キャンプでの薪割りに便利な手斧。
鉈(なた)やブッシュクラフト用のナイフでも薪割りはできますが、キャンプの薪割りに適した手斧は薪を割る際の使いやすさが違います。
今回は、キャンプの薪割りに便利な手斧のおすすめをご紹介するとともに、薪割りの正しい使い方も解説しています。

キャンプの薪割りに使う手斧とは?

キャンプの薪割りは、すでにある程度の大きさに割られた薪を、さらに自分たちが使いやすい大きさにするために行うことが多いため、小型の手斧が最適なんです。

薪割りの道具には、鉈やブッシュクラフト用のナイフなどもありますが、薪割りをスムーズに行うには手斧が使いやすく便利です。

鉈やナイフではなかなか上手く薪割りができない人や、力が弱い女性でも手斧を使えば簡単に薪割りができます。

スポンサーリンク

キャンプで使いやすい手斧の選び方

手斧と一言でいっても、その種類はさまざまです。
どのような手斧がキャンプで使いやすいのか悩んでしまいますね。
ここでは、キャンプで使いやすい手斧の選び方についてご紹介します。

手斧の持ち手の長さで選ぶ

キャンプの薪割りに適している長さは30cm~40cm前後といわれています。
片手でも使いやすいサイズがおすすめですが、両手を使いたい方は少し長めのサイズを選ぶと良さそうです。

ただし、大きく振りかざさないと使えないくらい長いタイプは、薪割りに慣れた上級者向きなので気をつけましょう。

手斧の握りやすさで選ぶ

いくら切れ味が抜群な手斧でも、握る柄の部分が持ちにくければかなり使いにくいアイテムになってしまいます。
素材や形などもきちんと確認して、自分の手にあった手斧を選ぶようにしましょう。

写真は、ハスクバーナの斧を持った女性の手の写真です。

手斧の重さで選ぶ

キャンプの薪割りに適した重さは、約500g~1.5kgといわれています。
使う人や用途にもよりますし、あまり軽いと薪が割れずに使いにくいです。
持ったときに、少し重いかなと感じるくらいの重さの方が、力も入りやすくスムーズに薪割りができます。

また、コンパクトサイズでも、刃の重さで見た目以上に重量がある手斧もありますので、サイズと重さの両方を確認するようにしましょう。

キャンプの薪割りで手斧の正しい使い方

手斧は小型で使いやすい斧ですが、正しく使わないと大変危険な道具です。
適当に使って手や足をざっくり切ってしまった、なんてことになっては楽しいはずのキャンプも台無しです。
ここからは、キャンプの薪割りの正しい使い方についての解説です。

薪割り用のグローブと薪割り台を用意する

薪割りをする際には、必ずグローブを着用してください。
皮手袋の他に、すべり止めのついた軍手でもよいです。
誤って手斧で切ったり、薪のささくれで手をけがしたりすることを防ぐ役割があります。

また、薪割りの際には薪割り台が必要です。
直接地面の上ではやりにくいし、跳ね返りもあるので危険です。
近くに木の切り株などがあるキャンプ場であれば、そういったものを利用しましょう。
切り株がない場合は、薪や落ちている木材などをいくつか適当に並べて薪割り台にする方法があります。

薪割り台は市販もされていますが、重いので持ち運びにはあまり向いていません。
通常、キャンプでの薪割りでは、大きな丸太を割るような作業ではないので、ちょっとした台になるようなものがあれば大丈夫です。


手斧の安全な正しい使い方

腕の力だけで力任せに割らず、手斧の重さを利用して軽く振り下ろすようにするのがコツです。
一般的な使い方は、薪割り台に置いた薪に手斧を振り下ろし、刃が刺さったらそのまま、薪が割けるまで何度か薪割り台に叩きつけるようにして振り下ろします。

初心者や細めの薪を割る場合は、薪割り台に薪を寝かせた状態で置き、一般的な使い方と同じように手斧を振り下ろし、叩きつけるようにすると簡単で安全に薪割りができます。

手斧を勢いよく振りすぎたり、過剰に力を入れすぎたりすると空振りした際に、ケガをしてしまう危険性があります。

また、地面に打ち付けてしまうと刃こぼれを起こしてしまうので十分な注意が必要です。
特に、コンクリートの上では跳ね返りもあるので行わないようにしましょう。

周囲に人がいないかを確認する

薪割りをスムーズに行っていても、木くずがどこに飛んでいくかわかりません。
薪割りをする際には、安全性を考慮して周囲に人がいないか(特にお子さん)をよく確認し、人がいない場所で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

キャンプで手斧を使う注意点

注意点①手斧の収納に気をつける

手斧は凶器にもなります。
むき出しのまま持ち運ぶのは大変危険です。
専用ケースやカバーなどを利用し安全に収納しましょう。

注意点②キャンプで使用後の手斧のメンテナンス

キャンプで使用後はメンテナンスは忘れずにしておきましょう。

特に手斧の刃と柄の部分の取り付けの確認は重要です。
気がつかずに使用したことで、刃先が飛んでいってしまう可能性もあり周囲の人を危険にさらしてしまうことにもなりかねません。

キャンプの薪割りに最適なおすすめの手斧!

