100均キャンプ道具

ダイソーの折りたたみコンテナがキャンプ用品の収納に便利すぎる?

ダイソーの折りたたみコンテナ

皆さん,整理整頓は得意ですか?私は苦手です。何かに熱中した後ふと周りを見ると,浜辺に打ち上げられたように物が散乱しているタイプです。もしキャンプでそんなに物を散らかしたら,他のキャンパーに対してマナー違反ですし,自分にとっても紛失や事故に繋がりかねませんね。今回は,キャンプに役立つ収納ボックスとして,ダイソーの折りたたみコンテナボックスを紹介します。

ダイソーの折りたたみコンテナのスペック

ダイソーの折りたたみコンテナ
  • 横幅:20cm
  • 奥行き:30cm
  • 高さ:16cm
  • 金額:200円

折りたたみコンテナボックスは様々な大きさのものが売っていますが,私が持っているものは幅20㎝,奥行き30㎝,高さ16㎝と,100均商品の中では少し大きめです。お値段は200円(税抜き)でした。
キャンプに似合う,ミリタリー調でユニセックスなデザインの収納ボックスです。

ダイソーの折りたたみコンテナの特徴

ダイソーのコンテナを折りたたんだ状態

このコンテナボックスの特徴はその名の通り,折りたためることです。両サイドをポンと押して折りたたむと,厚さ4㎝ほどになります。だいたいA4の本くらいのコンパクトさになるのです。収納ボックスって使っているときは便利ですが,使わないとき場所を取って邪魔ですよね。収納ボックスの収納に困るなど,本末転倒。折りたたみコンテナは,そんなデメリットを解消してくれます。使わないときは折りたたんでちょっとした隙間にしまっておけるので安心です。

ダイソーの折りたたみコンテナの使い方レビュー

ごちゃつくキャンプ用品をスッキリ整頓!

ダイソーの折りたたみコンテナにキャンプ用品を収納

キャンプ用品の整頓に,コンテナボックスはぴったりです。たとえば,うちはキャンプに行ったら必ず焚き火をします。鉈,多目的ライター,送風機,着火剤,ガスバーナーなどを,以前は布の袋にまとめていました。しかし,袋は意外に使いにくかったです。中身が見えないから探しにくい,片手で物を取り出せない,中身に沿って変形するので,荷台にうまく収納しないと取り出すとき他の荷物に引っかかる,といった具合です。

そこでコンテナボックスを取り入れてみました。直方体なので,車の荷台に積んでもすっきり収まります。袋と違い中身が出っ張って引っかかる心配もありません。また,コンテナは上面が広く開いており,側面は網目状なので,収納しても中身が見えます。さっと取り出してドサッと横に置いておけば,片手で物を取り出せます。
焚き火セットの他に,テント設置に使うペグやゴムハンマー,ロープもコンテナボックスにまとめています。

汚れても洗えてすぐ乾く

ダイソーの折りたたみコンテナは洗える

コンテナボックスはプラスチック製で水洗いできるので,キャンプに持ち込む食材の収納ボックスとしても役立ちます。食材の泥や汁が付いてしまっても,洗えば簡単に汚れが落ちる上,網目構造のおかげで乾くのも早いのです。野菜や缶詰など,冷やす必要のないものをコンテナボックスにまとめれば,クーラーボックスもより効率的に使えますよね。

折りたたみ&積み重ね機能で帰りも活躍!

ダイソーの折りたたみコンテナは重ねられる

前述したようにコンテナボックスは折りたためるので,空になったら帰りはたたんで持ち帰れます。反対にものが増えてしまったときにも役立ちます。お土産を買ってしまったり,キャンプで使ったものと使わなかったものを分けて持ち帰りたかったり…予期せぬことにもコンテナは手を差し伸べてくれます。内容別に分けて収納されたコンテナたちは重ねられるので,帰りの荷台も簡単にスッキリです。

ダイソーの折りたたみコンテナを買って良かった点

ダイソーの折りたたみコンテナ

買う前と比べると,道具の取り出しと収納が圧倒的にやりやすくなりました。色々な収納ボックスを試しましたが,キャンプにはダイソーのコンテナボックスが一番使い勝手が良いと感じました。パタパタっと出して放り込んで,ぽんと積むだけ。シンプルな使い方のおかげで子供にも使いやすいようです。あれはどこに入ってるの?これはどこにしまうの?となることが減りました。

手ごろな値段の割に,少々荒く扱っても耐えてくれるところもお気に入りです。一児の親として,物は大切に扱いたいですが,キャンプの時は素のガサツさが出てしまう…。子供も着々と野性的に成長しています。出しやすい,仕舞いやすい,値段の割に丈夫。我が家にはぴったりの収納ボックスです。

ダイソーの折りたたみコンテナの残念な点

ダイソーの折りたたみコンテナ

耐久性がより高かったら嬉しいです。先ほど丈夫と書きましたが,あくまで値段の割に,です。重いものを大量に入れたり,体重を掛けたりしたらバキッと壊れます。積み重ね過ぎたり踏み台にしたりは,絶対にしないでください。私は全部やりました。
また,熱に強い素材のコンテナボックスもあったら良いですね。ダイソーのコンテナはプラスチック製で熱に弱いので,火や熱湯を扱うときは注意がいります。ある時はうっかり焚き火に近づけてしまい,ある時は手持ち花火が当たってしまって変形…という悲しい目に遭わせて,二つのコンテナとお別れしました。大体はしゃぎ過ぎるとやらかします。キャンプの時って,ついつい子供に戻ってしまいませんか?良い大人を適度に現実へ引き戻すためにも,多少の不便さはあった方が良いんだろうなとも思います。

固形燃料
100均とアマゾンの固形燃料を徹底比較!コスパ最強の固形燃料はどれ?炊飯や調理、そしてお湯を沸かしたいときに利用することが多い『固形燃料』。たかが固形燃料ですが、メーカーによってその値段や特徴、燃焼時間は...
100均ランタンハンガーがキャンプで使えるか?比較検証してみた!キャンプの時にあると便利なランタンハンガー。テントポールやタープポールにランタンを掛けて使用することで、頭上から明るい光を届けてくれます...

ダイソーの折りたたみコンテナボックスのまとめ

ダイソーの折りたたみコンテナ

ダイソーの折りたたみコンテナボックスは,今回紹介したもの以外にも様々なデザインや大きさのものがあります。自分にとって一番使いやすいコンテナを見つけて,自分スタイルの快適なキャンプを少しずつ作っていきたいですね。アウトドアでの収納ボックス選びに,お役に立てれば嬉しいです。

100均のランタン・ライト
100均キャンプ用ランタン&ライト比較!気になる明るさを徹底調査!キャンプの夜は真っ暗。自然の中には明かりは存在しません。そんな中で快適に過ごすためには人工的な明かりも必要ですよね。怪我や事故を防止する...
ダイソーで揃えたキッチングッズ
ダイソーでキャンプ用のキッチングッズを揃える!その使い勝手は?キャンプ用のキッチングッズを揃えようと思ったとき、どこで購入しますか?キャンプ用ならやはりアウトドアメーカーから選ぶのが一般的ですよね。...
ABOUT ME
MIKU
MIKU
北海道のライター。独身時代,思いつきで一週間放浪の旅に出たのがきっかけでアウトドアにはまる。趣味は焚き火とピクニック。
こんな記事もおすすめ