登山やソロキャンプなど、一人でするアウトドアクッキングに欠かせないソロクッカー。外で食べる温かい料理は格別です。ソロクッカーの種類や選び方のポイント、また素材別のおすすめソロクッカーを紹介します。ソロの時だからこそ、自分らしいクッカーで美味しい料理を楽しみましょう。

登山やソロキャンプにおすすめのクッカーとは

多種多様になったアウトドアスタイル。クッカーも用途に合わせていろいろあります。その中でも登山やソロキャンプなど一人で調理するのにおすすめは、コンパクトで軽量でスタッキングしやすく、さらに手入れが簡単なクッカーです。

クッカーとコッヘルの違いとは?

クッカー、コッヘル両方とも屋外で使用する携帯用の調理器具を意味します。
英語で携帯用の調理器具ことをクッカーと呼び
ドイツ語で携帯用の調理器具ことをコッヘルと呼びます。

スポンサーリンク

ソロクッカー選びの3つのポイント

ソロクッカー選びには3つのポイントがあります。クッカーの素材、種類、大きさです。ポイントを押さえて自身のアウトドアスタイルに合ったソロクッカーを探しましょう。

クッカーのスペックは素材で決まる

クッカーの主な素材はアルミ、ステンレス、チタンです。それぞれ特徴があり、重量、価格、強度、使い勝手が変わってきます。どれもメリット、デメリットがあるので、確認しましょう。また、フッ素加工のようなコーティングによって調理やお手入れが簡単になります。

料理によってクッカーの種類を選ぶ

ドライフード中心でお湯が沸かせればいいのか、ご飯を炊くのか、肉や魚を焼くのか、それによってクッカーの種類も変わってきます。お湯を沸かすだけなら注ぎ口の付いたケトル型クッカー、スープなどの汁物を作るのには深型クッカー、煮込み料理や焼き物などではフライパンのような浅型クッカーとなります。

快適さは大きさで決まる

ソロクッカーは小さければいいというものでもありません。ラーメンを作りたいけど、コーヒー1杯分のお湯しか沸かせないクッカーや、大きくて持ち運びやパッキングやスタッキングに問題があるクッカーといったところです。調理する時と運ぶ時のバランスを考えた大きさを選びましょう。

直火でクッカーを使う?

また、直火でクッカーが使えるか?も確認が必要です。
2重構造の保温に適したクッカーは、内部に空気が入った層があります。直火でクッカーを加熱すると、その空気が膨張しクッカーが変形してしまうため、直火で使用する場合は、2重構造のクッカーは避けましょう。

スポンサーリンク

四角いクッカーはスタッキングやパッキングしやすい

登山でソロクッカーを使う際、一般的にスタッキングやパッキングしやすく、小物を入れたり、ザックの隙間を丸型より四角いクッカーの方が埋めやすいです。

四角いコッヘルのおすすめ3選!角型向け簡単料理レシピもご紹介!

ソロクッカーの素材の特徴

クッカーの素材別のメリット、デメリットを表にしてみました。

価格 重さ 強度 熱伝導性 使いやすさ
アルミ ×
ステンレス ×
チタン ×

安価で焦げつきにくいアルミクッカー

アルミ素材のクッカーは安価であることが一番のメリットです。また、焦げ付きにくく調理がしやすいことがあげられます。他の素材に比べて強くはありませんが、クッカーとしての強度があるものを選べば問題ありません。初めてのクッカーや、初心者の方におすすめの素材です。

丈夫で熱を通しやすいステンレスクッカー

ステンレスは一般の調理器具でも使われている強度のある素材です。強度だけではなく、熱をよく伝える性質があるため、調理時間が短く、燃料のコストも安く上がるというメリットがあります。すぐにお湯などを沸かしたい方や料理の好きな方などにおすすめです。デメリットは重さがあり、登山など歩いて運ぶには向いていません。

軽量なのに強度があるチタンクッカー

チタン素材のクッカーの最大のメリットは、その軽さです。荷物を持って歩いて移動する登山やソロキャンプなどにおすすめです。また強度もあり、バックパックに詰め込んでも変形しないほどの丈夫さです。デメリットとしては値段が高いことがあげられます。

ソロクッカーおすすめ6選|アルミ

アルミクッカーは種類もサイズもたくさんありますので、初心者から上級者まで、用途に合わせて選ぶことができます。

PRIMUS(プリムス) ライテックトレックケトル&パン




コンパクトでシンプルなクッカーですが、ソロクッカーとしては十分です。ケトル部分の容量は1リットル、カップ麺やドライフードのお湯を沸かすには十分。お湯だけでなく、調理もできます。パン部分は蓋にもなり、一人分の焼き物などにちょうどいい大きさです。
内側にノンスティック加工を施し、お手入れも簡単です。

サイズ:ケトル部分 内径11cm×高さ11cm(1ℓ)
    パン部分 内径11cm×高さ3cm
重量:280g
収納サイズ:外径13cm×高さ14.5cm
素材:アルミ(ハードアノダイズド加工済み)
加工:内側ノンステック加工、底面滑り止め加工

スノーピーク(snow peak)ソロセット焚




名前の「焚」はご飯を美味しく「たく」からつけています。縦長880mlのポットと540mlのカップのソロクッカーセットです。ポットがカップ入り収納にも便利です。蓋のつまみがシリコンゴムなので持つときに火傷の心配がありません。
ポット部分でご飯を炊いてカップ部分でおかずを作るといった実用的な使い方ができます。

登山の山頂やソロキャンプで炊きたてご飯が食べたい、という方におすすめの軽量クッカーセットです。

サイズ:ポット部分 直径10.8cm×高さ12.9cm(880ml)
    カップ部分 直径11.1cm×高さ7.4cm(540ml)
重量:270g
収納サイズ:直径11.1cm×高さ13.8cm
材質:アルミニウム合金
加工:外面アルマイト加工、内側フッ素樹脂加工

ソト(SOTO) サーモライト SOD-522




即席麺やフリーズドライ食品など簡単な料理をするだけでいいという方におすすめです。本体は750mlで即席麺やお湯を沸かすのには十分です。特徴的なのはコジー(保温ケース)にもなる収納ケースが付属していることです。即席麺などは本体をコジーに入れてそのまま食べれば温かさが保たれます。温かい飲み物にも便利です。

サイズ:直径10.2cm×高さ12cm(750ml)
重量:154g
材質:アルミニウム
セット内容:マグ750(本体)、マグリッドL(蓋)、コジー(保温ケース)、リフター

UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3




四角いクッカーです。四角い形状は、バックパックにパッキングする時にデットスペースを作りにく形状で、登山などにおすすめです。角型のインスタント麺やカレーなどのレトルトパックが入れやすく、1リットルの鍋と0.6リットルの鍋、フライパンがセットになって、さまざまな調理スタイルに対応できるソロクッカーセットです。

料理にもちょっとこだわりたいという方には、将来的にも料理のデパートリーが増えておすすめです。

サイズ:鍋13(大) 約12.7cm×12.7cm×高さ7.45cm(1ℓ)
    鍋11(小) 約10.8cm×10.8cm×高さ6.4cm(0.6ℓ)
    フライパン 約13cm×13cm×高さ3.4cm
重量:約449g
収納サイズ:約14cm×14.7cm×高さ8.8cm
材質:アルミニウム
加工:アルマイト加工、フッ素樹脂加工(フライパン)

コールマン(Coleman)バックアウェイソロクッカーセット




赤い取っ手が印象的なクッカーです。900mlのポット部分と400mlのカップ部分のシンプルなセットで、カップ部分は平鍋としてもフライパンとしても使え、またポットの蓋にもなります。ポットには目盛りが付いていて、ご飯を炊くときや水の量をはかる時に便利です。赤い取っ手部分はシリコン樹脂で熱くなりにくくしています。

サイズ:ポット部分 約直径12.5cm×高さ10cm(900ml)
    カップ部分 直径12cm×高さ5cm(400ml)
重量:250g
収納サイズ:約直径12.5cm×高さ15cm
材質:アルミニウム
加工:内側ノンスティック加工

trangia(トランギア) メスティン




メスティン(飯盒)という名前の角型のクッカーです。その名の通り蓋がしっかりしまり、熱が均等に広がるのでご飯を炊くのに適していますが、その他にもいろいろな調理ができます。

蓋をして上に炭火を置けばオーブン料理が、底に網を置いてお湯を沸かせば蒸し料理ができます。1つで何役もこなす最強クッカーで簡単に調理したい方にも、凝った料理を作る方にもおすすめです。

サイズ:17cm×9.5cm×高さ6.2cm(750ml)
重量:150g
材質:アルミ

トランギア・メスティンの使い方!炊飯方法や料理の簡単レシピをご紹介!