ここからは、キャンプの薪割りにおすすめの手斧をご紹介します。
サイズや重さなどキャンプの薪割りで使いやすい手斧を厳選しましたので、手斧選びの参考にしてみてください。

ハスクバーナ38cm




スウェーデンの老舗農林業機器メーカー、ハスクバーナのその名もずばり手斧です。
大きさと重さが、キャンプで使用する薪を割るのに丁度良く使いやすい上に、コスパも良いと大人気の手斧です。

初心者にもおすすめですし、手斧選びで迷ったらハスクバーナの手斧に決めるという人も多いようです。
持ち手は衝撃を吸収し強靭なヒッコリー材を使用、デザインもかっこいいと評判です。

サイズ:38cm
重さ:約600g
材質:スウェーデン鋼

Hultafors(ハルタホース)オールラウンド




ハルタホースはスウェーデンの有名工具メーカーです。
長さが44cmあり少し長めですが、焚き付け用のフェザースティック作りから薪割りまでさまざまなシーンで使える手斧です。

持ち手はハスクバーナの手斧同様、衝撃吸収能力に優れたヒッコリー材を使用。
ゆるやかなカーブが持ちやすく薪割りを楽にします。

サイズ:44cm
重さ:約1kg
材質:スウェーデン鋼

Hultafors(ハルタホース)スカウト




初心者の方には、44cmより一回り小さいサイズ(長さ38cm)のスカウトが使いやすくおすすめです。

サイズ:38cm
重さ:約900g
材質:スウェーデン鋼

ユニフレーム(UNIFLAME)燕三条乃斧




ユニフレームの軽量でコンパクトな手斧です。
重さが約450gと手斧としてはかなり軽めです。
ソロツーリングで使いたい方や女性におすすめです。

かなり小型で軽量なため、太い薪を割るには不向きです。
刃の部分には、小型の焚き火台を利用する際の薪や、長めの薪を折るために使える溝がついているのが特徴です。

サイズ:27cm
重さ:約450g
材質:炭素鋼

FISKARS(フィスカース)ガーデンアックス




フィンランドのガーデン用品メーカーの手斧です。
フィスカースにはさまざまな種類の手斧がありますが、キャンプ用の薪割りに適したサイズといわれているのがX11です。
コンパクトでも切れ味の良い手斧を探している人におすすめです。

フィスカースの手斧では一番コンパクトなサイズですが、直径20cmくらいまでの薪なら簡単に割れるほど切れ味が抜群です。
取り扱いには十分注意してください。

サイズ:17インチ(約43cm)
重さ:約1.1kg
材質:カーボン鋼(フッ素コーティング済)、グラスファイバー製(持ち手)

リフィンスキー(Lifinsky)薪割り手斧




安全に使えてコスパ重視の方におすすめの手斧です。
手斧を使う頻度が少ない、手斧を少し使ってみたいなど、安価で使いやすい手斧を探している方にも最適です。
サイズは2種類あります。
サイズや重さが薪割りに適していて安価の割に使いやすいと評判です。

注意点として、刃付けされていないので使い初めは刃を研いでから使うことと、持ち手が若干滑りやすいのでグリップテープを巻くなどした方が良さそうです。

(刃渡り10.5cm)
長さ:38.5cm
重さ:約800g
材質:鋼、木

(刃渡り8.4cm)
長さ:37cm
重さ:約800g
材質:鋼、木

千吉 グラスファイバー柄アッキス




千吉の手斧もコスパの良さで定評があります。
小型なのでソロキャンプにもおすすめです。

安価ですがしっかりした作りで強度は十分、使い始めは刃を研ぐ必要がありますが、重さも適度にあり薪割りがしやすい手斧です。
アウトドア以外にも、庭の手入れや小枝落としなどにも使えて便利です。

サイズ:30cm
重さ:約830g
材質:刃物鋼、グラスファイバー(持ち手)

手斧を持ってキャンプに出掛けよう!

手斧を使っての薪割りは慣れるまで大変かもしれませんが、スパスパと薪が割れるようになると、その楽しさにはまってしまう人が多いようです。
自分で使いやすい薪を作れることで、火の調整もスムーズになり、よりキャンプを楽しむことができます。
キャンプアイテムの一つとして、薪割に便利な手斧を用意してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク