ビギナー

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物リスト!バイクに必要な装備も紹介!

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物リスト!バイクに必要な装備も紹介!

今回はキャンプツーリングを始めるにあたって、最低限必要なキャンプ道具や持ち物の紹介をしていきます。一言に『キャンプツーリング』といっても、バイクの準備・積載バッグの準備・キャンプ道具の準備…と色々あります。準備するものを1つずつ詳しくお伝えしていきますので、これから始めたい!という方は是非参考にしてみてください。

キャンプツーリング仕様に必要なバイクの装備は?

キャンプツーリング仕様に必要なバイクの装備

キャンプツーリングを始めるために、最初に必要なバイクの装備についてです。主に積載量の増加や、積載時のバランスなどを保つために必要なものとなります。

サイドバッグ

キャンプツーリング仕様に必要なバイクの装備

サイドバッグを装備することで全体の積載量を増やすことができます。装備する際に、バイクによってはタイヤとバッグの間にサポートを設置しなければなりません。別途用意しなければならず、手間はかかりますがキャンプツーリングにおいて積載量を増やすことは必要不可欠なので、装備することをおすすめします。

リアキャリア

キャンプツーリング仕様に必要なバイクの装備

メインのバッグや、キャンプ道具を直接積載する時に必要になります。装備することで、荷物固定のフックがかけやすくなることや、シートバッグやリアボックスをバランスよく積載できます。荷物を後ろにずらして積載できることで、運転時バイクシートにゆとりが生まれストレスなくツーリングも楽しめます。

【安い・コスパ最強】キャンプツーにおすすめのバック8選!積載方法も解説!
【安い・コスパ最強】キャンプツーにおすすめのバック8選!積載方法も解説!今回はキャンプツーリングにおすすめの安くてコスパが良いツーリングバッグをご紹介します。 シートバッグや、バックパックと色々な種類があり...

ツーリングに適したキャンプ道具の選び方

ツーリングに適したキャンプ道具の選び方

好きなメーカーのものを揃えてキャンプツーリングを始めたい所ですが、キャンプツーリングでは積載量が限られているためアウトドアギアの選び方も重要になります。ここからは、キャンプツーリングを始めるために必要なアウトドアギア選びの2つのポイントをお伝えしていきます。

コンパクトサイズ

キャンプツーリングでは荷物はすべてバックパックやシートバッグ、サイドバッグ等に収納しなければなりません。好きなギアだけを持っていくというのも1つの楽しみ方ですが、嵩張るものだとバッグに収納できなかったり、バイクのバランスを崩したりと運転のしづらさから体に負担をかけることがあります。収納・積載面からコンパクトであればあるほど、キャンプツーリングに向いているものになります。

軽量

前提として、バイクでは積載重量が法律で原付きだと30kg、普通自動2輪であれば60kgと決まっています。荷物は、重くなればなるほど積み下ろしで体を痛めたり、ツーリング時にバランスを崩したりする可能性が高く、立ちごけや事故のリスクにも繋がります。積載面・安全面から軽量であればあるほど、キャンプツーリングに向いているものになります。

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物リスト

最低限必要な道具や持ち物リスト
  1. テント・タープ
  2. マット・コット
  3. シュラフ
  4. テーブル・チェア
  5. クッカー
  6. バーナー・焚き火台
  7. ランタン・ライト
  8. カトラリー

ここからはキャンプツーリングを始める時に「これだけあれば最低限キャンプは楽しめる」というキャンプ道具を1つずつ詳しく紹介します。

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物の選び方

テント

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

まずはキャンプで寝泊まりするにはほぼ必須なテントです。1番嵩張る道具になるためサイズ選びに注意が必要です。前室があるテントを選ぶことで、タープの役割も果たせるためコンパクト収納かつ前室があるテントがおすすめです。

コスパ最強のツーリングテント6選!安い価格でも優秀なテントを厳選!
コスパ最強のツーリングテント6選!安い価格でも優秀なテントを厳選!今回は安くてコスパがいいツーリングテントをご紹介していきます。一昔前までは『安かろう、悪かろう』が当たり前のようになっていましたが、今や...