ソロクッカーおすすめ3選|ステンレス

ステンレスのクッカーは丈夫で熱が伝わりやすく、焚き火などでハードに使っても大丈夫です。重さがあるので登山よりはソロキャンプにおすすめです。

MSR コッヘル アルパイン ストアウェイ ポット




鍋の取っ手が鍋蓋のロックになるクッカーです。事前に食材を鍋に入れ、蓋をロックして持ち運ぶことができますので、そのままコンロに置いて調理することができます。775ccのサイズのほか、475cc、1.1ℓ、1.6ℓのサイズがありますので、クッキングスタイルに合わせた大きさが選べます。

サイズ:直径14cm×高さ6.2cm(775cc)
重量:365g
収納サイズ:直径17cm×高さ9cm
材質:ステンレス

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス ラーメンクッカー




小さくコンパクトなクッカーです。リフィル用(詰め替え用)とありますが、普通にケトルや鍋として使用できます。ご飯も1合がちょうど炊けますし、リフィルではないラーメンも作れます。お弁当やおにぎりを持って、温かいスープや味噌汁だけ作る時などにも大き過ぎずぴったりのサイズです。
 

サイズ:約10.5cm×15cm×高さ7.5cm(570ml)
重量:約170g
収納サイズ:直径10.5cm×高さ7.5cm
材質:ステンレス

ソト(SOTO) ステンレスダッチオーブン8インチセット




ステンレスのダッチオーブンで、ソロキャンプでも凝った料理が作りたい方におすすめです。直径がおよそ20センチと小さめで一人分の料理を作るには十分です。ステンレスなので衝撃や温度変化などにも強く、鉄のダッチオーブンに比べ錆びにくく手入れが簡単です。ソロキャンプだからこそ、ローストビーフやパンなど思う存分調理を楽しめます。

サイズ:31cm×22.6cm×高さ12.5cm
内寸:直径20.6cm×深さ9cm(約2.6ℓ)
重量:約3.5kg
材質:ステンレス

ソロキャンプ用テーブルと椅子のおすすめ3選!100均の代用品もご紹介

ソロクッカーおすすめ3選|チタン

チタンのクッカーは軽さが最大の特徴なので、やはり登山など荷物のウエイトが気になるところで活躍します。また、金属臭が食べ物に移らない特徴もあり、チタン素材のクッカーの魅力でもあります。

EPIgas(イーピーアイガス)バックパッカーズ クッカーS




無駄を省いたシンプルなクッカーです。容量が650mlの本体はソロの調理には十分で、注ぎ口、目盛りが付いてケトルとしても便利です。蓋部分は容量200mlとマグカップの代わりや取り皿としても使用できます。シンプルですので、他のクッカーとのスタッキングもしやすく、本体の中にOD缶のガス缶がすっぽり入り、パッキングにも優れています。

サイズ:本体 直径9.6cm×高さ9.9cm(650ml)
    フタ 直径9.6cm×高さ3.2cm(200ml)
重量:約140g
材質:チタン

スノーピーク(snow peak) チタントレック900




900mlの容量は、フリーズドライ食品とカップ麺などのお湯を一度に沸かすことができます。もちろんご飯も炊けますし、調理もできます。また、スノーピークスの同じシリーズの「チタントレック700」や「チタントレック1400」の容量の違うクッカーとスタッキングでき、用途に合わせたアレンジができます。

サイズ:ポット 直径12cm×高さ10.7cm(900ml)
    フタ 直径12.8cm×高さ3.9cm
重量:約175g
収納サイズ:直径13cm×高さ14cm
材質:チタニウム

トレック900レビュー|スノーピークチタンクッカーで炊飯やラーメン!蓋は調理に使えるか?

