キャンプナイフ

バドニングナイフ最強はフルタング!固い薪では安いナイフは折れる!?

バドニングナイフ最強はフルタング!固い薪では安いナイフは折れる!?

バトニングナイフはブッシュクラフトでバトニング(薪割り)する際に、切っても切れない存在です。ナイフで華麗に薪を割り焚き火する姿に憧れを抱く人も多いことでしょう。

「バトニングをやってみたい」そう思っても、実際どんなナイフがバトニングに適しているかといった判断は難しいところです。

今回はバトニングナイフを選ぶ際のポイントを解説しつつ、おすすめのバトニングナイフをご紹介します。自分に合ったナイフを見つけて快適なブッシュクラフトをお楽しみください。

バトニングナイフとは

バトニングナイフとは

バトニングナイフはブッシュクラフトでは欠かせない技術である「バトニング(薪割り)」に用いるナイフを指します。バトニングでは薪にナイフをあてがい、もう一本の薪でナイフの背側を叩くことによって打ち込み、薪を割ります。斧や鉈を使うこともありますが、軽量かつ常に携行できる取り回しのよいナイフを好む人も少なくありません。

バトニングナイフを選ぶ重要なポイントは?

バトニングナイフを選ぶ重要なポイントは?

一概にバトニングナイフと言っても種類はとても多く、適したナイフを選ぶには骨が折れます。そこで、バトニングナイフを選ぶ際に重要なポイントをご紹介します。

バトニングにはナイフの強度が必要!

バトニングナイフには強度が必要

バトニングではナイフのブレードの背を叩いて薪に打ち込み、割っていきます。当然、ナイフには相当な負担がかかるため華奢なものであれば破損してしまうだけではなく、折れたナイフによって怪我をしてしまうことも。そのため、バトニングナイフでは強度が最も重要視されます。

バトニングするならシースナイフ!

バトニングにはシースナイフ

バトニングナイフに適したタイプはシースナイフです。シースナイフはブレードとハンドルが一体となっているため、フォールディングナイフのようにハンドル内にブレードを折りたたむことはできません。

しかしながら、構造上強度が最も高くバトニングナイフではこのシースナイフ一択と言っても過言ではありません。

バトニングには刃厚が必要!

バトニングにはナイフの刃厚が必要

ブレードの厚さを刃厚と呼びます。刃厚は強度だけでなく薪の割りやすさに直結するため、重要な要素です。

バトニングでは薪を切るのではなく押し広げるように割っていきます。刃厚が厚ければ、それだけ広げる力が強いので、あまり負担をかけずに割ることが可能です。

一方で薄いものはナイフ自体の押し広げる力が弱いため、余計に力を込めなければいけません。さらに、ブレードが挟まって抜けなくなるリスクも高くバトニングには不向きと言えます。

バトニングをナイフでするには長さも必要

バトニングをナイフでするには長さが必要

バトニングでナイフを薪に打ち込み、ブレードが完全に薪に入った後はナイフの刃先側を叩いて割り進めていきます。この時にブレードが短いナイフでは刃先が埋まってしまい、上手く割ることができません。少なくとも割りたい薪の幅を数cmは超える長さが必要です。

バトニング最強はフルタングナイフ!

バトニング最強はフルタングナイフ!

タングとはナイフのハンドルを取り付けるために必要な金属部分を指します。ブレードはハンドルとの境で固定されているわけではありません。ハンドル内部まで伸長しており、この内部の金属部分がタングです。

この部分の形状は剛性や重量、重心に大きく影響しますが、中でもバトニングに最適なタングが「フルタング」です。

フルタングナイフとは?

フルタングナイフの特徴

フルタングはハンドル部とタングが同じ形状をしており、ブレードとタングが一体となっているため最も頑丈なタングと言えます。

バトニングではハンドルの根元に一番負荷がかかります。フルタングであればハンドル全体で支えられるので破損するリスクを抑えることが可能です。

安いナイフでは折れる可能性も

出典:instagram

安いナイフをバトニングナイフとして使うことはおすすめできません。安かろう悪かろうのナイフは材質や構造の面で耐久性に欠ける場合があります。

バトニングはナイフに高い負荷がかかる技術なので、そうしたナイフは破損のみならず怪我の原因になりかねません。値段は張るかもしれませんが、信頼のできるナイフを選ぶことをおすすめします。

最強バトニングナイフのおすすめをフルタングで厳選!

出典:instagram

数あるバトニングナイフの中から、おすすめのフルタングナイフをご紹介します。どれも強度は折り紙付きなのでご安心を。最強で最高のバトニングナイフを選んでみてください。

バークリバー(BarkRiver)ブラボー1 A2

<商品スペック>

  • サイズ:230mm
  • ブレード長さ:107mm
  • 刃厚:5.5mm
  • 重量:209g
  • ブレード:A2鋼
  • ハンドル:ブラックキャンパスマイカルタ

ナイフブランドとして名をはせるバークリバー社の代表作「ブラボー1」。刃厚が5.5mmありフルタングなのでバトニングには十分な強度を持ちます。ブレード鋼材に使われているA2鋼は靭性に優れ刃こぼれしにしにくい上に切れ味も申し分ありません。