タープ

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

テントを使わずタープ泊をする場合必要になります。1番嵩張るテントを積載しなくて済むことと、テントほど設営・撤収に時間がかからず疲れないため、キャンプツーリングにはおすすめのスタイルとなっています。

タープ泊の場合季節によっては虫が多く、蚊帳(メッシュのテント)が必要な場合もあるので季節によって必要なキャンプ道具が増える事があります。

バイクキャンプにおすすめのツーリング用タープ7選【2021】キャンツー歴10年が選び方を解説!
バイクキャンプにおすすめのツーリング用タープ7選【2021】キャンツー歴10年が選び方を解説!今回はバイクキャンプにおすすめのタープをご紹介します。 タープは日除けとして特に夏場に活躍するイメージを持つことが多いので、オールシー...
タープ泊におすすめのモスキートネット8選!FLYFLYGOのモスキートネットを使用して気づいた蚊帳の選び方のポイントをまとめてみた。
タープ泊におすすめのモスキートネット8選!FLYFLYGOのモスキートネットを使用して気づいた蚊帳の選び方のポイントをまとめてみた。モスキートネットは夏場のキャンプで重宝する便利なアイテム。テントのように囲いのないタープ泊でも蚊や蛾などの不快な虫から、あなたの睡眠を守...

マット・コット

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

マットやコットは、睡眠時に地面の暑さや寒さから体を守ったり、体を痛めたりするのを防ぐために必要なものです。マットは睡眠時だけではなく、チェアを使わない「地べたスタイル」時にも敷きマットとして活躍するため便利です。

シュラフ

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

真夏など、暑い時期は不要なこともありますが、秋〜春はほぼ必須となります。シュラフの種類によって収納サイズに大きな差があるので多少値段が高くてもしっかり暖をとれてコンパクトなものがおすすめです。

テーブル・チェア

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

地べたに食べ物、飲み物を置くことで虫やごみの混入が起こりやすく、それを防ぐために必要となります。テント設営時には先に組み立てておくことで、メットやグローブ等の荷物置きにもなるため便利です。

また、荷物の積載に余裕があればチェアがあれば、地べたスタイルよりリラックスしてキャンプを楽しむことができます。バイクは積載が限られるので、コンパクトに折りたためるチェアがおすすめです。

Moon Lenceアルミローテーブルのレビュー!キャンツーにおすすめテーブルを比較!
Moon Lenceアルミローテーブルのレビュー!キャンツーにおすすめローテーブル3種を徹底比較!Moon Lence(ムーン・レンス)は海外ブランドで折り畳みチェアや、ローテーブル、焚き火台などコスパが高いキャンプ商品を多く販売して...
パチノックスのおすすめ15選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?
パチノックスのおすすめ18選!amazonで激安中華製コンパクトチェアは実際に使える?今回は、パチノックスのおすすめ商品を紹介していきます。 『amazonで激安だけどパチノックスって実際使えるの?』 と思って...

クッカー

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

調理をする際に必須なものになります。機能面で優れている1つで複数の調理ができるクッカーや、収納面で優れているスタッキングできるクッカーなど販売されています。両方持ち合わせる必要はないので、収納面やキャンプ時なにを食べたいかで決めましょう。

バーナー・焚き火台

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

調理をする際に必須で、火元となる道具です。キャンプツーリングではバーナーの方が比較的軽量でコンパクトですが、焚き火台でもコンパクト収納できるものが多く販売されています。焚き火も一緒に楽しみたい方は焚き火台がおすすめです。

キャンプツーリングにおすすめの焚き火台
キャンプツーリングにおすすめの焚き火台6選!バイクに積載しやすい焚き火台を厳選!焚き火と言えば、「キャンプの醍醐味」と言っていいほどのものですが、バイクへの積載面を考えるとどういった焚き火台を買うべきか悩む方も多いと...

