テント・タープ・ハンモック

安いポリコットン(TC)テントのおすすめをソロ・ファミリーに分けて紹介!

安いポリコットン(TC)テントのおすすめをソロ・ファミリーに分けて紹介!

テントを探していると「ポリコットン」という素材をよく耳にしますね。

ポリエステルとコットンの良いとこ取りをした生地で扱いやすく、オールシーズン快適に使えると人気がある一方で「ポリコットンテントは高い」というイメージもあり、ファーストテントとしてはもちろん買い替えを考えている方の中でも敬遠される方も多いはず。

そこで今回は、お手頃な価格のポリコットンテントを紹介します!ソロ・デュオ向けとファミリーキャンパー向けで分けて紹介するので参考にしてくださいね。

ポリコットン(TC)テントのメリット・デメリット

ポリコットン(TC) テント デメリット

ポリコットンテントはポリエステル素材とコットン素材のメリットを併せ持つ生地なのでメリットが多いと大変人気ですが、もちろん気になる点もあります。ここではメリットとデメリットを紹介します。

メリット

夏は涼しく冬は暖かい

通気性が優れているので夏は涼しく、断熱性も高いので冬は暖かく過ごすことができます。生地に厚みがあるので遮光性も高く、日差しの強い夏の時期はもちろん、標高の高いキャンプ場や沿岸部のキャンプ場などでも日陰をしっかり確保できますよ。

火の粉に強い

耐熱性が高いので焚き火を近くでしたり、薪ストーブをインすることも可能です。「燃えにくい」生地であって「燃えない」生地ではないので、ストーブをインするときには煙突部分に保護シート加工を施すなどしてくださいね。

結露しにくい

ポリコットンは吸湿性も高いのでテント内の湿度を適度に保ってくれ、通気性にも優れていることもあり結露しにくいです。冬キャンプでポリエステル製のテントを使うと結露でテント内のギアが濡れることがありますが、その心配が軽減されますよ。

デメリット

重さがある

ポリコットン製のテントは同じサイズのポリエステル製のテントと比較すると倍近くの重量があります。持ち運びや設営、撤収を基本1人で行うという方は重量も確認しましょう。

乾燥作業は必須

吸水性が高いため結露は防げるものの、雨に濡れたり水分を含むとテント自体が重くなり撤収作業が大変になります。また、湿ったまま収納してしまうとカビや臭いの原因となるので、長く綺麗な状態で使うためにも収納前には必ず乾燥作業を行いましょう。

デメリットをあらかじめ知っておくと対策も練れますよ。

ポリコットン(TC)とコットンの違いは?

ポリコットン(TC) コットン 違い

ポリコットンのメリットとデメリットをお伝えしましたが、テントに詳しい方は「これってコットンと一緒じゃない?」「コットンテントを買っても一緒?」と思ったのではないでしょうか。ですが、ポリコットンはコットンより「扱いやすい」生地になりますよ。

テントでご説明すると、ポリコットンテントは素材にポリエステルが混紡されているので、乾燥作業が必須な点は変わりませんがコットン100%の生地と比べ乾きが早いです。また重量も同じ大きさのテント同士で比較するとポリコットンテントの方が軽量になり、持ち運びがしやすくなっています。

パッと見た時のデメリットは同じように見えますが、「扱いやすさ」「メンテナンスのしやすさ」をより重視したい方はポリコットン素材のテントを選ぶのがおすすめです。

ポリコットン(TC)テントの選び方

最近では様々なメーカーからポリコットンテントが出ています。ここではポリコットンテントの選ぶ際に押さえておきたいポイントをお伝えしますのでキャンプ初心者の方、ファーストテントとして購入する方は特にチェックしてくださいね。

ソロキャンプ

ポリコットン(TC) テント ソロ

ソロキャンプでの使用を考えている方はできるだけコンパクトで軽く、持ち運びしやすいものを選びましょう。テントとタープが一体化したような形のテントであれば、荷物の削減にもつながりますね。

ファミリーキャンプ

ポリコットン(TC)テント デメリット

ファミリーキャンプなど大人数で使う時には居住性も大切です。「大人何人寝られるか」だけでなく、人数分の荷物を置いたり、急な雨などでギアを非難したりお籠りキャンプに変更してもストレスのない空間があるかなど、寝るスペース+αの余裕があるサイズ選びをしましょう。

収納サイズ

ポリコットン(TC)テント

ポリコットンは少し厚みのある生地になるので、収納サイズも大きくなる傾向にあります。できるだけ収納サイズが小さい物を選ぶと積載問題に悩まなくていいですし、家での保管もしやすいですね。

