リュック

サイバトロンのバックパックをレビュー!ソロキャンプのパッキング例も紹介!

サイバトロン3Pタクティカルは頑丈で機能的、そして低価格なのが魅力のバックパック。Amazonでの星の数は4.5ほど、レビューの数は約200件にものぼる超人気商品です。

今回は数多くのキャンパーから絶大な支持を得ているサイバトロン3Pタクティカルをレビューし、その魅力をお伝えします。ハンモック泊やポーランドの軍幕泊のパッキング例も紹介してますので、このバックパックが気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

山行こ編集部

サイバトロンのバックパックとは

サイバトロンは2011年に設立されたメーカーで、ミリタリー関連のアイテムや、アウトドア用のグローブ・アパレルなどをメインに製作しています。

そのサイバトロンの商品の中でもとくに人気なのが、サイバトロン3Pタクティカル37Lです。厚みがあるナイロン生地で作られているため過酷な環境にも耐え、大容量で便利なポッケットがたくさんついているので、たくさんの荷物を効率的にパッキングできます。

ヒロシさんも愛用のサイバトロン3Pタクティカル

サイバトロン3Pタクティカルは、YouTubeにキャンプの動画を投稿している芸人のヒロシさんが愛用していることでも知られています。

ヒロシさんはキャンプの道具に関してはかなりのこだわりを持っている方です。そのような人が自分の大切なキャンプ用品を入れて持ち運ぶツールとして、このバックパックを選択している。その事実からも、サイバトロン3Pタクティカルの優秀さをうかがい知ることができます。

サイバトロンのバックパック3pタクティカル37Lの詳細レビュー(ハンモック泊)

サイバトロンのバックパック3pタクティカルの詳細レビューをハンモック泊のパッキング例を参考にして紹介します。

サイバトロンのバックパック3pタクティカルのスペック

メインバック:48×27×27
サイドバック:33×12.7×10
容量(メインバック):37L
容量(サイドバック):記載なし
メイン素材:防水900D
モール使用

※ジッパーとピンホールは耐水性なし

ベースとなる容量37Lのバックパックに、これまた大容量のサイドバッグが2つ備わっているのがこのサイバトロン3pタクティカルの大きな特徴。これを上手に使うことで、キャンプ用品一式がすべてこのバックパックに収まります。

サイバトロンのバックパックのパッキング例(ハンモック泊)

スペックだけではどのくらいの荷物が入るか想像しにくいと思いますので、実際にパッキングしたものは、こちら

冬キャンプのハンモック泊装備です。
サイバトロンのバックパックには冬の装備でも十分入ります。

真冬時はサーマレストを外してアンダーブランケットをバックパック上部に取り付けています。

※斧、火ばさみ、サーマレスト、ブランケット、ランタン、キャンティーンは外付けです。

サイドバックを含めて6つのスペースに分かれていますので、それぞれを紹介していきます。

サイバトロンのバックパックに4WAYバックを拡張カスタムすると冬キャンプにも対応できる

ちなみに冬キャンプは荷物が多くなるので、サイバトロンの4WAYバックを拡張カスタムして使ってます。

4WAYバックは小物類を入れるのに便利で、冬キャンプの荷物が多い時には使用します。

4WAYバックにパッキングできるもの

  • 火起しグッズ
  • ヘッドライトとたねほおずき
  • 調味料
  • 充電器類
  • カトラリー
  • 予備の電池

4WAYバックには基本的に小物類を収納してます。

4WAYバックの拡張カスタムの仕方

4WAYバックの拡張カスタムする場合の取り付けは、全面のサイバトロンのロゴの上下のモールに取り付けます。その場合、モールだけではぐらついたり外れる危険性もあるので、カラビナで止めた方が4WAYバックが安定します。

サイドバック

両サイドのサイドバックには、DDハンモックのフロントラインとDDタープ4×4がピッタリ収納できる容量があります。
3シーズンのダウンシュラフや夏用の化繊シュラフならサイドバックに入れれそうです。

