キャンプなどアウトドアで楽しみの1つである焚き火。
着火剤を使って火を着けても良いのですが、フェザースティックを作って着火させるとよりアウトドアの雰囲気があり楽しめます。
ここでは、フェザースティックの作り方から、フェザースティック作りの為におすすめしたいナイフの紹介までしていきます。
自然にある物を使って過ごすことこそがアウトドアの醍醐味と言えます。
フェザースティックを覚えて一段上のアウトドアを楽しみましょう。

フェザースティックとは

フェザースティックとは、薪などの木材を使った着火剤です。
バトニングと呼ばれるナイフ1本で薪を割る技術に付随し、木材の表面をフェザー(羽毛)のように薄く削ることで、火が着きやすい木の棒を作ります。

最近では自然に優しい着火剤もありますが、その場でフェザースティックを作り、火起こしをするのはアウトドア好きにとって楽しい瞬間でもあります。
また、着火剤を忘れた時などでも火をつけやすいのでフェザースティックは重宝するのです。

スポンサーリンク

フェザースティックの作り方

松ぼっくりも着火剤として使える事は知っている人も多いと思いすが、どこにでもあるとは限りません。
フェザースティックの作り方を知っているといざという時に役立ちます。

必要な道具

フェザースティックを作るのに必要な道具は薪とナイフ、これだけです。
いきなり大きい薪から作ろうとするととても大変なので、まずは斧やナタで手頃な太さに薪を割ってからフェザースティック作りに取り掛かりましょう。

焚き火では乾いた木材でないと火が着きにくいですが、フェザースティックにすれば多少湿っていても着火します。
しかし、乾いていた方が火が着きやすいのは間違いありませんので、できれば乾いた薪を使うようにしましょう。
ちなみに広葉樹より針葉樹のほうがおすすめです。
ナイフは安価なものでは刃こぼれを起こしてしまう可能性があるので、アウトドア用の丈夫なナイフを使うようにしましょう。

フェザースティック作りのコツ

フェザースティックの作り方は非常にシンプルです。
適度な太さの薪の表面を薄く削っていくだけです。
その際、完全に削り取るのではなく、目元をわずかに残しておくことで羽毛のように薄い削りかすが重なっていきます。

薄く削る
フェザースティック作りにはいくつかのコツがあります。
その1つが薄く削る事です。
初心者がこれをやろうとすると意外と難しいのです。
ポイントはナイフを持つ手の親指を立てずに5本指で柄をしっかりと握る事。
そして手首を動かすように削っていきます。
そうする事で薪を薄く削ることが出来ます。

木材の向き
もう一つのコツは木材の向きです。
薪の表面を指でなぞるとひっかかる方向と滑らかな方向があるのが分かると思います。
薄く削るには滑らかな方向に沿って削っていくと木材の繊維に沿って削れるので、薄く削りやすいです。

フェザースティックを作っている途中で切れてしまった削りかすが沢山出ると思います。
この削りかすも集めれば着火剤として使えるので捨てずに集めておくと良いでしょう。

フェザースティック作りはシンプルですが実は難しいものです。
キャンプ場でいきなり作ろうとしてもなかなか上手くいかない事もあるので、事前にある程度練習をしておくと良いでしょう。

フェザースティック作りにおすすめのナイフ5選!

フェザースティック作りに最適なおすすめナイフをご紹介します。

モーラ・ナイフCompanion Heavy Duty MG




スウェーデン中部のモーラ地方では、豊富にある木材と鉄を使い古くからナイフ作りが盛んに行われてきました。
1600年ごろには切れ味の良いナイフを作る地域として有名になります。

モーラ・ナイフはそんな歴史ある技法を受け継いだ職人によって丈夫で切れ味の鋭いナイフを作っており、その品質はスウェーデン国王からも高い評価を受け王室御用達の認定を受けています。

こちらのナイフはそんなモーラ・ナイフの中でも軽くて扱いやすいので、初心者から上級者まで愛用している人が多いのが特徴です。
そして軽いだけでなく刃こぼれしにくい丈夫な刃は、もちろん切れ味も抜群です。