ポリコットン(TC)テントの形状や組み立てやすさの違い

設営がスムーズにできると、その分ゆっくりする時間が多く取れますね。テントの形状によっても組み立てのしやすさが変わってきますよ。

パップテント風

安いポリコットン(TC)テント

ワンポールテントほど設営が簡単ではないですが、高さが無いので初心者の方でも比較的設営がしやすいテントです。無骨で男らしいソロキャンプにおすすめです。

ワンポール

安いポリコットン(TC)テント

周囲をペグダウンした後、中央に1本ポールを立てるだけなので、初心者でも簡単に設営することができます。比較的大きなテントでも一人で設営することができますよ。見た目もスタイリッシュで人気のある形です。

ベル型

安いポリコットン(TC)テント

こちらも中央にポールを1本立てるだけなので設営が簡単にできます。サイド部分も立ち上がっているのでテント内の空間を無駄なく広々と使うことができます。大人数でのキャンプに特におすすめです。

ポリコットン(TC)テントは耐水圧が低い?

ポリコットン(TC)テント 耐水圧

お手頃な価格のポリコットンテントを見てみると、耐水圧が350mmというものもあり一般的なテントと比較して低いので心配になる方もいます。ですが、安心してください!

確かに一般的なポリエステル製などのテントを選ぶ時の耐水圧の目安は2,000mm程度とされていますが、ポリコットン製のテントは吸水性があり、水を吸収することで生地目が詰まり防水性を高める構造となっているので350mm程度の耐水圧であっても十分に使うことができます。

もちろん、悪天候時や降雪地でもキャンプを楽しみたい方は耐水圧が高いに越したことはありませんが、基本的に天気が安定しているときでの使用を考えている方は350mm程度を目安に選んでも問題ありません。心配な方は防水・撥水加工が施されているかなども併せて確認しておくと安心です。

ちなみに、一般的な傘の耐水圧は200~500mm程度となりますよ。

【安い】ソロ・デュオおすすめのポリコットン(TC)テント

お待たせしました!ここからは、お手頃な価格のおすすめのポリコットンテントを紹介します。
まずはソロキャンプ・デュオキャンプにおすすめの持ち運びしやすいコンパクトサイズをメインに紹介しますね。

WAQ Alpha TC ワンポールテント

本体サイズ 幅240 ×奥行き240 ×高さ150cm
収納サイズ 幅57 ×奥行き22 ×高さ22cm
重量 約6.5kg
耐水圧
素材 <生地>ポリコットン <フレーム>アルミ合金

ティピー型なので設営は非常に簡単な上、テントとタープが一体化したような形をしているので1度の設営で広々とした空間を作ることができます。大胆に開いた入り口のフラップによりスムーズな動線も確保できますよ。タープを別で持って行く必要がなくなるので荷物も減らせますね。

評判の高い!WAQテントの口コミレビュー!alpha t/cの張り方やサイズ感も詳しく解説!
WAQテントのレビュー!口コミでも評判の高いalpha t/cの張り方やサイズ感も詳しく解説!ソロキャンプにおすすめの大人気テント、WAQの「alpha t/c」は2020年に発売され、すぐに完売したテントです。 ソロキャンプと...

BUNDOK(バンドック)ソロティピ― 1TC

本体サイズ 幅240 ×奥行き240 ×高さ150cm
収納サイズ 幅60 ×奥行き17 ×高さ17cm
重量 約4.8kg
耐水圧 <フロア>約5,000mm
素材 <フライ>コットン混紡生地 <インナー>ポリエステルメッシュ <ポール>アルミ合金

フラップを装備しているのでプライベート感を保ちつつ、開放的な入り口と広々とした前室も確保できます。様々なアレンジ張りも楽しめますね。スカート付きで冷気の侵入を軽減してくれるので冬キャンプでも使えますよ。

ソロティピー1TC(バンドック)詳細レビュー!【BUNDOK BDK-75T】「ソロティピー1TC」は、バンドックから2020年の新製品として発売されたワンポールテント。もともと販売されていた「ソロティピー1」に改...

BUNDOK(バンドック)ソロベース

本体サイズ 幅360 ×奥行き190 ×高さ110cm
収納サイズ 幅40 ×奥行き20 ×高さ20cm
重量 約4.48kg
耐水圧 <フロア>約3,000mm
素材 <フライ>コットン混紡生地 <インナー>ポリエステルメッシュ <ポール>アルミ合金

パップテント仕様のテントで男心をくすぐるミリタリー感があります。付属のインナーテントはメッシュ素材となっているので夏場も通気性良く快適に使用できますよ。前室もゆったり広く使えます。

冬にも対応のバンドック「ソロベースEX」詳細レビュー!BDK-79TCとの違いも比較解説!
冬にも対応のバンドック「ソロベースEX」詳細レビュー!BDK-79TCとの違いも比較解説!ソロベースEXは、バンドックから2020年6月に発売された新作のテントです。2019年発売の大人気商品「ソロベース」にいくつもの改良をほ...