ハンモック泊する時、サイドバックにハンモックとタープが入れば、メインバックに一番大きいシュラフを入れることができるので、パッキングもしやすくなります。

サイドバックの裏面にもモールが付いており、長くパッキングしにくい斧や火ばさみを収納することが可能です。

こちらはDDタープ3×3をサイドバックに入れた感じです。3×3の場合、隙間が多少できるのでパラコードなどの小物が入りそうです。

サイドバックは取り外しができる

サイドバックは取り外しができます。
取り外しは簡単で、4ヶ所のバックルと上部のフックを外します。

バックル

上部のフック

サイドバックを取り外すと、モールシステムがあるのでキャンティーンなどを取り付けることも可能です。
また、バックル部分にバックパックに入りきらない大きなもの(サーマレストなど)を外付けすることも可能になります。

サイドバックにパッキングできるもの

  • DDハンモックフロントライン
  • DDタープ4×4

ピッタリサイズのこの2点をサイドバックに収納してます。

メインポケット

メインのポケットはジッパーで180度開くことができるので、収納がしやすくなっています。

容量も大きくモンベルのダウンハガーの#1を収納できます。

ダウンハガー#1を入れても、まだまだ入ります。

スノーピークのパーソナルクッカーと普段はウルトラライトダウンを入れています。

メインポケットにパッキングできるもの

  • モンベルダウンハガー#1
  • ウルトラライトダウン
  • スノーピークアルミパーソナルクッカー
  • トランギアのアルコールストーブ
  • エバニューシェラカップ(アルミパーソナルクッカーにスタッキングしてます)

メインポケットは一番大きいので、シュラフを入れるようにして、余ったスペースにクッカーを収納します。

※冬用シュラフなので、3シーズン用のシュラフならもっと詰め込むことができます。

本体ポケット(大)

こちらのポケットもメインポケット程ではないですが、大きく開くことができます。

メインポケットにシュラフを入れた場合、本体ポケット(大)には厚さが薄いものを詰めた方が、収納しやすくなります。

本体ポケット(大)にパッキングできるもの

  • ピコグリル398
  • SOTOフィールドホッパー
  • 五徳
  • ソロ鉄板

基本的に大きくても厚さがないものを収納してます。

本体ポケット(中)

ナイフや折りたたみのノコギリが十分入る大きさのポケットです。

ペグは20cmなら縦に収納できます。

外側にあるポケットなので、フィールドについたらすぐに使うものを収納してます。

本体ポケット(中)にパッキングできるもの

  • シルキーゴムボーイ
  • 100均スコップ
  • モーラナイフガーバーグ
  • ペグ(20cm)

ここにはブッシュクラフトに必要な刃物やペグなど、土が付いたり汚れやすいものをまとめるようにしてます。

本体ポケット(小)

こちらのポケットも出し入れがしやすいので、使用頻度が高いウエットティッシュや緊急時に使用するエマージェンシーキット等を入れています。

本体ポケット(小)にパッキングできるもの

  • ウエットティッシュ
  • エマージェンシーキット
  • コーヒー(袋)

6つのポケットの収納はこんな感じです。
各ポケットごとにアイテムの仕分けができるので便利です。

まだまだパッキングには軽量化や小型化の工夫が必要ですが、参考になればうれしいです。

サイバトロンのバックパックのパッキングの参考動画

サイバトロンのバックパック3pタクティカルと4WAYバックの冬のハンモック泊のパッキング例の参考動画です。

サイバトロンのバックパックのパッキング例(ポーランド軍幕)

サイバトロンのバックパックのポーランド軍幕パッキング例を紹介します。

メインポケットにポーランドの軍幕が入ります。

本体ポケット(大)にダウンハガー#1が入ります。

サイドバックにパッキングしたもの

  • ファイヤーストーブG2
  • ポーランド軍幕ポール
  • トランギアアルコールストーブ
  • スノーピークアルミパーソナルクッカー

本体ポケット(中)(小)4WAYバックにはハンモック泊と同じものをパッキングしてます。

まだまだパッキングには軽量化や小型化の工夫が必要ですが、参考になればうれしいです。

サイバトロンのバックパックはカスタムに便利なモールが付いてるから冬キャンプにも対応できる

モールとは、バックパックに別売りのパーツを装着して、自分の好きなようにカスタマイズするための仕組みです。それを可能としているのが、バックパック本体に縫い付けられている幅2.5cmほどのベルト。タクティカル3Pにはこのベルトがたくさん備わっています。

もともと大容量で機能性に優れる3Pタクティカルですが、このモールを上手に利用することで、荷物が多い冬キャンプにも十分対応できます。

バックパック上部にブランケットを取り付けれる。

バックパックの下部にサーマレストも取り付けれる。

モールで外付けする時に必要なアイテムのモールベルト

長さが2mあるので外付けするアイテムに合わせて長さを調節できます。

サイバトロン3pタクティカルの気になる背負い心地は?

