ウッドストーブ・焚き火台

笑’s コンパクト焚き火グリル「B-6君」を2年使ったレビュー!

コンパクトなボディでソロキャンプでは定番中の定番の焚き火台、笑’sのB6君を紹介します。使用感、メリット・デメリットの他にオプション品など、買うかどうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

笑’sコンパクト焚き火グリルB-6君とは

ソロキャンプの一軍ギアとして毎回持っていきますが壊れる気配もなくそのコンパクトさでスタッキングに困りません。収納は初見では分かりづらいですがB-6サイズに折りたたむ事ができ、全てのパーツが収まるB-6君は男心をくすぐりますし、その計算されたボディに関心しきりです。

B-6君はソロキャンプのロースタイルに特におすすめ

B-6君は他の焚き火台より本体の高さがない分、ロースタイルのキャンプでの使用が特にオススメです。

B-6君のサイズ

・収納サイズ:18.1×12.2×1.8cm
・組立サイズ:21.5×12.2×16.5cm
・重さ:500g
・素材:ステンレス
・静止耐荷重:10kg
・火床の深さ:7cm

B-6君の特徴は何と言っても小さくまとめられるサイズなのに、焚き火台としてしっかり機能する優秀さです。それを支えるのが焚き火台を3つのパーツに分けることにより、一つ一つの部品を薄く軽くしコンパクトサイズにまとめ易くしています。

また二本の五徳を本体につける事でソロ用ギアのユニフレーム、ちびパングリルや100均などで売られているスキレット、ケトルなどソロキャンプのギアを乗せる事ができます。 料理から焚火を楽しむまで全てこの一台で補完できるとても優秀な焚き火台です。

素材もステンレス製は火にも強い材質なので耐久性も問題ありません。また、重さは標準のパーツでの重さなのでオプション品をつけると若干重さが違いますので注意が必要です。

B-6君の組み立て方

ここではB-6君の組み立て方法を説明していきます。

組み立て方

①収納されているパーツをそれぞれ取り出します。

②メインとなる土台とサイド部分を開いて自立させます。火床になる部分の下にロストルを入れます。

④側面のパーツを土台に刺して本体を完成させます

片付け方

①パーツをすべてバラバラにし、ロストルを互い違いに重ねます。

②本体についていない側面パーツとロストルを重ねます

③最後に火床にすべてのパーツを重ねて完成です。

最初はやり方がわからないかもしれませんが慣れてくると簡単に組み立てと片付けができます。

B-6君のレビュー『メリット・デメリット』

ここでは今までお話ししてきたコンパクト性や携帯性だけでなくB6君のメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

メリット①燃焼効率のいい設計

B-6君は各パーツを組み立てるとパーツが四方を囲み少し隙間が空いた構成になっております。またロストルにも高さと穴が空いており、それにより空気を取り入れやすく、燃焼効率をあげてくれます。火が消えにくく空気を取り込みやすい構造なので長時間の焚き火が可能になります。

メリット②地面への影響が少ない

焚き火をする時に重要になるのが火から地面を守るという事です。直火などで火を起こしてしまうと土にいる微生物など死滅し悪影響を起こしかねない事態が起きてしまいます。そのために焚き火台を使用するのですが、B6君は本体に足がついており、比較的地面から離れた場所で火がついている状態なため、地面への影響が少ない方です。

しかし、輻射熱(遠赤外線の熱線によって伝わる熱のこと)が出てしまうので必ずトレーや焚き火用シートなどを使用など地面に影響を与えないようにルールを守って焚き火を楽しんでください。

メリット③一台で二役の焚き火グリル

初めてキャンプをやるキャンパーさんには是非B-6君をお勧めします。その理由としては調理ができる点と焚き火を楽しむという点のキャンプの醍醐味を一つのギアで楽しむ事ができるからです。

火起こしなどに不安のある方もいると思いますがロゴスから販売されているエコココロゴスという炭がライターで簡単につき、B-6君にシンデレラフィットしますのでこれで火起こしが簡単にできます。焚き火台や焚き火での調理を初めてする方には入門ギアとしてB6君を使ってみてもいいと思います。

