暖 デカ暖 比較 レビュー

マイ暖とデカ暖のサイズ感の違いです。

マイ暖 デカ暖 比較 レビュー

両方とも片手で持ち運べる重量ですが、ちょっと動かしたいという時には、ハンドルがついているマイ暖が便利です。

どれぐらい暖かい?

マイ暖 デカ暖 比較
マイ暖 デカ暖
20cm 21.1℃ 25.0℃
30cm 10.2℃ 13.5℃

外気温が6.4℃の時に、15分後に計測した温度の違いです。

オープンな空間でも6.4℃程度までなら、ソロで暖を取るなら十分な熱量があります。温かさを感じる高さも、ローチェアに座った状態では、マイ暖は腰から下まで、デカ暖は胸辺りの高さまで温かさを感じることができます。

ソロテントはどれぐらい暖まる?

マイ暖 デカ暖 比較
マイ暖 デカ暖
5分後 4.3℃ 6.4℃
10分後 6.2℃ 10.1℃
15分後 7.5℃ 13.3℃
20分後 8.8℃ 15.0℃
25分後 9.8℃ 16.1℃
30分後 10.6℃ 17.0℃

※ソロベースEXのテント内で外気温が3.5~1.3℃の時に計測。

低温下の環境ではマイ暖では不安ですが、デカ暖ならソロサイズのテント内を暖める効果があります。

テントのサイズで比較

マイ暖 デカ暖 比較
ソロティピー サーカスTC  ゼグーM 
サイズ ソロ デュオ ファミリー
マイ暖 14.3℃ 9.4℃ 8.6℃
デカ暖 19.4℃ 10.4℃ 8.8℃

※外気温8℃の時に20分後に温度を計測。

マイ暖、デカ暖両方ともソロサイズのテントでは、テント内を温める効果に期待が持てますが、デュオサイズではそこそこ、ファミリーサイズではあまり効果に期待が持てそうにないです。

低温化での燃焼時間は?

マイ暖 デカ暖 燃焼時間
マイ暖 3時間48分
デカ暖 3時間42分

※外気温3℃~4℃の環境で検証。

テント内のように熱がこもる環境では、外気温の影響は受けにくいですが、オープンな環境では、カセットガス燃料は5℃以下では気化しにくくなり、火力が弱くなり燃焼時間に誤差がでてしまいます。

構造による違いなのか?詳しいことはわかりませんが、低温下で気化しにくくなって火力が弱くなり、大幅に燃焼時間が伸びたデカ暖に比べ、マイ暖の方が5℃以下でも比較的安定して燃焼を行えた結果となりました。

室内温度10℃の時の燃焼時間は

マイ暖 3時間18分
デカ暖 2時間35分

とほぼ公式どおりの結果です。

キャンプにおすすめのカセットガスストーブ7選!どれが安い?コスパ比較!【2022】手頃に暖が取れるカセットガスストーブは、持ち運びも扱いも簡単なのでキャンプの暖房器具としても活躍します。ですが正直、カセットガスを使うと...

マイ暖やデカ暖を使用する時の注意点

イワタニ カセットガスストーブ デカ暖

メーカーはテント内や車内でのカセットガスストーブの使用を禁止しています。

キャンプで使用する際は、風通しのよいサイトか十分換気された場所で使用すること、また一酸化炭素警報機などを準備することが重要です。その他にもキャンプで使用する際に注意するべきポイントが以下の通り。

  • 傾斜した場所では使わない
  • 火を付けたまま傾けたり移動しない
  • 上部にやかんや調理器具を置かない
  • 周辺に可燃物がないか注意
  • 火を付けたまま離れない
  • ガードを外したままで使用しない

などに注意して、安全にカセットガスストーブを使用しましょう。

冬キャンプに必須!一酸化炭素チェッカーのおすすめと使い方や設置場所も解説!
キャンプ用一酸化炭素チェッカーのおすすめ7選!使い方や設置場所も解説!安全な日本製も紹介。冬のキャンプや車中泊で一酸化炭素チェッカーは、今では必要不可欠なアイテムの一つとなっています。いざ使う時に間違えないように、設置場所や使...
キャンプにおすすめの最強湯たんぽは?容量・素材で徹底比較!朝まで温かいのは?【直火・プラスチック・100均】
キャンプにおすすめの最強湯たんぽは?容量・素材で徹底比較!朝まで温かいのは?【直火・プラスチック・100均】秋冬キャンプの天敵といえば「寒さ」。キャンプでおすすめの暖房器具というと、薪ストーブや石油ストーブ、ホットカーペットが浮かびますね。です...

まとめ

今回は、軽くて持ち運び便利なイワタニの人気カセットガスストーブ「マイ暖」「デカ暖」をご紹介してみました。

石油や灯油・電気式などさまざまな種類のストーブがある中で、イワタニのカセットガスストーブは軽く持ち運べるのが人気の秘密。手を汚さず燃料交換ができ、キャンプでも安心して使える安全装置が搭載しているのでキャンプ初心者やファミリーキャンプにおすすめです。

安い・コスパ最強!反射式石油ストーブのおすすめ8選!【キャンプ・アウトドア用に厳選】
安い・コスパ最強!反射式石油ストーブのおすすめ8選!【キャンプ・アウトドア用に厳選】日に日に気温が下がってきていて、過ごしやすい秋キャンプから防寒対策が必要な冬キャンプ準備が必要になってきましたね。特に朝起きた時の寒さは...
【2021】冬の車中泊やキャンプ用におすすめの安い電気毛布15選!ポータブル電源とUSBモバイルバッテリーに分けて紹介!【コスパ比較】
【2022】冬の車中泊やキャンプ用におすすめの安い電気毛布13選!ポータブル電源用とUSBモバイルバッテリー用に分けて紹介!【コスパ比較】冬キャンプにぴったりの防寒アイテムである電気毛布。「電源なしサイトだから使えない…」と思っている方もいるのでは?ですが、ポータブル電源や...
赤外線ヒーターアタッチメントのおすすめ4選!原理や効果は?【フューチャーフォックス・BSR比較】
赤外線ヒーターアタッチメントのおすすめ4選!原理や効果は?【フューチャーフォックス・BSR比較】冬キャンプを楽しく行うためには寒さ対策が必要不可欠です。テントの種類や着るものを工夫することも重要ですが、ストーブ等の暖房器具があればよ...
ABOUT ME
yamaico編集部
Yamaico運営&記事編集担当。
こんな記事もおすすめ