幅広のショルダーストラップが重さをうまい具合に分散してくれ、ウエストベルトもしっかりとしてるので15K程度の荷物なら、近場なら問題なく背負えます。しかし長距離を歩くのであれば、登山用バックパックに比べると背負い心地は、それほど良くないです。

背中にあたる部分はメッシュ素材なので夏場に使用してもムレにくくなっています。優れた機能性や見た目のカッコよさに加えて、快適に使用できる仕組みがたくさん盛り込まれているのが人気の理由です。

サイバトロンのバックパックとカリマーSFプレデター45を比較

カリマーSFプレデター45の荷物をサイバトロンのバックパックへ移し替えてる動画です。容量の比較になると思いますので参考までにご紹介します。

サイバトロン3Pタクティカルと3dayの違いを簡単に比較

サイバトロンが販売しているバックパックには、タクティカル3Pのほかにもうひとつ人気の商品があります。それが3Dayです。

どちらも大容量で機能的なバックパックですが、見た目も機能も大きく異なっています。両者の違いを簡単に比較します。

3Pタクティカルはメインポケットを180度開くことができる

タクティカル3Pは、メインポケットのジッパーがバックパックの底部にまで渡っています。それによりメインポケットをガバッと大きく開くことができるので、バックパックの奥底に入れたキャンプ用品も簡単に取り出すことができます。

3dayの方はそこまで大きく開くことができないため、中身の取り出しやすさにおいては3Pタクティカルに軍配が上がります。丁寧にパッキングしたキャンプ用品を崩すことなく出し入れしたい方にとって、3Pタクティカルのこの仕組みがとても便利に感じられるはずです。

3Pタクティカルのほうがサイドポーチが大きい

タクティカル3Pと3Dayともにサイドポーチが備わっていますが、タクティカル3Pのサイドポーチの方が圧倒的に容量が大きくなっています。正確な容量は公表されていませんが、2、3日分の着替えや1〜2人用のコンパクトなテントであれば収納可能です。

また、サイドポーチに入りきらない大きなものは、サイドポーチを取り外してモールにベルトで固定するといった使い方をすることができます。その時の荷物の多さに合わせてスタイルを変えられるのは、とてもありがたい機能です。

3dayには取り外し可能なウエストポーチが備わっている

これは3dayの強力な武器であり、タクティカル3Pにはない魅力です。キャンプ場まではバックパックを背負って行き、到着してからの散策はウエストポーチを装備しておこなうといったこともできます。

3Pタクティカルにもウエストポーチがカスタムできる

3Pタクティカルにも後付でウエストポーチがカスタムできます。

しかし、このウエストポーチにたくさん道具を入れてバックパックに装着すると、移動時にユッサユッサと上下にゆれてしまい、人によっては不快感を覚えるでしょう。快適に背負うためには、ウエストポーチには軽いものしか入れない、もしくはゆれないように何らかの方法で固定するといった対策をする必要があります。

サイバトロンのバックパック3pタクティカル37Lのレビューのまとめ

今回はサイバトロンの超人気バックパック、3Pタクティカルをご紹介しました。たくさんのキャンプ用品を収納することができ、自分の好きなようにカスタマイズできるサイバトロン3Pタクティカル。キャンプに使用するバックパックとしては、もっともおすすめしたいアイテムのひとつです。

ミリタリーリュックのソロキャンプにおすすめ7選!モール付を厳選してご紹介!ミリタリーリュックは過酷な状況下での使用を想定して作られ、現在も軍隊や登山家、ハンターなどが実際に使っています。任務を遂行するためのツー...
アウトドアにおすすめの折りたたみノコギリを厳選!DIYでも活躍!キャンプやアウトドアではあまり見かけることが多くない折りたたみノコギリですが、あると非常に便利なギアです。薪の調達やブッシュクラフトなど...
ソロキャンプのクーラーボックスの容量選び
ソロキャンプ用クーラーボックスの容量(大きさ)の選び方とおすすめ!ソロキャンプ用のクーラーボックス選び方は、容量やサイズ感が難しく要点を押さえておかなければ購入後に後悔してしまう事も。冷たい飲み物や食料...
こんな記事もおすすめ