バーナー

OD缶の失敗しないサイズの選び方!直径や高さ・燃焼時間も解説!

OD缶の失敗しないサイズの選び方!直径や高さ・燃焼時間も解説!

キャンプサイトや山の頂で格別の珈琲を頂くために欠かせないシングルバーナー。途中でガス欠になるのが不安で、余分に用意したり、大きいサイズを選んでしまう経験はございませんか?

そこで今回はOD缶の失敗しないサイズ選びについてご紹介します。数多く販売されているガス缶の中から使用用途に最適なサイズのOD缶を選ぶための情報となってますので、ぜひ最後までご覧になってください。

OD缶のサイズは3種類

OD缶 サイズ 種類

シングルバーナーやツーバーナー、ランタンなどのガス燃料となるのがOD(アウトドア)缶。OD缶とは、圧縮された液化石油ガスが入った燃料缶のこと。CB(カセットガスボンベ)缶と比較して、より本格的なアウトドアでの使用に適します。

そんなOD缶にはガス内容量によって以下の3サイズが展開しています。

OD缶のサイズ
  1. 110(小)サイズ
  2. 250(中)サイズ
  3. 500(大)サイズ

シングルバーナーでの使用には標準サイズの250(中)サイズやコンパクトな110(小)サイズ、またランタンやツーバーナーでの使用なら長時間使える500(大)サイズが最適です。

OD缶の充填ガスの種類と使い分け方

OD缶 種類 使い分け方

OD缶に充填されているガスには以下の3つの種類があります。

ガスの種類
  • ブタン(ノルマルブタン)
  • イソブタン
  • プロパン

家庭用コンロで使用するCB缶はブタンを主成分とするのに対して、OD缶ではブタンよりも沸点温度が低い「イソブタン」や「プロパン」などを配合しています。そのためOD缶は低温環境でも安定した火力が得られるので寒冷地に強いガス缶といえます。

ここではガス成分の違いによる使い分けについて解説していきます。

3シーズン用はブタンを主成分としたOD缶

春から秋にかけてのキャンプや低地でのハイキングなど、冷え込みの厳しくない環境で使用する場合はブタンを主成分としたOD缶が最適です。ブタンは沸点温度が−5℃であり、0℃を下回らない環境での使用に適します。

気温が低下するほどガスが気化しにくく火力が減少してくるので、使用環境が10℃前後を目安とした使い分けが一番快適に使用できるでしょう。

冬用はイソブタンやプロパンが配合されたOD缶

朝晩の冷え込みが厳しい冬キャンプや標高の高い登山で使用する場合は、沸点が低いイソブタンやプロパンが配合されたOD缶がおすすめです。イソブタンの沸点は−11.7℃であり、氷点下でもガスが気化しやすいのが特徴。そのためイソブタンやプロパンが配合されたOD缶なら冬キャンプや登山でも安定した火力で使用することができます。

使用環境が0℃前後を目安に使い分けするとよいでしょう。

厳冬期用はプロパンが主成分のOD缶

厳冬期のキャンプや登山で使用する場合は、プロパンが主成分のOD缶が最適です。プロパンは−42.09℃と非常に沸点が低く、氷点下を遥かに下回る気温でも使用することができるのが特徴。雪中キャンプや雪山登山でも安定した火力が得られます。

厳冬期での使用にはプロパン成分の比率が高いOD缶を選ぶのがポイントです。

OD缶のサイズごとの高さや直径

OD缶 サイズ 高さ 直径

OD缶のガス容量によってガス缶の大きさが違うので、使用用途や持ち運びする際の使い勝手が変わります。そこでOD缶の高さや直径を例に使い勝手の違いを解説していきます。

高さ

OD缶 高さ

OD缶の高さによって使用する燃焼器具の使い勝手が変わります。高さが高ければ高いほど直結したバーナーヘッドのグラつき感が増し、またゴトクに乗せたクッカーや調理器具が不安定となり危険です。

例えばアウトドア専用のガスカートリッジでお馴染みのプリムス製OD缶を例にすると、

OD缶の高さ
  • 110(小)サイズ・・・高さ65mm
  • 250(中)サイズ・・・高さ90mm
  • 500(大)サイズ・・・高さ150mm

ご覧のようにサイズによってこれだけの高さの違いがあります。

そのため一体型のシングルバーナーを使用する場合は110や250サイズが安定して使用できます。500サイズは分離型シングルバーナーに使用することで高さの影響を受けず使用することが可能です。

直径

OD缶 直径

またOD缶の直径の違いで持ち運びやすさや収納の使い勝手が変わります。直径が小さくコンパクトな方がわずかなスペースに収納できるので持ち運びに便利です。

同じくプリムス製OD缶でサイズによる直径の違いを見てみると

OD缶の直径
  • 110(小)サイズ・・・直径90mm
  • 250(中)サイズ・・・直径110mm
  • 500(大)サイズ・・・直径110mm

直径による大きな違いは少なく、どのサイズも500ml程度の小型クッカーにスタッキングして持ち運びできます。

しかしながら直径が大きくなるほど高さや重量も比例して大きくなるので持ち運びが不便に。少しでも荷物を少なく軽量化したいソロキャンプや登山での使用なら、嵩張らず軽量コンパクトに収納できるサイズ感が有利です。

重量やガス残量

OD缶 重量

プリムス製OD缶を使ったサイズによる重量の違いです。

サイズ 110 250 500
重量 約190g 約380g 約680g
缶単体 約100g 約150g 約200g

メーカーによって差はありますが、燃料抜きの缶単体の重量はほとんど変わらないので、新品の状態からどれぐらい減ったかで燃料計算の目安になります。

OD缶のサイズごとの燃焼時間は?