エバニュー(EVERNEW) チタンクッカー




エバニューのチタンクッカーは国産で職人の技が光るクッカーの一つです。0.3ミリという薄い素材で、強度を保ちながら極限まで軽量化しています。一人分の調理に便利な容量750mlの鍋部分と、小鍋や取り皿としても使えるカップ部分で144グラムという軽さです。ガス缶と小さなバーナーも収納でき、パッキングにも便利です。

サイズ:鍋 直径9.4cm×深さ11.8cm(750ml)
    カップ 直径9.5cm×深さ5.8cm(400ml)
重量:約144g
材質:チタニウム

ソロキャンプにおすすめの料理道具と簡単料理レシピをご紹介!

クッカーを使った炊飯方法

ソロキャンプや登山におすすめのアルミクッカー、ソロセット焚とトランギアのアルコールバーナーを使った失敗しない炊飯方法をご紹介します。

メーカーでは、ポットの方で炊飯を推奨してますが、深さがあり食べづらいので、浅型のクッカーで炊飯します。

準備するもの

ソロセット焚は素材がアルミなので熱伝導率が高く、アルコールバーナーは火力が低いので、焦げ付きにくい、初心者の炊飯にはおすすめの組み合わせです。

・ソロセット焚
・トランギアアルコールバーナー
・米
・水
・ライター
・アルコールバーナーの燃料

米を洗い浸水させる

米を洗い、夏場は30分~冬場は1時間程度の浸水させますが、前日に浸水までして、ジップロックに入れてくれば、すぐに炊飯できます。
1合炊きの水分量は写真の350mlのメモリに合わせたらOK!
他のクッカーで炊飯する場合は、米1合に対して水200cc~210ccが目安です。

POINT

水分量は指の第一関節とか言われますが、クッカーの大きさで変わりますので、注意が必要です。
失敗しないためには、目盛り付きのクッカーかシェラカップで水を量ることをおすすめします。
また、浸水する場合には米が水分を吸収しますので、余分に入れるか浸水させてから水分量を合わすことをおすすめします。

バーナーに火をつける

バーナーに火をつけます。
火傷には気をつけましょう。

沸騰したら混ぜて蓋をして、重しを乗せる

沸騰したら、焦げやムラができないように混ぜます。
混ぜたら、蓋をして重しを乗せます。
圧力をかけることで、ふっくらしたお米が炊けます。
圧力釜と同じ原理です。
時間は約6分程度

お米が炊けたら、火からおろす

炊飯時間は火をつけてから11分程度ですが、気温や環境で多少前後しますので、目安程度で思ってください。
クッカーの振動がなくなったり、チリチリとした音に変わったら火から降ろします。
焦げた匂いを感じたら、すぐにおろしてください。

蒸らし

100均の保冷バックやタオルなどに包み、蒸らします。
時間は約10分

完成

失敗しない炊飯のポイントは

  • 浸水はしっかりする
  • 水分量は200cc~210cc
  • 炊飯時間は火をつけてから11分前後
  • 10分蒸らす
  • この4点を守れば、大幅な失敗はありません。

    クッカーの炊飯で使用した初心者におすすめのアイテム




    アルミとチタンと2種類ありますが、初心者の方はアルミをおすすめします。





    アルコールバーナーの定番!
    トランギアのアルコールバーナーです。
    使用には、五徳と風防が必要です。





    一応、焚き火台ですがアルコールバーナーの五徳兼風防として、人気の商品です。
    こちらもチタンとステンレスとありますが、軽量なチタンをおすすめします。

    トランギアのアルコールバーナーの使い方!燃焼時間や五徳のおすすめもご紹介!

    クッカーの素材の特徴を生かして快適な登山やソロキャンプを!

    クッカーの素材の違いで、登山やソロキャンプの調理や手入れが違ってきます。自身のスタイルや用途に合わせてチョイスすることが大切です。、お気に入りのソロクッカーをもって、山やキャンプ場の食事を楽しく快適にしましょう。

    スポンサーリンク