デメリット①薪は小さいものしか使えない

これはコンパクトサイズの焚き火台の宿命というべき事なのですがサイズが小さいのでキャンプ場やホームセンターなどで販売されている薪は入れる事ができません。

デメリット②掃除がしにくい

焚火をした後に、気になるのが灰だと思います。この灰が意外に隅々まで広がり、火床の両サイドの狭いところがよく汚れてしまうのですが、ここがとても掃除しにくく、歯ブラシなどを使用して狭いところを掃除しなくてはいけないので少し面倒くさいです。汚れなどあまり気にしない人はそこまでのデメリットとは言えないので安心してください。

デメリット③付属のロストルの脆弱さ

付属のロストルは焚火を何度も使用していると歪んでしまいます。歪むと本体を収納する時に若干浮きがでてしまう可能性があり本来の持ち味が失われてしまいます。この対策としては後ほど紹介するオプション品、ハードロストルでその問題も解消します。

B-6君のオプションもレビュー

ここからはB-6君のオプションを紹介します。B-6君の標準パーツは五徳とロストルしか入っていないので外でのソロ焼き肉などは別途網や鉄板を買いそろえる必要があります。

そこで笑sがB-6君専用のオプションを出しており、このオプション品は本体に収納する事が可能なので標準パーツと同等レベルのコンパクトさが実現できます。

B-6君で焼き肉や焼き鳥するならグリルプレート

B6君には二種類のグリルプレートがあり、黒皮鉄板という材質でできたグリルプレートとステンレスでできたスレンレスメッシュグリルです。グリルプレート、メッシュグリル両方とも本体の上に乗せるだけという簡単な設置方法で缶詰の温めや焼き肉など焼き物を楽しむ事ができます。

二つのプレートのメリット・デメリットは以下のようなものが挙げられます。

・グリルプレートは使用前後のシーズニングが必要ですが鉄板を使用しているので丈夫です。

・メッシュグリルはステンレス製なのでお手入れが簡単ですが使用後は多少歪む恐れがあります。

個人的にはグリルプレートの方が使いやすいです。

ハードロストルが使いやすい

先ほどもお話しさせていただきましたが付属のロストルは使用していると歪んでしまう可能性があるのでそれを回避したい方にはハードロストルがオススメです。ハードロストルは先ほどのグリルプレートと同じ黒皮鉄板を使用しているので火に強く、何度使っても歪む事がありませんので安心して使用できます。

注意すべき点は水などでロストルを洗ってしまうと錆びる可能性があるという事です。

燗グリル

アウトドアで日本酒を飲みながら優雅な時間を過ごしたい方にはオススメのオプションです。

野かんろというのは日本酒を燗にしながら横では肴を炙ったり焼いたりするという日本古来からあるお酒の嗜み方で燗グリルはそれを実現可能にしてくれます。

専用のメッシュグリルは本体に収納できますが水を張るためのカップや日本酒を入れるための酒たんぽなど荷物が少し増えます。

テンマクの男前グリルプレートがB-6君にピッタリ!

B-6君のオプションではないですが、テントマークの男前グリルプレートがB-6君のサイズ感にピッタリです。

キャプテンスタッグのスマートグリルかまどB6型
【レビュー】キャプテンスタッグのスマートグリルかまどB6型を使ってみた!ゆるキャン△で主人公の志摩リンちゃんが使っていたミニサイズの焚き火台がほしいと思っていたのですが、いろいろ調べた結果…。ミニサイズの焚き...

笑’s コンパクト焚き火グリル「B-6君」レビューのまとめ

焚き火を囲ってワイワイと楽しむとまではいきませんが十分に焚き火台としての能力を発揮してくれるB-6君。炭をおこして炭火焼き肉を楽しむもよしアルコールストーブの五徳変わりに使ってもよし、ソロ鉄板でステーキを焼いてもよし、使い方は無限大です。B-6君の購入を悩んでる方の参考になれば幸いです。

ファイヤーボックスG2とブッシュボックスXLの違いを比較!【ステンレス】ファイヤーボックスG2とブッシュボックスXLの2つは、サイズがよく似ていることから、どちらを購入しようか迷う人が多い焚き火台です。しかし...
ABOUT ME
6MAY
6MAY
ソロキャンプをベースにゆっくりまったりアウトドアライフを楽しんでいます! アウトドア歴は経歴が浅いですがキャンプインストラクターの資格保持してます。 移動手段も原付なのでUL(ウルトラライト)志向でより軽量にコンパクトをモットーにギアを集めてます!
こんな記事もおすすめ