OD缶 サイズ 燃焼時間

気になるサイズ別の燃焼時間ですが、一般的に目安とされているのが以下のとおり。

110(小)サイズ 燃焼時間:約20〜30分
250(中)サイズ 燃焼時間:約60分
500(大)サイズ 燃焼時間:約120分

お湯を沸かしてコーヒーやフリーズドライ・レトルト食品などを調理したときの一回の燃焼時間を約5分とすると、

110(小)サイズ 約6回
250(中)サイズ 約12回
500(大)サイズ 約24回

上記のようにおおよその使用回数の目安が分かります。

凝った調理をしない限りは、

110(小)サイズ 日帰りや一泊程度のキャンプや登山
250(中)サイズ 連泊する工程や縦走登山
500(大)サイズ 大人数のグループキャンプやファミリーキャンプ

燃焼時間の目安が分かることで、使用用途に最適なサイズを選ぶことができます。

※使用環境により燃焼時間は変動します。

OD缶のドロップダウン対策

液化ガスを燃料とするOD缶は、長時間連続使用することで「ドロップダウン現象」を起こします。

ドロップダウン現象とは、気化熱によりボンベ内が冷えることで液化ガスが気化しにくくなる現象のこと。液化ガスが気化する際に周囲の熱を奪うことで発生する気化熱が原因でガス缶がどんどん冷え、気化しにくい状態となります。ガス残量に余裕があってもどんどん火力が低下していくのはそのためです。

ドロップダウン対策として

ドロップダウン対策
  • 使用前に手やカイロでガス缶を温める
  • レギュレーター機能が搭載しているバーナーを使う
  • 寒さに強いOD缶を使う

上記3点がドロップダウン現象を軽減させる対策となります。

OD缶の捨て方

OD缶を捨てる際は、以下のポイントに注意しましょう。

捨て方の注意点
  • ガスを使い切ること
  • 捨てる際は各自治体の指示に従う
  • ガス抜きする際は必ず換気のよい場所で行う

まず第一に、OD缶のガス残量を使い切ってから捨てること。火災事故の原因となりますので必ず使い切ってから捨てることが大事です。もしOD缶を振ってみてシャカシャカ音がすれば液体のガスが残っている証拠。換気のよい場所でしばらく燃焼させ、火が消えるまで使い切りましょう。

また処分方法は各自治体によって違いがあるので、お住まいの自治体の指示に従って処分するのがポイントです。過去、大量のスプレー缶処分時に爆発事故が起こって以来、ガス缶に穴を開けずに処分するよう指示する自治体が増えています。

お住まいの自治体で穴を開けてから捨てるよう指示がある場合は、周囲に引火物がなく換気の良い場所でガス抜きしてから処分するようにしましょう。

OD缶サイズの選び方

OD缶 サイズ

「大・中・小とサイズがあるけど実際どれを選べばよいか検討がつかない・・・」という方のために、目安となる使用用途をOD缶のサイズ別でご紹介していきます。サイズ選びの参考にしてみてください。

110サイズ

OD缶 110 サイズ

一番小さいサイズの110タイプは以下の使用用途に最適です。

110サイズ
  • シングルバーナーでお湯を沸かしたり簡単な調理をするとき
  • 日帰りや一泊程度の工程
  • 少しでも荷物を軽量化したいソロキャンパーや登山者

コンパクトな110サイズは荷物が嵩張らずコンパクトに持ち運びできるので、軽量コンパクトな装備に拘りたいキャンパーや登山者に最適です。お湯を沸かしてコーヒーを飲んだりフリーズドライを温めるなど5分程度の簡単調理なら約5〜6回使用できるので、日帰りや一泊程度の工程向けとなります。

250サイズ

OD缶 250 サイズ

標準サイズの250サイズは以下の用途に最適です。

250サイズ
  • 「焼く・炒める・煮込む」などの本格調理をしたいとき
  • 連泊キャンプや縦走登山をするとき
  • 冬キャンプや厳冬期の登山など

一般的に汎用性の高い250サイズは、シングルバーナーで本格調理をしたいときにおすすめです。また寒さに強いガス成分を配合したOD缶が数多くラインナップしているので冬キャンプや厳冬期の登山用に最適。本格的なアウトドア活動や110サイズでは残量が不安という方におすすめです。