サイズ:刃の長さ10.4cm×刃厚3.2mm 全長22.4cm
重量:101g
素材:ブレード/カーボンスチール グリップ/ラバー


はじめてのナイフだったので心配してたのですが、とても持ちやすく、大きさも丁度良く、切れ味も抜群でした❗️
はじめてのフェザースティックも気持ちよく作れましたよ

LITE MY FIRE(ライトマイファイヤー)ナイフ




こちらもナイフ作りに定評のあるスウェーデン産のナイフです。
グリップ部分にファイヤースターターを内蔵しているので、万が一マッチやライターを忘れてもこれ1本でフェザースティック作りから着火まで行える優れものです。
刃はサビにくいステンレスを使用。
丈夫で長持ちする素材なので、お気に入りの1本を長く使う事が出来ます。
ブラック・レッド・シアンブルーなど様々なカラーが取り揃えられているので、好みに合わせてお気に入り見つけてみましょう。

素材:ブレード/ステンレススチール グリップ/TPE
ファイヤースターター/マグネシウム


使い勝手は良いです。ブレードの形状が途中から変わっているので、用途は広がります。
先っぽで食材を、根元はバトニングやフェザースティック作りに合いました。
着火も使いやすかったです。(アルコールストーブの点火)

OPINEL(オピネル)カーボンスチール




フランスで古くから作られており、今や4大陸で販売されているほど人気のある「オピネル」。
世界中で多くの冒険家たちが愛用し、ピカソも使っていたと言われるオピネルは、アウトドア好きの間で最もポピュラーなナイフの1つと言えます。
創業以来変わらないグリップのデザインは、持ちやすく力を入れやすい形となっていて、細部まで計算されています。
ブレードの素材はハイカーボンスチールなので、ハードに使う事が多いアウトドアでも刃こぼれを気にせず安心して使うことが出来ます。
こちらのナイフは持ち運ぶ事の多いアウトドアでも使いやすいフォルディングナイフです。

サイズ:全長19.5cm ブレード8.5cm グリップ10.5cm
素材:ブレード/ハイカーボンスチール グリップ/ブナ


趣味の魚釣りやキャンプ等で昔から愛用してます。
実用的な価格、利用できる範囲の汎用性の高さ、実用向きのナイフながらフランス製品らしい美しく絶妙なデザイン。
20年以上前から愛用していて、これなくして自分のアウトドアライフは成り立たないくらい重要なアイテムです。

Muela(ムエラ)バイキング




ブレードに使われているのは、ゴルフのグラブや狩猟用ナイフにも使われるジャーマンステンレスを使用。
とても丈夫で扱いやすい素材です。
そんなジャーマンステンレスをCRYO-T呼ばれる極低温処理によってポテンシャルを最大限に引き出したのがこちらのナイフです。
丈夫な素材を使っているのでバトニングに最適なナイフで、バトニングの技術を応用するフェザースティック作りでも大いに役に立つナイフです

サイズ:全長23.5cm ブレード長さ11cm×刃厚4mm
重量:201g
素材:ブレード/ジャーマンステンレス グリップ/バーチウッドシース

カウハバン プーコパヤ(Kauhavan Puukko Paja)プーッコ

「プーコ」とはフィンランドの言葉で「ナイフ」の意味です。
「カウハバンプーコパヤ」とは「カウハバのナイフ職人」という意味があります。
フィンランドのカウハバにはナイフ職人がいて、北欧らしい木製のグリップに職人の技術を駆使したブレードが特徴的なナイフを作っています。

鍛造ブレードから量産ブレードまで様々なナイフ作っていますか、そのどれもが伝統的な技術によって仕上げられた本格的なプーッコです。
その為、切れ味はよく扱いやすいナイフと定評があります。
フィンランドでは「ナイフは森の必需道具」と言われており、義務教育でプーッコ作りの授業があるほど慣れ親しまれています。
そんな伝統的に愛されている歴史あるプーッコだからこそ、アウトドアに最適なナイフと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

出来る限り現地にあるものを使い過ごすのは、アウトドアの醍醐味と言えるでしょう。
フェザースティックを自分で作り火起こしから始めるのは、アウトドアをより楽しむことが出来ますね。
そんなフェザースティック作りに欠かせないナイフもまた、アウトドアでは必需品ですね。
火起こしだけでなく様々な事に使うナイフはハードな仕様にも耐えられるタフさと、切れ味の良いブレードを選びましょう。

スポンサーリンク