キャンプ

キャンプで使えるおしゃれな温度計!ギアや服装選びに役立つアイテム!

キャンプで温度調節を失敗してしまった経験はありませんか?夏場に思いのほか気温が上がって水分が足りなくなったり、冬場にあまり気温が落ちないからといって薄手のシュラフで寒い思いをしたりと、キャンプの失敗談で温度に関する話は後をつきません。

そんな時こそ温度計の出番です。温度がわかるとギアや服装選びを失敗せずに済むだけでなく、おしゃれな温度計はキャンプのちょっとしたアクセントにもなります。

そこで今回は、キャンプで使えるおしゃれな温度計をご紹介します。これから春先は温度変化が激しいので、役立ててみてください。

アイキャッチ出典:instagram

キャンプに温度計は必要?

出典:instagram

キャンプには温度計があるととても便利です。見かける機会はあまり多くありませんが、実はさりげなく用意している人も少なくありません。それもそのはず、温度計があるとギアや服装選びに役立つので、便利アイテムとして知られています。

キャンプで温度計を使うとギア選びに役立つ!

出典:instagram

キャンプで温度計を使うとギア選びがスムーズに行えます。温度計があれば今使っている装備がどの程度の温度に適しているかわかります。

例えば、温度計が28℃を指していて、とても暑く感じる場合はテントやシート、コットなどをより通気性の良いものに変えると快適に過ごすことが可能です。

一方、冬場は断熱性の高いギアを選んだり、焚き火台を用意したりと、“この気温でどんなギアが必要なのか”見えてきます。「15℃で寒かったから次はもう少し厚手のシュラフを用意しよう」といったように、次回のギア選びに役立つので積極的に活用してみてください。

キャンプで温度計を使うと服装選びに役立つ!

出典:instagram

温度計があると服装選びに役立ちます。人の体感温度は状況によって大きく変化するため、思いのほか暑かったり、冷え込んだりしていて体調を崩してしまうことも珍しくはありません。あまり暑さを感じなくても温度計では35℃、なんてこともあります。

そのような場合でも温度がわかっていれば、速乾Tシャツやラッシュガード、帽子の準備など、涼しく快適に過ごせる服装選びが可能です。

また、冬場でも動いていたり、焚き火のそばにいたりすると冷え込みに気付かずに体を冷やしてしまうことがありますが、厚手の服を用意したり着込んだりなどして、急な寒暖差にも対応できます。

温度計があるとその時々で温度に合った服装かどうかわかるので、キャンプの回数を重ねるほど服装選びの精度が高まります。

おしゃれな温度計はキャンピングカーでも使える!

温度計は温度を測る以外にも、おしゃれなアウトドアギアとしてキャンプを彩ります。特にキャンピングカーでは冷・暖房を効かせると室内の温度が変化しやすいことから、体調管理のためにも温度計は必須。目につく場所に置くため、おしゃれな温度計は装飾品としても良いアクセントになり、話題の一つにもなります。

温度計の選び方

出典:instagram

温度計といっても外見や機能はさまざまです。デジタル式とアナログ式でタイプが分かれ、温度だけでなく湿度も測れたり、室内・室外両方測れたりなど、キャンプのスタイルによって重要視されるポイントはことなります。電池交換不要、遠くからの見やすさを重視してアナログ式を選んだり、細かい値まで知りたいのでデジタル式を選んだり、もしくは体調管理のために湿度も一緒に測りたいという場合も。ここでは、状況にあった温度計の選び方をご紹介します。

湿度もはかる?

出典:instagram

キャンプでは温度に加えて湿度も重要なポイントとなることがあります。夏場であればテントやキャンピングカー内の湿度が高いと安眠できないだけでなく、熱中症につながってしまうことも。一方、冬場は空気が乾燥していたり、暖房で湿度が低かったりして、風邪をひいてしまう場合があります。楽しく快適なキャンプを過ごすためにも体調に気を配ることはとても大切です。湿度も測れる温度計であれば、健康面でも役立ちます。

室内室外の温度も気になる?

出典:instagram

室内だけでなく室外の温度も測りたい場合は一つで二か所の温度を測れるタイプがおすすめです。両方測れると外気温に合わせて暖房を調節することができるので、効率的に温度管理できます。

キャンプで使えるおしゃれな温度計5選!