また、ハンドルには高強度のキャンパスマイカルタが用いられているため、ブレードからハンドルまでタフな一本に仕上がっています。

ファルクニーベン(FALLKNIVEN)F1z

<商品スペック>

  • サイズ:210mm
  • ブレード長さ:97mm
  • 刃厚:4.5mm
  • 重量:150g
  • ブレード:ラミネートVG10
  • ハンドル:サーモラン

ナイフメーカーであるファルクニーベン社製のF1z。このナイフはスウェーデン海軍が正式に採用する程、実用性に長けています。ブレードの長さは97mmとやや短めですが、刃厚は4.5mmとかなりの厚みを持ちます。

ブレード鋼材はVG10鋼材をさらに420J2鋼材で挟み込んだラミネート構造。耐摩耗性に優れ靭性も高く耐久性は折り紙付きです。小さいながらも強度と取り回しのよさを兼ね備えた素晴らしいナイフです。

ケーバー(KA-BAR)ベッカー BK2

<商品スペック>

  • サイズ:273mm
  • ブレード長さ:121mm
  • 刃厚:6.6mm
  • 重量:426g
  • ブレード:1095Cro-Van鋼
  • ハンドル:グリボリー

バトニングナイフの中でも大型の部類に入るベッカー BK2。ブレードの長さの121mmもさることながら刃厚は6.6mmとかなりの厚みがあります。もちろんフルタングなので耐久性は相当なもの。

ブレード鋼材に使われている1095Cro-Van鋼は鋭い切れ味を生みます。炭素鋼なので「錆びやすいのでは?」と思われるかもしれませんが、ブラックコーティングが施されているため錆びにも強いです。

モーラナイフ(Morakniv)ガーバーグ ステンレスレザーシース

<商品スペック>

  • サイズ:229mm
  • ブレード長さ:109mm
  • 刃厚:3.2mm
  • 重量:170g(ナイフのみ)
  • ブレード:14C28N ステンレス
  • ハンドル:ポリアミド

モーラナイフ最強のフルタングモデルのガーバーグです。最強モデルの名に恥じないスペックで、バトニングやフェザースティック、料理にもガーバーグ1本で対応できます。また、高級感があるレザーシースもエージングを楽しむことができ、長く愛用できる1本です。

ガーバーグ(ステンレス)レザーシースをレビュー!【フルタング】他のモーラナイフとの違いも比較!ガーバーグ(ステンレス)レザーシースはモーラナイフの人気モデルで、モーラナイフ最強のフルタングナイフとして知られています。数あるナイフの...

G・サカイ SABI KNIFE-5 ワイルドハンター

<商品スペック>

  • サイズ:267mm
  • ブレード長さ:137mm
  • 刃厚:4.0mm
  • 重量:195g
  • ブレード:H-1
  • ハンドル:FRN(ガラス繊維強化ナイロン)

国産メーカーであるG・サカイによって製造されたSABI KNIFE-5ワイルドハンターは汎用性が高いことで有名なナイフです。

もちろん、バトニングも例外ではなく十分なブレードの長さと刃厚は軽快なバトニングを可能にします。ブレード鋼材にはH-1鋼が採用され、高い強度と抜群の防錆性を誇ります。

土佐アウトドア剣鉈 120

<商品スペック>

  • サイズ:265mm
  • ブレード長さ:120mm
  • 刃厚:4.0mm
  • 重量:230g
  • ブレード:青紙2号
  • ハンドル:樫柄

国産メーカーである鍛冶屋トヨクニ製造の土佐アウトドア剣鉈120。シンプルかつ落ち着いたデザインと優れた耐久性から高い評価を得るナイフです。

ブレード鋼材に用いられている青紙2号は靭性と耐摩耗性に優れ、刃こぼれしにくいことから安心してバトニングに用いることができます。

フェザースティックを作りやすいナイフと木材の種類とは?作り方のコツも解説!ナイフでのフェザースティック作りはキャンプを趣味としている方であれば習得しておきたいスキルのひとつです。焚き火をするときや薪ストーブに火...
バトニングに適したキャンプナイフの選び方!正しいやり方やおすすめナイフもご紹介!バトニングができると、ブッシュクラフトや焚き火がより楽しくなります。上手にバトニングをするためには正しいやり方を知っておくことも重要です...

バトニングナイフ最強はフルタングのまとめ

バトニングナイフ最強はフルタングのまとめ

バトニングナイフは使用上、耐久性が求められるため大型で重量のあるものが多いです。そのため、きらびやかな見た目ではないかもしれませんが、洗練された造形美と確かな存在感に所有欲を駆り立てられます。

まだお持ちでない方は相棒と呼べる一本を探してみてください。最強フルタングナイフ一本で積み上げた薪に火をつけるその瞬間は達成感と満足感に浸れる至福の時となるはずです。

ファイヤースターター
【初心者必見】ファイヤースターターの使い方のコツとは?おすすめもご紹介!ファイヤースターターは別名メタルマッチとも呼ばれ、キャンプで焚火をするときに使用するアイテムです。ライターやガスバーナーを使用すると簡単...
火打石の使い方とは?原理や火口の作り方も知ってキャンプの火起こしに挑戦!
キャンプ用火打石の使い方とは?原理や火口の作り方も知って火起こしに挑戦!火打ち石はファイヤースターター以上にワイルドで原始的な火起こしの道具。現代においては物好きな人以外はまず手にすることのない火打ち石ですが...
こんな記事もおすすめ