ランタン・ライト

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

キャンプ場の夜で必須なランタンやライトでなります。雰囲気重視だとランタンですが、コンパクトに収納ができるものが少ないためキャンプツーリングにおいてはLEDライトがおすすめになります。

ルーメナーランタン3種類を徹底比較
ルーメナーランタン3種類を徹底比較!キャンプで使い比べてわかったことLUMENA(ルーメナー)は情報に敏感で目の肥えたキャンパー達からも高い評価を得ている人気のLEDランタンです。アップデートされるたびに...

カトラリー

キャンプツーリングに最低限必要な道具や持ち物

食事をする時に、必要な箸やフォーク・スプーン等のことです。スプーンやフォークは二つ折りのもの、箸は部品を繋げて使うコンパクトなものがおすすめです。

キャンプ用カトラリーのおすすめ13選!ソロ・ファミリーに分けて選び方も紹介!キャンプ用カトラリーがあるとキャンプでの食事がより華やかに、そしてより楽しくなります。キャンプをするなかで食事はとくに重要なイベント。そ...

キャンプツーリングの雨対策や防犯対策

キャンプツーリングの雨対策や防犯対策

雨対策

キャンプツーリングもツーリング同様、突然の雨や、雨天決行時のキャンプツーリングではレインウェア、シートバッグのレインカバーがあると便利です。

キャンプ場でのぬかるみには折りたたみできるレインブーツ、バイクのサイドスタンドカバーなどがあるとテント設営やバイク駐車時に便利なものとなります。

防犯対策

キャンプツーリングでは、立ち寄ったお店やキャンプ場などでバイクを離れる事が多くあります。テント設営後であればテント内に荷物を収納できますが、それ以外の場合ではシートバッグが無防備になります。

シートバッグ自体にロック機能をもっているものはあまりないので、くくりつけられるタイプのワイヤーロックや、南京錠などがあると便利です。

バイク自体にはハンドルロックが備わっているため比較的安心ですが、心配な場合はディスクロックなど嵩張らない防犯グッズがあると便利です。

まとめ

キャンプツーリングをするために必要な最低限の道具や持ち物を紹介してきました。「バイクは乗っていて興味はあるけどキャンプはハードルが高い…」と思って始められない方も多いと思いますが、今回紹介した道具を揃えれば今すぐにでもキャンプツーリングが始められます。

はじめてみると意外とハードルは低く、非日常的なキャンプにはまってしまう可能性も…!この記事がキャンプツーリングに興味がある方や、これから始める方の参考になれば幸いです。

ツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックス(バッグ)9選!バイクへの固定方法も解説!
ツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックス(バッグ)9選!バイクへの固定方法も解説!今回はツーリングキャンプにおすすめのクーラーボックスをご紹介します。なにかと積載方法や、積載量に左右されがちなバイクでのツーリングキャン...
【2021】ツーリングテントのおすすめ13選!キャンツー歴10年の失敗しない一人用テントの選び方。
【2021】ツーリングテントのおすすめ13選!キャンツー歴10年の失敗しない一人用テントの選び方も解説!今回はバイクキャンプにおすすめのツーリングテントをご紹介します。 キャンプをするにあたって欠かせないテント。バイクキャンプでは積載...
自在金具 使い方
自在金具の様々な使い方や結び方!二つ穴・三つ穴・三角・カタツムリなど自在金具はテントやタープを設営する際にお馴染みの便利な道具です。 自在金具を使いこなすことができれば、テントなどをよりキレイに設営する...
ガイロープ まとめ方
タープ・テントロープのしまい方!【まとめ方・束ね方】棒結び・チェーンノットテントやタープのガイロープは設営のための大変重要な存在ですが、しまい方はどうされていますか? 撤収時はチェックアウト時間に追われていた...
ABOUT ME
wakao
バイク歴総数17年 現在はKawasakiのestrella SEに乗って デイキャンプ・キャンプ・ツーリングを のんびりするのが好き。 キャンプ沼にはまって抜け出せないまま数年経過。そして記録更新中。