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン) サーカスTC MID+

本体サイズ 幅485 ×奥行き462 ×高さ310cm
収納サイズ 28×25×69cm
重量 (約)12.9kg
耐水圧
素材 <フライ>コットン混紡生地 <スカート>ポリエステル <ポール>スチール製5本継ぎ(φ35mm/310cm)

MID+はコスパの高さで根強い人気を誇るサーカスTCより少しだけ広く、ソロでもデュオでもゆったりと使える絶妙なサイズ感となっています。スカート付きで冬でも使えますし、2箇所の出入り口で風通しが良く夏キャンプでも快適に使えますよ。

OneTigris SOLO HOMESTEAD ポリコットンTCテント

本体サイズ 幅400 ×奥行き240 ×高さ160cm
収納サイズ φ23 ×幅59cm
重量 約8.5kg
耐水圧 約350~400mm
素材 <フライ>コットン混紡生地 <ポール>7075アルミニウム合金

シェラカップやランタンを吊り下げるためのウェビングベルトが付属していたり、ガード付きの煙突口が備わっていたりとオールシーズン快適に使えるための工夫が凝らされたテントです。他テントではあまり見かけない半円型の通気口など、デザイン性の高さも人気の理由です。

【野営向き】OneTigris(ワンティグリス)テント・タープ全種類を紹介!【TC/ナイロン】
【野営向き】OneTigris(ワンティグリス)テント・タープ全種類を紹介!【TC/ナイロン】野営スタイルのキャンプを始めてみたいけど何かと装備が高額で二の足を踏んでいる方が多いのでは?今回はそんな方におすすめの新鋭ブランド「On...

Gonex ワンポールテント TC テント

本体サイズ 幅300 ×奥行き300 ×高さ180cm
収納サイズ φ30 ×幅60cm
重量 約5.8kg
耐水圧
素材 <フライ>320G TC素材 <フロア>300Dオックスフォード <ポール>7075アルミニウム合金

320G TC素材に加えフロアには300Dのオックスフォード生地を使用しているので、耐水性、防カビ性が高いです。煙突口がすでに開いているので冬キャンプでは薪ストーブをインして楽しめますよ。重量が約5.8kgと非常に軽いのでツーリングキャンプにもおすすめのテントです。

GoGlamping 軍幕タープ tc

GOGlamping 軍幕 タープ tc
GOGlamping

本体サイズ 幅378 ×奥行き288cm
収納サイズ φ18 ×幅50cm
重量 約3.4kg
耐水圧 約500mm
素材 ポリコットン

GoGlampingの軍幕タープは長方形のタープの真ん中に切れ込みが入っていて、変幻自在に張り方を変えられるパップテントになっています。値段は必要な付属品が揃って15,000円以下と非常にお手頃ですが、ハトメ加工が施されていたりとしっかりとした作りになっていますよ。

DOD(ディーオーディー) カンガルーテント

本体サイズ 幅220 ×奥行き150 高さ128cm
収納サイズ φ21 ×幅70cm
重量 約4.3kg
耐水圧 <フロア>約5,000mm
素材 <壁面>コットン <フロア>210Dポリエステル(PUコーティング)<フレーム>アルミ合金

使用するテントの中にこちらをインすれば、カンガルースタイルのキャンプが楽しめます。就寝用として分けることでテント内のレイアウトをしやすくなるだけでなく、暖房効率も高まりますよ。ワンタッチ構造で設営も簡単です。

【レビュー】DODカンガルーテントSは夏・冬対応のコットンテント!サーカスtcでカンガルースタイル!
【レビュー】DODカンガルーテントSは夏・冬対応のコットンテント!サーカスtcでカンガルースタイル!DODカンガルーテントSの購入を検討している方で気になるのが、実際に利用してみた使用感ではないでしょうか。当記事ではDODカンガルーテン...

【安い】ファミリーにおすすめのポリコットン(TC)テント

続いて居住性の高いファミリー向けのポリコットンテントを紹介します。冬のお籠りキャンプにもぴったりな広々とした空間が魅力のテントが揃っていますよ。

山善 キャンパーズコレクション コットンテントCNT-300【Amazon限定】

本体サイズ 幅300 ×奥行き300 ×高さ250cm
収納サイズ
重量 約12.8kg
耐水圧
素材 ポリコットン

こちらはamazon限定のファミリー向けポリコットンテントです。スカート付きで雨風の侵入を軽減してくれるので冬でも暖かく過ごせますよ。天井に装備されたベンチレーションで換気はしっかりできるのでお籠りキャンプも安全に楽しめます。

TOMOUNT TCベルテント

本体サイズ φ300 ×高さ200cm
収納サイズ
重量
耐水圧 約3,000mm+防水PUコーティング
素材 200GSMコットン35%、ポリエステル65%

お手頃な価格でありながら耐水圧約3,000mm+防水コーティング加工で、雨天時や降雪時にも安心して使えます。耐熱生地を施した煙突穴も付いていて薪ストーブをインできますよ。サイドと上部に設置された窓で換気も効率よく行えます。

SoomloomテントHAPI 4P+inner tent

本体サイズ 幅450 ×奥行き430 ×高さ280cm
収納サイズ φ25 ×幅80cm
重量 約15.8kg
耐水圧 約350mm
素材 ポリコットン

耐水圧が350mmですが撥水加工とカビ防止加工が施されているので、突然の雨でも安心して使うことができます。タープとしても使えるドアパネルはアレンジ自在で、環境や使用人数に応じて多彩なレイアウトを楽しむことができますよ。

TOMOUNT ワンポールテント

本体サイズ 幅300 ×奥行き300 ×高さ250cm
収納サイズ 幅75 ×奥行き28 ×高さ25cm
重量 14 kg
耐水圧 1000mm以下
素材 ポリコットン

グランドシートがとても分厚く頑丈な材質でできているので、お座敷スタイルにおすすめ。スカート付きで冬キャンプでも暖かく過ごすことができます。

DOD(ディーオーディー) レンコンテント

本体サイズ 幅390 ×奥行き390 ×高さ260cm
収納サイズ 幅68 ×奥行き23 ×高さ23cm
重量 (約)12kg
耐水圧 350mm
素材 ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)

居住スペースとしての使用だけでなく、テント上部360°に配置された大きな窓により、テント内でストーブの使用や焚き火もできる冬キャンプに特化したワンポールテント。

FIELDOOR(フィールドア) ワンポールテント 400

本体サイズ 幅400 ×奥行き350 ×高さ215cm
収納サイズ φ24 ×幅62cm
重量 約7.4kg
耐水圧
素材 <フライ>ポリコットン <インナー・フロア>ポリエステル <ポール>スチール <ペグ>超々ジュラルミン(A7075系)

家族でゆったりと過ごせるスペースがありながら、重量はわずか7.4kgと軽量なので持ち運びもしやすいです。別売りのグランドシートやタープ、テーブルなどとの相性も良く、家族とのキャンプスタイルに合わせてサイトコーディネートを楽しむこともできますね。

glamcamp ベルテント コットン 4M

本体サイズ 幅370 ×奥行き370 ×高さ250cm
収納サイズ
重量
耐水圧
素材 コットン

こちらのテントはコットン100%のテントです。薪ストーブをインするのに便利な煙突口が付いている上に、コットン100%なので耐熱性も抜群で安心して冬キャンプを過ごせますね。低価格ですが二重縫製になっていたりと作りもしっかりしていますよ。

おすすめファミリーテント
ファミリーテントおすすめ17選【2021】コスパに優れた3人~6人家族用の人気テントキャンプでは様々な道具が必要になりますが、その中でも、重要なベース基地となるのがテントです。 アウトドアブランドからたくさんの種類が発...

まとめ

ナチュラルな風合いと扱いやすさが魅力のポリコットンテントを紹介しました。どれも思ったよりお手頃な価格で、これからの冬キャンプにぴったりなテントも多くあったかと思います。

夏は涼しく冬は暖かいポリコットンテントは季節通して快適に過ごせるので1つは持っておきたい素材のテントです。同じポリコットン製でも形状によって過ごしやすさや設営のしやすさも変わってくるので、ご自身のスタイルに合うテントを探してみてくださいね。

カンガルースタイルにおすすめのインナーテント12選!デメリットはある?夏でも冬でも快適キャンプ!大型テントやシェルターの中に小型テントをINするカンガルースタイル。夏でも冬でも、より快適なキャンプができると評判で、カンガルースタイル...
薪ストーブが使える?ソロテントのおすすめ7選!煙突の出し方や火の粉対策も紹介。
薪ストーブが使える?ソロテントのおすすめ7選!煙突の出し方や火の粉対策も紹介。薪ストーブがテントの中で使えると、今までは寒くてなかなか行く気にならなかった冬のキャンプが、とても快適に、より楽しくなります。 し...
ABOUT ME
kyon-si
ひきこもりから、キャンプ歴8年。 キャンプ道具が自宅に入りきらなくなってきたので、都内から引っ越し。長期休暇があれば夫婦2人で長期キャンプ旅へ出かけています。 愛車はジムニーとランクル80ですが、ペーパーゴールド免許。田舎道で練習中。
こんな記事もおすすめ