キャンプで使えるおしゃれな温度計を5つご紹介します。温度計としての性能はもちろん、キャンプをおしゃれに飾る装飾品としてもおすすめです。

AMIR デジタル温度計

<商品スペック>
サイズ:9.4×7.9×2.0cm
重量:ー
温度:測定範囲:室内 -10℃〜60℃ 室外 -40℃〜60℃
湿度:測定範囲:―
電源:本体 単四電池×2本 センサー 単三電池×2本(1台につき)

本体とセンサー2つによって、3か所の温度が計測できるデジタル温度計です。30m(最大100m)の範囲内であれば温度が把握できるため、複数人でのキャンプでは重宝します。家族連れでお子さんとテントが別れる場合などにおすすめです。

Kungixデジタル湿度計 温湿度計

<商品スペック>
サイズ:15.5×9.5×2.5cm
重量:ー
温度:測定範囲:0℃〜50℃
湿度:測定範囲:20%〜99%
電源:単四電池×3本

スマートな印象の多機能デジタル温湿度計です。現在の温度と湿度はもちろん、0時~現時点の最高温度と湿度、最低温度と湿度を測定することができます。その他にも天気予報やカレンダー、アラームなど、機能は充実。シンプルな外見はさまざまなシチュエーションに合わせやすく、おしゃれと機能性を兼ね備えたアイテムです。

クレセル 温湿度計 ブルー CR-101B

<商品スペック>
サイズ:6.7×6.7×2.2cm
重量:25g
温度:測定範囲:-30℃〜50℃
湿度:測定範囲:0%〜100%
電源:―

手の平サイズの温湿度計です。とてもコンパクトなので、置く場所に困ることもありません。デジタルの温湿度計のような多彩な機能はありませんが、電池が必要ないのは嬉しいですね。ブルーの文字盤にゴールドの縁が輝く、キャンプをおしゃれに飾りたい人におすすめのアイテムです。

RISEPRO デジタル無線温湿度計

<商品スペック>
サイズ:16.5×9.5×3.0cm
重量:―
温度:測定範囲:室内 0℃〜50℃ 室外 -50℃〜70℃
湿度:測定範囲:20%〜95%
電源:単三電池×3本

黒を基調としたシンプルなデザインのデジタル多機能温湿度計です。温湿度計としての機能に加えて、天気予報やカレンダー、アラームなど、さまざまなシーンで役立ちます。3つのセンサーによって3か所を測れるので、室内・室外、食材の入ったクーラーなど、キャンプでの温度管理はこれ一つでカバーできます。

dretec(ドリテック) 温湿度計

<商品スペック>
サイズ:12.7×12.7×3.2cm
重量:25g
温度:測定範囲:-30℃〜50℃
湿度:測定範囲:10%〜100%
電源:―

木目がきれいな落ち着いた印象のアナログ温湿度計です。派手ではないものの、どこにでもなじむデザインとカラーが特徴。それでいて、大きな文字盤は存在感があるので、おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

キャンプには温度計と一酸化炭素チェッカーもあれば安心!

室内で薪ストーブなどの暖房を扱う場合は温度計と一緒に一酸化炭素チェッカーを用意すると安心です。一酸化炭素中毒になると気付かないうちに意識を失い、重篤化してしまうこともあります。一酸化炭素チェッカーがあれば一酸化炭素の濃度を検知し、問題があればアアラームで知らせてくれるので、暖を取る機会の多い冬キャンプでは特におすすめです。

キャンプに必須!一酸化炭素チェッカーおすすめと使い方や設置場所も解説!冬キャンプで一酸化炭素チェッカーは今では必要不可欠なアイテムの一つとなっています。いざ使う時に間違えないように、設置場所や使い方をおすす...
【キャンプ用品】温度計のおすすめ10選!薪ストーブに使えるものまで一挙公開!温度計は家だけでなく、キャンプでも役に立つアイテムです。最近はデジタルのもの、カラー表示ができるもの、ワイヤレスのものなど多種多様な温度...

おしゃれな温度計でキャンプを彩り快適なものに!

出典:instagram

キャンプでは温度計が多くの場面で役立ちます。使ったことがない人は是非使ってみてください。より的確なギア・服装選びができて、いつも以上に快適に過ごせるはずです。インテリアとしての一面を活かして、キャンプをおしゃれに飾りたい人にもおすすめします。