500サイズ

OD缶 500 サイズ

一番容量の大きい500サイズは以下の用途が最適です。

500サイズ
  • ランタンやツーバーナーの燃料として
  • 分離型シングルバーナーを使うとき
  • 複数名のグループキャンプやファミリーキャンプ

500サイズは容量が一番大きいため、長時間の使用が予測されるランタンやツーバーナーでの調理におすすめです。またサイズが大きく高さがあるため一体型より分離型のバーナーを使用するときの燃料として最適。仲間でキャンプを楽しむときやファミリーキャンプなど、複数名での使用におすすめです。

各メーカーごとのOD缶のサイズ別比較表

ここでは、各社から販売されているOD缶のサイズ比較をガス容量別にご紹介します。

110サイズの比較表

ブランド名 SOTO snow peak CAPTAIN STAG EPIgas PRIMUS JETBOIL MSR
商品名 パワーガス105 ギガパワーガス
110イソ
レギュラーガス
CS−150
パワーカートリッジ
110
IP−110G ジェットパワー
100G
イソプロ110
商品 スノーピーク ギガパワーガス110イソ
サイズ Φ90×65mm Φ90×65mm Φ110×70mm Φ90×69mm Φ90×65mm Φ90×70mm 記載なし
内容量 約105g 110g 150g 100g 100g 100g 110g
ガス成分 液化ブタン
液化イソブタン
液化プロパン
液化イソブタン
液化ブタン
液化ブタン 液化ブタン
液化プロパン
ノルマンブタン65%
イソブタン35%
液化ブタン
液化イソブタン
液化プロパン
イソブタン80%
プロパン20%
amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon
参考価格 ¥594 ¥396 ¥728 ¥445 ¥356 ¥506 ¥715

※価格は2022年1月現在

250サイズの比較表

ブランド名 SOTO snow peak Coleman CAPTAIN
STAG
EPIgas PRIMUS JETBOIL MSR
商品名 パワーガス250 ギガパワー250
イソ
レギュラーガス
230T
レギュラーガス
CS−250
レギュラーガス
230
IP−250G ジェットパワー
230g
イソプロ270
商品
サイズ Φ110×90mm Φ107×90mm Φ110×88mm Φ110×90mm Φ109×80mm Φ110×90mm Φ110×100mm 記載なし
内容量 230g 220g 230g 230g 230g 225g 230g 226g
ガス成分 液化プロパン
液化イソブタン
液化ブタン
液化イソブタン
液化ブタン
プロパンガスミックス 記載なし 液化ブタン
液化プロパン
ノルマンブタン65%
イソブタン35%
液化プロパン
液化イソブタン
液化ブタン
イソブタン80%
プロパン20%
amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon amazon
参考価格 ¥638 ¥495 ¥620 ¥490 ¥485 ¥446 ¥660 ¥880

※価格は2022年1月現在

500サイズの比較表

ブランド名 SOTO snow peak Coleman CAPTAIN
STAG
EPIgas PRIMUS
商品名 パワーガス500 ギガパワー500
イソ
レギュラーガス
470T
レギュラーガス
CS−500
レギュラーガス
500
IP−500G
商品
サイズ Φ110×150mm Φ107×147mm Φ110×148mm Φ110×150mm Φ109×145mm Φ110×150mm
内容量 460g 420g 470g 470g 470g 460g
ガス成分 液化プロパン
液化イソブタン
液化ブタン
液化イソブタン
液化ブタン
プロパンガスミックス 記載なし 記載なし ノルマンブタン約65%
イソブタン約35%
amazon amazon amazon amazon amazon amazon
参考価格 ¥1,078 ¥770 ¥920 ¥956 ¥796 ¥660

※価格は2022年1月現在

まとめ

OD缶の失敗しないサイズの選び方!直径や高さ・燃焼時間も解説!

今回はシングルバーナーのガス燃料であるOD缶についてご紹介してみました。

携帯コンロの燃料であるCB缶と比べて、OD缶は寒さに強くアウトドアの使用に最適なガス燃料です。各メーカーからさまざまな種類が販売されており、使用用途に最適なOD缶を選ぶにはガス成分やサイズ別の特徴を知ることがポイントです。

ぜひ今回の記事を参考に、ご自身のアウトドアスタイルに最適なOD缶を選んでみてくださいね。

OD缶CB缶どっちがコスパが良い?互換性や違いも解説!【詰め替えは違法?】
OD缶CB缶どっちがコスパが良い?互換性や違いも解説!【詰め替えは違法?】OD缶とCB缶のコスパは、どっちが良いか気になる方も多いのではないでしょうか。当記事ではアウトドアバーナーの気になる燃料による特徴や違い...
分離型シングルバーナー
分離型シングルバーナーのメリットとは?おすすめをod缶cb缶に分けて紹介!シングルバーナーは「一体型」と「分離型」が存在し、od缶とcb缶、ガソリンの3種類の燃料を使用する専用のアイテムも存在するので、初心者が...
ABOUT ME
ZEEN
元アウトドアショップスタッフのWEBライター
こんな記事もおすすめ